なりたい仕事に就く

未経験30代女だけど秘書へ転職したい 方法と手順を詳細レポート

The following two tabs change content below.
さちこ

さちこ

管理人のさちこです。28の時に給料ダウン&ブラック体質な職場に失敗転職。それから四苦八苦の上再度転職して、現在は役員秘書をさせていただいております。

未経験で30代だけど、秘書ってなれないかな、とあきらめかけていませんか?秘書は意外と未経験でもなれる仕事なんです。

大きな会社ほどサポート役を必要としてますからね。

ただ、秘書は派遣で、とか若い子がいい、など会社によって秘書に求める役割が違うんです。

そこが未経験から秘書になるポイント。

未経験でも秘書にはなれます。30代女性が秘書として転職する方法、まとめました。

転職して自分を変えてみようかな…と思った時が転職活動をはじめるベストタイミング。

その気持ち、運命の職場がみつかる合図かもしれません。

相性のいい転職エージェントを確保するためにも、複数登録して連絡の早かった転職エージェントから会うのが吉。

複数の転職エージェントの中から一番貴女と相性のいい転職エージェントと理想の職場探しをはじめてくださいね。

リクルートエージェントの評判は悪い?しつこい?ブラック?口コミを徹底チェック

パソナキャリアの評判は悪い?しつこい?ブラック?女の転職に強いってホント?口コミを徹底チェック

マイナビエージェントの評判は悪い?しつこい?ブラック?女の転職の口コミを徹底チェック

未経験の30代でも秘書を目指すルート

まず30代で秘書として転職するルートをご説明します。

未経験30代で秘書になる方法1 事務職として転職

まずはいきなり秘書として転職するのではなく、一般事務職として転職する方法。

転職した社内で秘書を目指す、というルートがあります。今の勤めている会社でも秘書になれる可能性があれば、転職する必要もないです。

秘書はとにかく上司との相性がものを言います。だから秘書を求めている役員や重役に気に入られ、秘書能力を認められればそのまま秘書になることは可能なのです。

デメリットとしては、秘書になるのに少し遠回りだということ。そして「秘書」という役職につけない場合、ただの雑用係と化してしまう可能性があります。仕事としてやりたいのに社内ボランティアみたいに扱われてはたまりません。

未経験30代で秘書になる方法2 スキルを身につけて秘書として転職

秘書としてアピールできるスキルを資格で証明し、秘書として転職する方法。

これだと秘書業務未経験でも確実に秘書として働くことができます。

デメリットは、社風、上司との相性が入社まで掴めないこと。転職面談でどれだけ自分にあう社風なのか、どういう人の秘書になるのか、という部分を突き詰められるかにかかってきます。

そのため多くの企業を転職先としてピックアップし、社風や勤務体制を確認した中から選ばないと、合わない職場に就職してしまうリスクがあります。

人間関係が主な仕事だからこそ、社風は長く勤められるかどうかに大きく影響します。

女30代、未経験から秘書に転職するためにやること

未経験30代で秘書になるために、準備をしましょう!今の仕事を続けながらでもできます。

秘書に必要なスキルを身につける

秘書は人間関係の仕事ですが、事務能力や調整能力が必要とされます。秘書は資格がなくてもなれる仕事ですが、貴女の能力を具体的に他人に証明するには資格が重要。未経験でも資格をとっているとやる気ありと判断してもらえるので、取れる資格はとっておくのが賢い方法。

以下のスキル、資格をとってみてください。

英語は必須

英語スキルは秘書に必須です。海外の取引先から重役がきたり、上司が海外へ出張する際の手配などで必要となります。

英語は必要としない秘書業務を募集している企業もありますが、昨今のグローバル化を見ると、重役の代理として業務をする秘書としてキャリアを積むなら英語は必須。

最低ラインとして転職時にTOEIC650から700は欲しいところです。外資系なら800は必要ですね。

秘書としての事務能力

秘書は重役の代理としてメールをしたり、スケジュール調整をしたり、資料をまとめたり、と縁の下の力持ち的な要素が多い仕事。

手際よく作業ができる証明として、エクセル、ワードは難なく使いこなせるようにしておきましょう。

  • MOS(マイクロソフトオフィスエキスパート)はマストでとっておいてください。
  • ビジネス文書検定(公益財団法人 実務技能検定協会)
  • ビジネス実務マナー検定(公益財団法人 実務技能検定協会)

秘書検定を受ける

秘書検定は一般事務でも役立つ内容です。一般事務をしているうちからとっておいても損はありません。

秘書の資格検定は2つ。外資系の秘書を視野に入れるなら国際秘書もトライしておいてくださいね。

  • 秘書検定(公益財団法人 実務技能検定協会)
  • 国際秘書(CBS)検定(一般社団法人日本秘書協会)

秘書関連の資格は、ビジネス全般に役立ちます。特に女性ならとっておいて絶対損はない資格です。もし秘書として転職しなかったとしても、どこのオフィスでも絶対役にたちます。

女性が今の仕事をしながら取得するには、秘書関連は最適な資格。

事務職は消えゆく仕事?転職?残留?生き残るためにキャリアアップする方法一般事務職正社員は消えゆく仕事 だって知っていましたか? 以下はBUSINESS INSIDER JAPANの記事。 ...

秘書ができますというアピールのためのキャリアの棚卸し

秘書は縁の下の力持ち業務。そして人間関係をうまくとりもつ能力が必要とされます。

こればかりは資格で証明するのが難しいんですよね。幸い女性ならサポートや人間関係はうまく取り繕うのが得意な人も多いです。履歴書や職務経歴書で貴女の能力をアピールするために、これまで行ってきた仕事や経験を洗い出しておきましょう。

  • 副班長、副代表
  • 部長の補佐をした
  • サークルの裏方作業(会計)
  • 飲み会の幹事
  • サブリーダー
  • ノートを人に貸して喜ばれた、議事録が得意

女30代、未経験から秘書に転職する2Step

さて準備が整ったら、いざ転職活動をはじめましょう。でもいきなり会社やめちゃダメですよ。今の仕事をやりながら、しっかり転職先を見定めてくださいね。

転職サイトで秘書の求人傾向をチェックする

まず秘書に転職する一歩めとして、転職サイト(リクナビNEXTなど)に登録し、秘書の求人をチェックしてみてください。

  • どんな会社が、
  • どのくらいの給料で
  • どのくらいの業務内容なのか

リクナビNEXTなら知名度も高く掲載されている案件も豊富なので、ざっと見るだけでも秘書求人の傾向が掴めます。

また、秘書資格やTOEICをとったなら、転職サイトの職務経歴の更新も忘れずにしてくださいね。

職歴を含めた・スキルで貴女の市場価値が決まります。

オファーやスカウト、マッチング機能から

  • 給料の相場がよりリアルに見える
  • 今持っている資格・スキルでどんな企業から必要とされているのかが具体的にわかる

といったことを判断していってください。

転職エージェントに秘書になる転職をサポートしてもらう

転職エージェントの利用は、転職成功のためには必須です。

成功のカギは転職エージェントを複数社利用すること

秘書という仕事は社風や上司との相性に働きやすさが左右されます。だからこそいい話は常に貴女のところに集まってくる状態を作って、たくさんの求人案件から吟味する必要があります。

ただやたらと求人を検討するのではなく、転職エージェントが貴女との面談を通して貴女に向いていると判断した企業をたくさん紹介してもらうことが大事。

秘書はどんな業種、業界にも必要な仕事です。

もし貴女が特定の業界知識に詳しいのなら、その業界に強い転職エージェントを利用するのも賢い選択。

例えばWeb・IT業界の知識があるなら、ちょっとマイナーですがワークポートに秘書を探しているWeb系企業を紹介してもらう、という感じです。

ワークポートの女の未経験転職の評判は?失敗しないために知っておくべき重要事項未経験への職種へ転職希望のあなた。ワークポートをご存知ですか? あまり聞いたことのない転職エージェントかもしれませんが、未経験への...

秘書に向いていることを転職エージェントに保証してもらう

転職エージェントを利用するメリットは、推薦状を描いてくれる転職エージェントがあること。貴女の職務経歴書に加え、転職エージェントがこの人おすすめです!って企業側に口添えしてくれるんです。

転職エージェントも仕事でやってますから、下手な人を企業に紹介することはできません。

信頼関係が築けた転職エージェントには推薦状をお願いしてください。

秘書の転職先を探すなら、まずはこの2つほど転職エージェントに登録してみるのがテッパンです。

秘書への転職は長期戦。

でも未経験で30過ぎても、気が利いてビジネスマナーがしっかりできればなれるんです。ぜひ今から頑張ってください!

 

ABOUT ME
さちこ
さちこ
管理人のさちこです。28の時に給料ダウン&ブラック体質な職場に失敗転職。それから四苦八苦の上再度転職して、現在は役員秘書をさせていただいております。