doda

dodaにキャリアカウンセリングや個別相談会での面談を断られた人がやるべき転職対策3つ

The following two tabs change content below.
さちこ

さちこ

管理人です。20代で転職失敗、再転職で人並みの生活に。実体験と秘書経験を元にした企業の裏からの転職アドバイスが得意です。

意を決して転職活動をしようと思ってdodaに申し込んだのに、キャリアカウンセリングを断られてしまい面談してもらえなかった、個別相談会に行ったのに面談もカウンセリングもしてもらえなかった…と落ち込んでいる貴女に向けて書きました。

会って話してもいないのに「ご紹介できる案件はありません」とか言われると、結構ショックです。

見捨てられた?わたしに転職はもう無理なのかな…とそう感じるのも無理はありません。

実はdodaは登録者のレジュメを事前チェックして、紹介できる求人がないと、キャリアカウンセリングや個別面談をしてくれません。

そもそもが転職面談にハードルがある転職エージェントなんです。

大丈夫、dodaに断られてしまっても転職はできます。

  1. dodaに断られた理由を知る
  2. 対策1 別の転職エージェントに登録する
  3. 対策2 転職サイトを利用する
  4. 対策3 重要!転職をきめた気持ちを忘れないこと

ここであきらめたら、新しい環境は手に入りません。

大丈夫、貴女の転職きっと叶います。

今の転職市場は、

  • dodaに断られた
  • 連絡がない
  • 個別相談もキャリアカウンセリングもしてもらえない

なんてことを嘆いている時間がもったいない状況

次はリクルートエージェントに登録してみて。

取扱求人数は国内トップレベル
相談だけの利用OK

リクルートエージェントに相談に行く

dodaに断られたのは登録?キャリアカウンセリング?それぞれで断られた理由を知る

断られるって、ツラいですよね。

せっかく意を決して、転職エージェントを吟味してdodaにしたのに、転職活動の出鼻をくじかれたような気持ちになるの、よくわかります。

勇気をだして登録したのに断られてしまったら、余計落ち込んでしまうのも当然。

でも落ち込んでいても年をとるだけ。

次の手を打ちましょう。

dodaに断られるパターンは

  1. そもそもdodaの登録を断られた
  2. dodaでのキャリアカウンセリングを断られた
  3. dodaの個別相談会への参加を断られた

の3つ。

それぞれについて、断られた要因を説明しますね。

1.dodaに登録を断られた

dodaに登録を断られた、と思っていても、実は会員登録自体は断られていないことがあります。

dodaは会員登録すると、

  1. 転職情報サービス
  2. スカウトサービス
  3. エージェントサービス

と3つのサービスが利用できる仕組みになっています。

②は登録した貴女の条件次第ですし、③も貴女の経歴次第で断られます。

ですが、①転職情報サービスを断られるということはありません。

会員登録だけはできていていて、他のサービスを断られた!という内容になっていないか、もう一度確認してみてください。

転職情報(求人)が見られる状態になっていれば、dodaに会員登録はできています

だから自分で求人を見つけて応募するっていうことは可能。

ですがせっかくならキャリアカウンセリングして欲しいですよね。

キャリアカウンセリングを断られる理由についてお伝えします。

2.dodaでのキャリアカウンセリングを断られた

実は、そもそもdodaは紹介できる案件がないとキャリアカウンセリングそのものを受け付けてくれません。

希望者誰でもdodaのキャリアアドバイザーと面談できるというわけではないんです。

繰り返しますが、申し込めば誰でもOKというわけではありません。

転職相談だけしてほしい、という場合もお断りされます。

dodaのエージェントサービスで面談を利用できるのは

  • 転職の意思が固い
  • 希望者の経歴から紹介できる案件をdodaが持っている

という場合に限られるのです。

ですがdodaがどんな非公開案件を持っているかは、登録前にわからないですよね。

だから、dodaにキャリアカウンセリングや面談を断られたとしても「今はdodaにはわたしにあう案件がないんだな」という単なる情報として受け取ればOK。

あまり気に病まないで大丈夫です。

貴女自身を否定されたわけではないですし、貴女を無価値だと言っているわけでもないんです。

次に使う転職エージェントを間違わないために、dodaがキャリアカウンセリングを断る具体的なケースについてチェックしてみましょう。

dodaがキャリアカウンセリングを断るケース

ここに当てはまる場合、そもそもdodaは貴女にぴったりではなかったということです。

はっきり提示されているdodaのお断りケース

dodaが転職支援のためのカウンセリングを断るケースですが、

  • 転職する気がなく転職相談だけ希望した場合
  • 海外在住で日本に住所がない

上記2点については、面談はしません、とdodaのホームページに明記してあります。

上記2つに当てはまらないその他の理由については「総合的に判断してご紹介できる案件がなかった」と記載されています。

総合的に判断してご紹介できる案件がなかったって何!?ということについて、本当のところを説明します。

dodaが苦手な転職だったからお断りされたケース

dodaの特徴は

  • 転職関連のデータを大量にもっており
  • 業界大手のため求人案件が豊富

という2点を生かしたデータマッチングです。

dodaに断られたということは、

特に

  • 保有資格
  • 実務経験
  • 年齢
  • 希望業界や希望年収

など、貴女が登録した内容すべてをdodaがもっているデータに照らし合わせた結果、dodaではキャリアカウンセリングはできないと判断されたと言えます。

女性の口コミ
女性の口コミ

キャリアカウンセリングには行きましたが、開口一番その業界なら〇〇エージェントさんですねぇと言われてしまいました。

その後dodaに転職しませんか?と言われたので、採用目的の面談だったみたいです。

こんなこともあり、自社で採用したいと思える場合のキャリアカウンセリングもありえます。

dodaにキャリアカウンセリングを断られた真の理由を探る

dodaの強みはデータです。

dodaにキャリアカウンセリングを断られたということは、貴女が希望している今の転職条件は転職市場のデータに照らし合わせるとどこか無理がある可能性が高いです。

どこが厳しいのか、冷静に振り返ってみてください。

  • もっているスキルと希望年収の兼ね合い
  • もっているスキルと希望業界のズレ
  • 年齢と職務経歴
  • 働きたい地域

どこかに無理はありませんか?

また妥協できるとしたらどこでしょうか。

くよくよしていても時間の無駄です。

転職してどういう生活を手に入れたいかだけを考え、貴女の条件を整理してみてくださいね。

でも、そもそも転職市場でどのくらいの希望が通りそうなのか知りたいのに…と思いますよね。

そんな時に利用すべきなのがリクルートエージェント

相談のみOKだし取り扱い案件も国内トップレベルだから、客観的に妥協すべき点、生かすべきキャリアポイントを分析してくれます

取扱求人数は国内トップレベル
相談だけの利用OK

リクルートエージェントに相談に行く

3.dodaに個別相談会で面談を断られた

dodaは全国各地で個別相談会を開催しています。

dodaのエージェントサービスとして受けられる個別面談(キャリアカウンセリング)と違って、個別相談会は

  • 転職しようか迷っている
  • 何から始めていいかわからない
  • 新卒の時と転職、なにが違うの?

といった転職関連の気軽な相談ができるので、大人気のイベント。

もちろん無料です。

ですが個別相談会は事前予約制のため、転職できそうな経歴、職歴、実務経験のある人が優先的に対応されてしまう傾向があるんです。

dodaに個別相談会での面談すら断られてしまった…でも転職して新しい環境を手に入れるのをあきらめたくない、という貴女がすべき対策についてお伝えします。

dodaに断られた時の対策1.他の転職エージェントに登録する

転職エージェントや転職サービスはdodaだけではありません。

dodaに断られたら理由がわかったら、他の転職エージェント、転職サービスも試してみれば良いのです。

doda以外なら断られず面談できる可能性は十分アリ

dodaはデータが強みなゆえに、ちょっと規格からずれるとキャリアカウンセリングができない傾向にあります。

dodaでは

  • 個別のキャリアカウンセリングを断られた
  • キャリアカウンセリングはしてもらえたけど求人紹介は断られた

というケースは珍しくありません。

つまりdoda以外の転職エージェントで、転職相談からきめ細かく対応してくれる転職エージェントを選べば、個別面談やキャリアカウンセリング(キャリアの棚卸しや希望条件の掘り下げ)をしてくれる可能性があるんです。

dodaに転職支援を断られたら次に登録すべき転職エージェント

dodaに個別面談やキャリアカウンセリングを断られたら、次に登録すべき転職エージェントは2つです。

転職活動は複数の転職エージェントの利用がテッパンですよね。

でも一度に登録して比較できるのは、現実的に2社くらい。

比較するコツは、一気に複数登録しコンタクトの早い担当者、コンタクトの文章に違和感を感じない担当者、と早めに会うことです。

連絡をくれるタイミング、文面で1段階、会って話して2段階というチェックをかけて、貴女のことをわかってくれる転職エージェントを見つけましょう。

オススメNo.1.リクルートエージェント

最初に登録転職エージェントで、dodaとリクルートエージェントで迷った人は多いはず。

リクルートエージェントにまだ登録していないのなら、dodaに断られた今登録すべき。

相談OK、無理な転職は止めてくれる、ゴリ押しなし、と転職どうしようかな、と思っている人が使いやすいのがポイント。

取扱求人数は国内トップレベル
相談だけの利用OK

リクルートエージェントに相談に行く

丁寧なサポートが評判 パソナキャリア

人材派遣業で業績を伸ばしてきたパソナキャリアは、多様な働き方に理解があり転職希望者への対応も丁寧だと評判な転職エージェント。

全国対応で面談可能なオフィスも多く、dodaで転職を検討していた人が次に利用しやすい転職エージェントです。

また、リクルートエージェントは登録済みだけど満足していない、という人が次に利用するのにもオススメ。

カウンセリングが評判
女性の働き方に理解有

パソナキャリアに登録する

dodaに断られた時の対策2.転職サイトを利用する

キャリアカウンセリングに断られてしまって、ショック。

資格をとったり実務経験をつんだりしてスキルアップを重視したい場合は転職サイトを利用するのも賢い方法です。

転職サイトをフル活用して転職するステップ

実は転職サイトに登録しても非公開求人はみられます。

さらにスカウトサービスや、希望条件を登録しておけばメールがくるサービスを利用すれば忙しくても求人を見逃すことはありません。

転職のためのスキルアップのために転職サイトを利用し、どれくらい社会に通用するスキルが身についたかを確認してください。

  1. 転職サイトに登録する
  2. 希望条件を登録
  3. 職務経歴書、履歴書を書き込む

この3ステップで転職エージェントに頼らずに、転職できそうなスキルアップをすることができます。

職務経歴書や履歴書、保有スキルなどは掲載案件をじっくりみながら、徐々にしっかり書き込んでいきましょう

デメリットは、転職実現までにちょっと時間がかかるということ。

dodaに断られた人におすすめの転職サイト

転職サイトはキャリアカウンセリングや個別面談がないので、

  1. 取り扱い求人数
  2. スカウトサービス

の2点が重要です。

2つを満たすのが、リクナビNEXTです。

みんな登録してるだろうし、いつでも転職できる案件しか掲載されていないだろうから登録してない…ということはありませんか?

転職活動をすべきか迷ってるうちから使えるのがリクナビNEXT、国内のみならず外資企業、あらゆる業界をとりあつかっている知名度ナンバー1の転職サイトです。

転職サイトとしての機能も充実していて、

  • スカウト機能
  • 提携転職エージェント保有の求人もみられる
  • 希望求人のメール通知機能
  • 精度の高さが話題の適職診断「グッドポイント診断」

登録すると無料でこれだけ使えます。

dodaに登録やキャリアカウンセリングを断られたとしても、リクナビNEXTに登録はしておくことをおすすめします。

身だしなみレベルで登録必須。

ホットペッパービューティのIDで
登録できるからアカウント増えない

リクナビNEXT登録はこちら

対策3 dodaに断られてもめげないで 転職をきめた気持ちを忘れない

せっかく転職しようと思い立ったのにdodaにキャリアカウンセリングを断られてしまうとめげますよね。

せっかく決心して勇気をだして申し込んだのに…とがっかりするのも無理はありません。

逆に考えると、がっかりするということは、貴女の転職決意は揺らいでいないと言えませんか?

新しい人生、生き方、働き方をあきらめたくないからこそ、落ち込んだのではないでしょうか。

dodaに断られた今、気持ちをしっかり立て直してください。

あなたが転職をしたかった理由は、転職活動を仲介するdodaの一言であきらめられる程度のものではなかったはずです。

貴女が転職したい理由は?
  • 新しい環境でスキルアップしていきたい
  • 仕事とプライベートを充実させたい
  • このまま今の会社で年をとっていくのは嫌
どうせだめだ、やっぱりだめだ、転職なんできない、仕方がない…という考え方は貴女を苦しめるだけ

今の会社で我慢を続けていくしかないんだ、と自分に言い聞かせて我慢を続けて、病気になったりなんのスキルもえられず60才になったとしても、今の会社は貴女の人生になんの責任も持ちませんよ。

一度は変えようと思った人生、かえずに終わりますか?それとももう一歩、頑張ってふみだしますか?

どっちで再トライしますか?

絶対相談にのってくれるリクルートエージェントで再トライ!

丁寧にサポートしてもらえると評判パソナキャリアで再トライ!

ABOUT ME
さちこ
さちこ
管理人です。20代で転職失敗、再転職で人並みの生活に。実体験と秘書経験を元にした企業の裏からの転職アドバイスが得意です。