ビズリーチ

ビズリーチとキャリトレの違い知ってる?選び方間違えると悲劇だから使い分けを説明します

The following two tabs change content below.
さちこ

さちこ

管理人のさちこです。28の時に給料ダウン&ブラック体質な職場に失敗転職。それから四苦八苦の上再度転職して、現在は役員秘書をさせていただいております。

ビズリーチとキャリトレの違いご存知ですか?

ビズリーチもキャリトレもCMよくみるし、なんか良さそうだから使ってみたいという時のために違いをまとめました。

実は2つは全然違うサービスなんです。

役員秘書の私が業務報告レベルでまとめましたので、どっちを使うかの判断資料としてお目通しくださいね。

転職は情報戦。

なんとなくで転職活動をしていると

  • 残業まみれの会社
  • 育休どころか有給も取りづらい
  • 想定より給料が少ない

という希望とは程遠い会社に転職してしまうハメになりかねません。

20代後半から30代前半の女ってライフスタイルがガラッと変わることもある読みきれない年齢。

だからこそ複数の転職サービスを利用し、たくさんの選択肢から自分にあったサービスを選ぶことが大切なんです。

女性が利用するべき転職エージェント 口コミふくめて評判のいいとこ徹底解説

ビズリーチとキャリトレのサービス概要を比較

最初にハッキリ書いておきますが、ビズリーチとキャリトレは使うべき人が明確に違います。

ビズリーチもキャリトレも同じ「株式会社ビズリーチ」が運営しているサービスですので本社所在地も一緒。

ビズリーチとキャリトレのサービス概要を比較表にしてみました。

ビズリーチ キャリトレ
事業名 転職情報サービス 転職情報サービス
公式HP https://www.bizreach.jp/ https://www.careertrek.com/
利用料 1部有料サービスあり 完全無料
対象者 即戦力となる年収600万以上の人 20代の転職

どちらも転職サポートサービスはありません。

注意 ビズリーチとキャリトレは登録も別々

運営会社は同じビズリーチですが「ビズリーチ」と「キャリトレ」は登録経路も違います。

キャリトレに登録しているけど、キャリアが優れているからビズリーチを利用している企業からスカウトやヘッドハントがこないかな?とふと思うことがある20代の方。

ビズリーチに登録した20代で、キャリトレのほうが合った求人があるからスカウトがこないかな?と思う人。

無理なんです。

同じ会社だから住所や名前、職歴など引き継いでサービスしてくれないかな?と思いますよね。

別々のサービスなので、もしビズリーチに登録したかったのにキャリトレに登録しちゃった…という場合は別のサービスなので登録しなおしということになります。

ビズリーチとキャリトレのサービス対象者の違い

ビズリーチとキャリトレは、コンセプトが違います。

つまりどんな転職を得意とするか、サービスの対象者がまったく違うんです。

ビズリーチ キャリトレ
年齢 年齢制限なし 20代(ただし既卒は対象外)
重視されるもの 即戦力となるスキル・経験 可能性
ヘッドハンター・スカウト機能 あり(ただし1部有料) あり 無料で利用可

ビズリーチは給料アップをねらうキャリアに自信のある人むけ

ビズリーチは年齢制限はありませんが、取扱求人が年収1000万レベルのものが多いため、必然的に利用する年齢層が高めです。

  • 管理職(マネージャー以上)
  • 企業の役員クラス
  • 事業の責任者
  • 経理や人事関連業務の実務経験が長い
  • 会計関連資格があり企業の財務に関わる仕事をしている

こういった人向けです。

女性でいえば、マネージャーまではいけたけど今の会社ではこれ以上仕事を任されそうにない、といったキャリアの天井を感じる人におすすめです。

十分なキャリア・実績がある人が、どのスキルで最高の年収を手に入れるために用意された転職サイトがビズリーチなんです。

キャリアカウンセリング・貴女のための転職サポートが必要ならJACリクルートメントがおすすめ。

JACリクルートメントのサービスを徹底検証 女が使うなら知っておきたい評判とデメリット

キャリトレは新卒入社した会社がハズレだった人むけ

キャリトレはサイトに明記されているとおり20代向けの転職サイトです。

  • 新卒で入った会社が合わなくて辞めざるを得なかった
  • 新卒で3年頑張って働いたけど20代のうちにキャリアがつめる会社に転職したい
  • 20代のうちに別の業種にも挑戦してみたい

という人向け。

20代という可能性で採用されることが前提のため、未経験OKなど求められる条件もゆるめなのが特徴です。

30才すぎたら使えない…という訳ではありませんが、キャリトレより他の転職サイトがいいでしょう。

20代でキャリアに自信がないなら、大手リクルートの若手専門の転職エージェント就職shopです。

就職shopに悪評が多い理由を検証 リクルートの運営だから試す価値アリ

ビズリーチとキャリトレ 求人の紹介方法の違い

ビズリーチもキャリトレも、転職相談サービスはありません。

どちらも求人情報がみられる転職サイトで、スカウトが強みのサービスです。

ビズリーチ キャリトレ
登録した職務経歴書を元にスカウトが集まる 掲載されている求人に「興味がある」ボタンでサイトが貴女の志向を学習

ビズリーチは優良求人一本釣り方式

ビズリーチはハイクラス向け求人が多く、収入アップを狙って登録する人がメイン。

だからいかにいいスカウトをもらうか、優秀なヘッドハンターに見つけてもらうか、がキーポイントになるのがビズリーチです。

職務経歴書を充実され、希望に合致する求人をピンポイントで釣り上げるようなイメージです。

自分だけで転職活動する方法は「転職エージェントを使わない 自力で成功させる転職活動の全手順と絶対はずせないポイント」で説明しています。

人のアドバイスも受け入れてベストな求人を探したいならJACリクルートメントを利用してくださいね。

 JACリクルートメントのサービスを徹底検証 女が使うなら知っておきたい評判とデメリット

キャリトレは有料求人宝探し方式

キャリトレは、社会人経験が浅い人向けの転職サイトなので、いきなりいいスカウトがくることは期待薄です。

キャリトレの求人からスカウトをもらう、希望条件の求人を増やすには「興味がある」ボタンの活用です。

  • 気になる求人には「興味がある」ボタン
  • ありえない求人は「非表示」ボタン

ポチポチしていくことで、サイトが貴女の転職志向を学習します。

ボタンを押すほどに貴女の希望求人が表示されやすくなり、スカウトも受けやすくなるという人工知能が搭載されているのが最大の特徴。

ぴったり合う求人は宝探し感覚なのがキャリトレです。

今までの職歴に自信なんてないのに1人で宝探しなんて…という人は就職shopがおすすめ。

大手リクルートが運営する就職shopなら安心して転職活動を進められますよ!

詳しくは「就職shopに悪評が多い理由を検証 リクルートの運営だから試す価値アリ」で。

ビズリーチとキャリトレの使い勝手

転職活動は手間がかかるほど、あきらめに繋がります。だから利用するサイトの使い勝手もチェックしてみました。

ビズリーチ キャリトレ
アプリ
使いやすい媒体 どっちかというとPC・タブレット スマホ

まとめ ビズリーチとキャリトレを間違えると就職は遠回り

ビズリーチとキャリトレはまったく違う特徴を持つサービスです。

再度主要な相違点についてまとめます

ビズリーチ キャリトレ
事業名 転職情報サービス 転職情報サービス
公式HP https://www.bizreach.jp/ https://www.careertrek.com/
利用料 1部有料サービスあり 完全無料
対象者 即戦力となる年収600万以上の人 20代の転職
求人の特徴 一本釣り 宝探し
  • ビズリーチはキャリアに自信のある人が給料アップを狙って使うべき
  • キャリトレは20代で今いる会社に不満、今いる会社より将来性のある企業に行きたい人

ビズリーチとキャリトレは登録するほうを間違えると、転職成功に遠回りになります。

貴女に適したほはどちらだったでしょうか。

まずは貴女自身がどういう転職で、どういうライフスタイルで生きていきたいのか、ノートに書いてみてください。

自分軸をしっかりさせて、安心して働ける企業を探してくださいね!応援しています。

やっぱりプロにキャリアカウンセリングしてもらい、適切なサポートをしてほしいというのももっとも。

確実に転職先を探すなら、転職エージェントを利用してくださいね。

女性が利用するべき転職エージェント 口コミふくめて評判のいいとこ徹底解説

ABOUT ME
さちこ
さちこ
管理人のさちこです。28の時に給料ダウン&ブラック体質な職場に失敗転職。それから四苦八苦の上再度転職して、現在は役員秘書をさせていただいております。