転職活動のやり方

転職エージェントを使わない 自力で成功させる転職活動の全手順と絶対はずせないポイント

The following two tabs change content below.
さちこ

さちこ

管理人です。20代で転職失敗、再転職で人並みの生活に。実体験と秘書経験を元にした企業の裏からの転職アドバイスが得意です。

転職エージェントなんて使わずに転職したい、転職エージェントを使わなくても転職に成功する方法ってないの?とお考えですか?

転職エージェントにごちゃごちゃ言われずに転職活動したいんだよ!という気持ち、わかります。

ネット上に転職エージェントのおすすめが多すぎて、逆に疑わしく思っちゃうんですよね。

転職エージェントを使わなくても転職を成功させることは可能です。ただ転職エージェントを使わないなら絶対はずせないポイントはあります。

この記事では、転職エージェントをつかわずに自力で転職を成功させるポイントをご説明します。

転職案件は早い者勝ち

登録して求人を眺めるだけでずっと求人を掲載しているブラック企業を知ることもできます。

転職サイト登録は理想への第一歩です。

転職のテッパン
リクナビNEXT

面接確約企業が表示される
MIIDAS

わたしらしい働き方検索ができる
とらばーゆ

転職エージェントを使わないメリット

転職エージェントは人材を欲しがっている企業から手数料をもらうことで成り立っています。

人手不足の会社が転職エージェントに採用の依頼をしているんです。

だから転職希望者は無料で使えるんですが、その分希望していない企業を紹介されしまったり連絡がしつこすぎたり、勝手に応募されたり、ということが起こるんですよね。

転職エージェントを使いたくない、と思ってる貴女はこういった転職エージェントのデメリット情報を聞いたことがあるんではないですか?

転職エージェントを使わなければ、転職エージェントの顔色を伺う必要はなくなりますからね

ただでさえ精神的にも忙しい転職活動、

転職エージェントと面談するのに何着て行こうとか、この転職エージェントはあたりかな?はずれかも…と悩むのって時間がもったいないですからね。

転職エージェントを使わないメリット
  • 転職エージェントとの関係で悩まなくてもいい
  • 転職エージェントからのゴリ押しに悩まなくてもいい

転職エージェントを使わないで転職するべき人

転職エージェントの利用にも向き不向きがあります。

そもそも転職エージェントを使わないほうがいい人や、一度は転職エージェントに登録した人でもう転職エージェントを利用しない方がいい人。

転職エージェントを使わないで転職活動をしたほうがいい人について説明します。

登録したのに転職エージェントに断られた人

転職エージェントに登録しても、その後連絡でキャリア面談はできない、紹介できる案件はない、と断られてしまう人がいます。

面談はできたものの、その後の求人紹介はしてもらえなかった、というケースもわりとよくある

登録した転職エージェントが得意とする業界でなかったり、年齢的な問題など、断られる理由は様々ありますが、断られたということにひどくショックを受けた人は転職エージェントを使わない方がいいでしょう。

とくに今の仕事でストレスを抱えているにも関わらず転職エージェントとのやりとりで出鼻をくじかれてしまったような場合は、精神的な影響からも転職エージェントはメインで利用しないほうがいいですね。

転職エージェントの連絡がうっとおしいと思う人

性格にもよりますが、人からあれこれ言われることがイヤなタイプも転職エージェントは避けた方がいいです。

転職エージェントは希望からすこしそれた求人案件も普通に提案してきます。

あなたの選択肢や可能性を広げるという意味で少し違う案件を紹介されるのですが、それを自分の人生計画に口出しされたように感じるタイプです。

  • 断りづらいのに、口出しされることを重荷に感じる
  • 上から目線でアドバイスばかりされたくない

こんな人が転職エージェントを利用するなら、メインで使うのではなくサブ的に利用しましょう。

サブ利用に適している転職エージェントはリクルートエージェント

対応はさっぱりめで、情報だけはたくさんゲットできます。

転職エージェントを使わないで転職する方法

転職エージェントを使わないで転職活動をする場合、きちんと順序立てて行動しないとダラダラとスマホで求人を見続けるだけになってしまいます。

時間だけが無駄になり、転職しようと思ってるだけの人になりかねません。

全体像をまず把握しておきましょうね。

自力で転職する場合の転職活動の流れはこんな感じです。

  1. 転職計画をたてる
  2. 転職活動開始、応募
  3. 面接から内定まで
  4. 内定ゲット、退職計画

転職計画をたてる

仕事がイヤすぎたりストレスが溜まっていると、その時の気持ちの勢いだけで転職活動をはじめがち。

まずは転職計画をたててください。

計画ってなにをすればいいの…というと具体的には以下のことを決めて手帳に書いてみてください。

  1. 転職したい時期、いつまでに転職するか
  2. どんな仕事・業種に転職したいのか
  3. 転職をする、しないの決定条件
  4. 退職に必要な期間はどのくらいか

1から順番に、つまりゴールから逆算してスケジュールをたててください。

転職活動は短くて3ヶ月かかります。

いつから活動しはじめればいいか、そしてどんな状況になったら転職しない決断をするのか、最初にはっきりさせておきましょう。

転職活動開始、応募

スケジュールが決まったら転職活動開始です。

まずは転職サイトに登録、そして応募という流れからスタートを切りましょう。

転職サイトに登録する

転職サイトは登録すると、希望条件を登録しておくことができます。

求人がでたらメール通知される設定もあるので、賢く利用してください。

スカウト機能もあり、登録している転職エージェントの非公開求人もみられるリクナビNEXTがベスト。

面接確約、年収の目安もすぐわかる、のがメリットのMIIDSもおすすめです。

診断して働いてみたい企業・年収が表示されてから登録できるので、登録してから希望案件が少なかった…とガッカリするリスクを減らせます。

勤務条件いこだわって仕事を探したいならとらばーゆもチェックです。

他の業種や仕事内容から検索する転職サイトと違って、「こだわり検索」があるから理想のワークスタイルを探せます。

志望動機、職務経歴書をねる

転職エージェントを使わないで転職活動をする時にまずねるのは志望動機と職務経歴。

転職サイトは、貴女の志望動機や職務経歴からスカウトしたり面接するかを決めたりします。

つまり志望動機、職務経歴、自己PRは転職エージェントを使わない転職活動の第一関門。

転職エージェントが口出ししないので、じっくり自分で考えてあとから修正することもできます。

とはいえ志望動機や自分の長所、自己PRって何を書いていいのか迷いますよね。

とらばーゆのガス抜きしながら自己P好きなこと言って自己Pを使ってみてください。

仕事の愚痴や不満のガス抜きや、趣味やマイブームに答えるだけで志望動機や面接にそのまま使える自己PR文ができてしまうんです!

やりかたは無料だし本当にカンタン。

質問項目に正直に答えていくだけです。

出来上がった文章をそのまま使ってもいいし、ちょっと自分なりにアレンジして使いまわすこともできます。

転職エージェントをつかわないなら、転職サイトの無料ツールはかしこく使っていきましょう!

仕事の不満を吐き出すだけ!ガス抜きにもなるよ
ガス抜きしながら自己P

趣味やマイブームを答えるだけ
好きなこと言って自己P

適職を見つけるため!圧倒的じぶんの長所、短所を知って1分でアピールする診断5つわたしは人よりこんなところが優れてます。 なんて堂々と言えたら苦労しないですよね。ひねくれたりしません。 わたしは、むしろわ...

転職サイトからどんどん応募してみる

志望動機や自己PRがある程度できたら、興味のある求人にどんどん応募を開始してください。

転職サイトからの応募だと、企業から返事がないこともしばしば。

応募段階では広く浅く応募してみて、転職市場の感覚をつかんでください。

企業からの返信やスカウト状況をみながら志望動機や自己PRの書き直し、志望業界や働く条件の見直しを重ね、少しずつ理想の働き方に近づいていくイメージです。

お断りにいちいち傷つかないこと!次

面接へいく!そして内定をえる

面接までこぎつけた企業があったら積極的に面接いきましょう!

面接って緊張しますし、本命の企業の面接ほど気負ってしまいますよね。

だからちょっとイマイチかなあと思う企業でも面接してみて場数を踏んでください。

人と会うの苦手、断りづらくなったらイヤだな…と思うのも無理はありません。

でも面接ってコミュニケーション能力が身につきます。

コミュニケーション能力が高くなって困ること、ありますか?

内定や貴女自身のスキルのために、面接は積極的にいきましょう!

自分でできる面接対策

具体的な自分でできる面接対策は

  • 履歴書(職務経歴や自己PR)について話せるようにしておく
  • 志望動機についてあらかじめ頭に入れておく
  • 絶対質問することを1つ用意しておく

つまり話す内容を覚えておくっていうことです。

これだけでだいぶ楽に話をすることができるようになります。

1つ質問することを用意していくのがコミュニケーションUPのポイント。

質問ありませんか?って聞かれた時に「いえ、ないです」って答えて早くこの面接部屋から出たい…っていう気持ちになりませんか?わたしはなりました。

でもそこをちょっと頑張って、自分から一歩踏み込んで質問をしてみると「できた!」と思えます。

自分頑張ったなーって思えて自己肯定感が高まります。

転職活動って気が滅入ることが多く、自己否定してしまいがち。

悪いループにならないように「ちょっと1つ質問」してみてくださいね。

質問例
  • 事務職の評価制度はどうなっていますか?
  • 御社の人事評定の基準を教えてください
  • 推奨している資格はありますか?
  • オフィスをみせていただけますか?
オフィスみせていただけますか?は難易度高いですが超ポイント高いです。実際に働いているオフィスの空気感からわかるヤバさ、心地よさは人事部では隠しきれませんからね

内定をえるための面接ファッション

面接ファッション、やめたほうがいいのが新卒リクルートスタイル。

シャツに紺スーツ、一本縛りの髪に真っ黒い四角いカバン…というスタイルはNG。

なぜなら新人じゃないから。

ちゃんと社会人経験ある人らしく、場に合わせたファッションができますよ、と面接ファッションでアピールしてくださいね。

  • スーツ(色はグレー、ブラック、ベージュ)
  • インナーにシャツを着ない
  • 髪はハーフアップかまとめ髪、ショートやボブならハネ厳禁

スーツの色味はパーソナルカラーを意識してみると悪目立ちしないで似合うベーシックカラーを知ることができます。

グレーといっても薄め、濃いめで印象がだいぶ違います。

またインナーはできるだけカットソーやブラウスにしてください。

リクルート感がでません。

髪型の絶対NGはなにもしてないダウンヘア。

ハーフアップなりゆる巻きして1つにまとめるなど何か手をいれましょう。

1つ結びでシュシュをつけるのは意外と生活感があふれるのでおすすめしません。

カンタンにお団子にしてくずしたほうがきちんと感もでます。

カンタンにお団子できるヘアアクセはコレットマルーフがおすすめ。高いですがカンタンにまとめ髪ができます。

内定をゲットしたら退職へ

内定がでたら勤務条件などをチェックして受諾、そして退職という流れで進みます。

「内定」だけで舞い上がらないでくださいね。

内定を承諾する前に確認すること

内定を承諾するまでは貴女に拒否権があります。

雇用関係にないので、言いたいことを言えるのもこの段階。

以下の内容は絶対確認してください。

  • 休暇制度、休みがきちんととれるか
  • 残業の実態
  • 給与の額、給与制度

内定の段階でこれを聞いてにごすような企業はハズレです。

働いて欲しい、と思われている内定の段階で気になることはしっかり聞いておいてください。

今の会社を退職する

聞くことは聞いた!安心!と思える職場だったら転職を決定しましょう。

入社する意思を先方に伝えたら、そのまま今の会社の上司のもとへ。

〇〇日をもって退職させていただきます、ときっぱり伝えてくださいね。

就業規則に定められている退職連絡期間は、守ったほうが印象がいい、くらいで捉えてください。

1ヶ月前に言ったほうが確かに望ましいし、迷惑もかけません。

ただ女性はいろいろなところに気遣いすぎてしまい退職できない、ということにもなりかねません。

退職する、というだけで今いる会社側は迷惑。引き継ぎをきっちり行うことだけ考え、引け目を感じないようにしてくださいね。

貴女に「辞めよう」と思わせた上司や会社が悪いんです。

転職エージェントを使わないで転職を成功させるコツ

転職エージェントを使わなくても理想の転職先を決めるには、ちょっとしたコツがあるんです。

  1. 転職後の理想の生活を明確にする
  2. 自分の強みを徹底的に洗い出す
  3. ①(理想)をもとに転職先をさがし、②(強み)をもとに応募書類を書く

1.転職後の理想の生活を明確にする

まず勢いだけで転職活動を始めてはだめ。

転職エージェントを使わないなら、しっかり自分の理想を把握しておく必要があります。

そうじゃないと良さそうな求人にフラフラとつられ、転職してみたら思ってもみない職場だった!なんてことになりかねません。

  • 給料が良かったから決めたけど、残業だらけだった
  • 有給がとりやすいという話だったが、土日は休めない勤務形態だった
  • 給料モデルはよかったが、転職時にしめされた給料に到達するのに10年はかかる

などプライベートを大切にしたくて転職したのに、まったくプライベートどころじゃない職場にいってしまった…!なんていう事態にはなりたくないですよね。

それを防ぐために、どういう職場に転職したいのか明確にしておいてください。

  • 給料はいくら必要なのか
  • 絶対に正社員じゃないとだめなのか
  • 休日は平日?土日?
  • 残業はあっても高給がいいのか
  • 残業なしでプライベートを充実させるなら給料はいくらか
  • スキルが詰める仕事がいいのか etc…

転職してどんな生活をしたいのか、はっきりさせておきましょう!転職エージェントを使わないなら、他人の意見に左右されることはありません。

自分でしっかり目的を定めてくださいね。

2.自分の強みを徹底的に洗い出す

理想の転職先へ転職するため、次にすることは「貴女自身の強みを徹底的に洗い出す」ということです。

貴女自身、貴女の本当の強みをわかっていますか?

転職エージェントを使わないならこそ、じっくり自分と向き合うことができます。

じっくりと自分の強みはなんなのか探ってみてください。

転職エージェントを使わない転職に外せない転職サイトのリクナビNEXTが提供しているグッドポイント診断はぜひやっておきましょう。

適職を見つけるため!圧倒的じぶんの長所、短所を知って1分でアピールする診断5つわたしは人よりこんなところが優れてます。 なんて堂々と言えたら苦労しないですよね。ひねくれたりしません。 わたしは、むしろわ...

理想をもとに転職先をさがし、強みをもとに応募書類を書く

どんな生活、ライフスタイルが自分らしいかから転職先を探してください。

そして貴女の強みをもとに応募書類を書いてください。

転職エージェントを利用していると、転職エージェント側から見て転職させやすい企業、転職先に好印象な応募書類となりがちです。

転職エージェントを利用しないで転職するメリットは、自分の軸をブラされないこと。

今できることから仕事を探すのではなく、本当の貴女でいられる職場環境はどんな条件か、貴女らしく働けるのはどんな環境なのか、そこから転職先を探してください。

そんな夢のような転職先ありませんよ、と水をさす転職エージェントがいないメリットです。

好きなように思いのまま理想を明確にし、転職先を探してください。

そして「貴女の強み」をあますことなく発揮して転職面接や書類先行を突破してくださいね。

複数の転職サイトに登録する

さて、転職エージェントを使わないなら、転職活動の主力になるのは転職サイト。

もちろん気になる企業のHPから直接求人に応募する方法もありますが、結局提携している転職サイトのリンクがはってあることがおおいんです。

だから転職サイトに登録しておいて損はなし。転職サイトの登録は無料だし、転職は情報戦。

登録マストな転職サイトまとめ

貴女の理想の転職を叶えるために、以下3つは必ず登録しましょう。

まず登録すべきは鉄板のリクナビNEXT

リクナビNEXT

次に硬い業種にも強いマイナビ

マイナビ転職

さらに女性ならではのとらばーゆ

とらばーゆ

とらばーゆは仕事の不満を言うだけで強みを生かした自己PR文を作れる診断や、趣味やマイブームを答えるだけで自己PRが作れる診断があって、履歴書書くのにとても役立ちます。

▶︎好きなこと言って自己P
▶︎ガス抜きしながら自己P

転職は情報戦!転職エージェントを使わず貴女のフィルターで情報を取捨選択してくださいね。

転職希望先の企業について徹底的に調べる

転職エージェントが転職を急かすのって、こちらのことを何も考えてくれてないようでうんざりですよね。

転職エージェントを使わないなら転職を急かされることはありませんが、転職先の情報収集も自分でしないといけません。

面接に進んだ段階で転職先企業が貴女の希望にあう社風なのか調べ始めましょう。

企業サイトで雰囲気をチェック

まずは転職希望の企業の公式HPです。

チェック項目は

  • サイトの第一印象は良い?(ポップ、まじめそう、など)
  • やたら「アットホーム」や「やる気を活かせる」など書いてませんか?
  • 企業理念や社長メッセージは共感できますか?
  • リンク切れや誤字はないか

やたらおしゃれで必要な情報にたどり着きづらいHPは見た目ばかりを重視する企業かもしれません。

また古くさいHPの場合も、時代錯誤な社風である可能性があります。

口コミサイトをチェック

企業名+口コミで検索すると、色々な書き込みがでてきます。

  • 企業名+ブラック
  • 企業名+年収

といったキーワードでざっくり検索してみましょう。

口コミサイトもおすすめです。登録が必須ですが、実際の転職者の書き込みを見ることができます。

生の転職事情が見れる!
vorkers

給与明細を残業を合わせて確認できるってすごい。
キャリコネ

転職エージェントを使わないなら自分の能力だけが頼り

ね。転職エージェントを使わなくても転職活動はうまくできます。

転職エージェントを使うのに抵抗があるの、当然です。

転職サイトなら自分のペースで転職活動が進められます。登録はスマホから簡単にでき、すぐに求人がみられます。

新しい生活のため、ここからすぐに転職サイトに登録してみてくださいね。

業界最大手!強み診断も無料でできる
リクナビNEXT

転職サイトだけで転職活動に限界を感じたら

自分のペースでできるからこそ、転職時期を逃してしまったりだらだらとずっと転職を迷いつづけてしまったり、というリスクもあります。

また転職サイトでは希望の求人がみつからなかったり…。

自分で転職活動をしてみて、限界を感じたら転職エージェントの利用を検討してみてはどうでしょうか。

最初から転職エージェントを利用するんじゃなくて、必要になってから使うということです。

  • 非公開求人を紹介してほしい
  • 転職書類の添削してほしい
  • 面接対策がほしい(一人では難しい)
  • 転職企業の内情をしっかり確認したい

というように転職エージェントに求めることが明確になってから転職エージェントを利用しても遅くはありません。

転職エージェントを絶対使わない!!ではなくて、必要に応じて利用する、が賢い選択。

転職エージェントを使ってみようかな…と思ったらまたこのサイトに戻ってきてくださいね。

女性が利用するべき転職エージェント 口コミふくめて評判のいいとこ徹底解説転職に失敗しないためには、複数の転職エージェントを利用するのが大事。 とはいうものの、たくさん登録すればいいってもんでもないし、個...
ABOUT ME
さちこ
さちこ
管理人です。20代で転職失敗、再転職で人並みの生活に。実体験と秘書経験を元にした企業の裏からの転職アドバイスが得意です。