ハタラクティブ

既卒ニートはハタラクティブ登録!リクナビNEXTより優先して使うべき理由3つ解説

The following two tabs change content below.
さちこ

さちこ

管理人のさちこです。28の時に給料ダウン&ブラック体質な職場に失敗転職。それから四苦八苦の上再度転職して、現在は役員秘書をさせていただいております。

リクナビNEXTは鉄板だからここだけ登録しておけば既卒ニートでも就職活動できる!と思っていませんか?

新卒で就職に失敗して新卒ニート、就職したものの合わなくて1年未満でやめてしまった第二新卒、正社員になりたい気持ちはあるのに、どうしたらいいんだろうと焦ってまずリクナビNEXTで就活しよう!という考えはちょっと甘いです。

なぜならもっと確実なサービスがあるからです。

現在役員秘書で採用にも携わるわたしが、新卒ニートと言われる既卒の方や、第二新卒の方が就活で人生を取り戻す方法をお伝えします。

ハタラクティブの評判、サービス詳細は「ハタラクティブ悪評多い?未経験フリーターの女でも正社員に?ブラック案件など転職サービスを徹底検証」でご確認ください。

間違いやすいリクルートエージェントとリクナビNEXTについては「使いわけ解説 リクルートエージェントとリクナビNEXTの違い」でご説明しています。

リクナビNEXTよりハタラクティブをメイン利用すべき理由

新卒で就職に失敗した人や、仕事が合わなくてやめてしまった第二新卒の方は、ハタラクティブをメインにしてください。

リクナビNEXTは日本最大級の転職サイトであり、人のサポートはついていません。

そして利用者がめちゃくちゃ多いため、スキルや経験で弱い既卒・第二新卒の方は相対的に選ばれにくいんです。

情報収集には役立つのですが、正社員になるためにはもっと確実な転職エージェントサービスを使ってください。

リクナビNEXTよりハタラクティブをおすすめする理由を3つお伝えします。

理由1.ハタラクティブは20代既卒第二新卒に特化しているから

リクナビNEXT 全年齢対象
ハタラクティブ 若年層の転職に特化
10代から29才が9割

リクナビNEXTは、簡単にいうと仕事を探している人は誰でも使えます。

対してハタラクティブは20代を中心とした若年層の転職サポートに特化しています。

サービス対象者をしぼると、よりぴったりのサービスができるんです。

例えば、

  • A上場企業に就職して28才で転職をしようとしている人
  • B新卒での就職に失敗し働いた経験のない25才

がいたとします。

ハタラクティブは新卒での就職に失敗し働いた経験のない25才を対象としたサービスなんです。

つまりハタラクティブは経歴やスキルに自信がない未経験の20代の転職に詳しい転職サービスということ。

たいしてリクナビNEXTにはAのような人もひしめきあっています。

ハタラクティブは転職相談だけで利用してもいいの?賢く利用する方法を徹底解説迷ってる段階でハタラクティブに行ってもいいのかな、と迷いませんか? まだ転職するかどうかまでは決めてきれない 今の私でど...

理由2.ハタラクティブでは転職活動をサポートしてもらえるから

リクナビNEXTとハタラクティブでは、同じ転職サービスといっても大きな違いがあります。

リクナビNEXT 日本最大級の求人データベース
ハタラクティブ 1対1のオーダーメイドサービス

リクナビNEXTは極端にいうと日本中の求人情報が探せるデータベースなんです。

ハタラクティブは就活アドバイザーが一人一人の希望や条件、不安を聞き取って就職・転職をサポートしてくれる、いわばオーダーメイドサービス。

相談しながら、書類添削してもらったり面接対策してもらったりと就職に必要な支援をしっかりとしてもらえるから、ハタラクティブがおすすめんです。

理由3.ハタラクティブは対応エリアが広いの20代専門サービスだから

ハタラクティブ以外にも20代の社会経験の浅い人向けの転職支援サービスは他にもあります。

その中でもハタラクティブがおすすめな理由は、対応エリアが広いから。

ハタラクティブ 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、愛知(名古屋)、福岡
就職shop 東京、埼玉、千葉、横浜、関西エリア
マイナビジョブ20 東京、大阪、名古屋
ウズキャリ 東京、大阪

北海道や東北は対象外ですが、福岡や名古屋のある東海圏をカバーしているハタラクティブは、20代既卒第二新卒の人の多くの人が利用しやすいはずです。

多くのエリアの求人を取り扱うことができる、というのも企業の規模や信頼感をはかる指標とも言えます。

リクナビNEXTよりこっち!ハタラクティブと合わせて使うべきサービス

転職サービスは複数合わせづかいするのが最近の王道ですよね。

だからといってリクナビとハタラクティブだけの組み合わせはもったいないです。

ハタラクティブと同じ未経験や20代に強くて、書類添削や面談サポートをしてくれる転職エージェントと組み合わせてください。

首都圏で就職したいなら

首都圏(東京・神奈川・千葉・さいたま)で働きたいなら

が20代既卒・第二新卒にはおすすめです。

それぞれ特徴があるので、ハタラクティブとうまく組み合わせて使ってくださいね。

関西エリアで就職したいなら就職shop

関西エリアで仕事を探しているなら「就職shop」がおすすめです。

就職shopはリクナビNEXTと同じリクルート系列のサービス。

そして就職shopか関西エリアに大阪、京都、神戸と3店舗あるんです。

ハタラクティブは大阪に1店舗のみなので、就職shopと一緒に使うと求人の質やサポート体制をしっかり比較することができます。

就職shopに悪評が多い理由を検証 リクルートの運営だから試す価値アリ就職ショップって仕事をお店で売ってるのか?就職shopという名前に気を引かれませんか? しかも就職shopフリーターや正社員になっ...

名古屋エリアで就職したいなら

名古屋エリアで仕事を探しているなら組み合わせるべきは以下3つ。

この中から最低1つはハタラクティブと一緒に利用してみてください。

実は東海エリアは20代に特化した転職エージェントの拠点が少ないんです。

福岡エリアで就職したいなら

福岡エリアで仕事を探しているなら

がおすすめです。

福岡エリアはリクルートエージェントやdoda、パソナキャリアなど大手転職エージェントもオフィスを構えています。

ですが20代既卒・第二新卒向けにサービスを展開しているのはハタラクティブとDYM就職だけ。

ワークポートは総合転職エージェントなんですけど、中でも未経験・若手の就職支援を得意としています。

だから既卒・第二新卒にもおすすめできる唯一組み合わせられる総合転職エージェントなんです。

ワークポート評判悪ッ この転職エージェントを使うコツと利用すべき人はこんな人!ワークポートなんて聞いたことないわ。 という人が多いんじゃないでしょうか。 しかも評判はあんまりよくない…? わたしも...

まとめ 20代既卒フリーター・ニート、第二新卒はハタラクティブを軸にして

リクナビNEXTよりハタラクティブをメインにするべき理由をまとめます。

  • 20代スキル・経験に自信がない人向けだから
  • 1対1のオーダーメイドサポートだから
  • 対応エリアが広く、求人取扱量が多いから

ハタラクティブとあわせて使うべきエリア別転職エージェントは

  • 首都圏なら就職shop、マイナビジョブ20、ウズキャリ
  • 名古屋エリアならDYM就職、マイナビジョブ20
  • 大阪・関西エリアなら就職shop
  • 福岡エリアならワークポート

です。

ABOUT ME
さちこ
さちこ
管理人のさちこです。28の時に給料ダウン&ブラック体質な職場に失敗転職。それから四苦八苦の上再度転職して、現在は役員秘書をさせていただいております。