パソナキャリア

リクルートエージェントとパソナキャリアを比較!ベストな選択はどっち?

リクルートエージェントとパソナキャリア、どちらを利用すべきか知りたい、というギモンにお答えする記事です。

管理人
管理人
転職して人事部で働く当サイト管理人が、転職経験と人事部目線で比較しました。

当サイトは女性のキャリアを応援するサイトですが、男性もリクルートエージェントとパソナキャリアの使い分けの判断になるようにしているので、ぜひご一読ください。

女の転職(再就職やママの転職)を重点的にリクナビエージェントとパソナキャリアを徹底的に比較しているので、利用の判断にしてくださいね。

【人生かかってる】自分らしく生きられる仕事を見つける女の転職方法独身、もうすぐ結婚、スキルアップしたい、結婚しても働ける仕事、自分の時間を大切にできる仕事がしたい、女の働き方は多種多様。 最初に...

あなたはこっち!リクルートエージェントとパソナキャリアを使う人

管理人
管理人
最初に結論!
リクルートエージェントを使う人 パソナキャリアを使う人
  • 紹介案件の数を重視する人
  • 実績を重視する人
  • サポートの丁寧さを重視する人

数と実績のリクルートエージェント、サポート重視のパソナキャリア、という特徴があります。

管理人
管理人
リクルートエージェントとパソナキャリアの評価には裏付けがあります。
各社の実績
リクルートエージェント 転職実績No.1
厚生労働省「人材サービス総合サイト」における雇用実績
パソナキャリア 転職エージェント利用満足度ランキング1位
オリコン顧客満足度調査

厚生労働省「人材サービス総合サイト」では、人材紹介業をする業者の実績、過去に罰則をうけていないか、などが調べられます。

  • リクルートエージェントは公的機関で実績がある
  • パソナキャリアは民間の調査で満足度に定評がある

ということ。

客観的な転職の情報がほしいならリクルートエージェント

管理人
管理人
豊富な実績から、客観的な転職情報をもらうならリクルートエージェントです

例えば

  • 今のスキル、経験でどんな転職が可能なのか
  • 女で年収アップ転職は可能なのか
  • 転職したほうがいいかどうか
  • 女性で転職成功しているのはどんな経歴で、どんなキャリアプランを持っている人だったか知りたい
  • 客観的なアドバイスが欲しい

という人はリクルートエージェントがおすすめ。

リクルートエージェントは利用者も多いので、無理に転職をすすめません。

押しが強くなく、いい意味でドライな対応をしてくれるので、気軽に相談に行ってみたい人にリクルートエージェントはおすすめです。

自分にあった転職のアドバイスがほしいならパソナキャリア

管理人
管理人
親身になって相談にのってほしいならパソナキャリアです

オリコンの転職エージェント利用満足度ランキング1位のパソナキャリアは、利用者の気持ちに寄り添った対応力が魅力。

なので、

  • 自分の話をしっかり聞いて相談にのってほしい
  • 親身な対応をしてほしい
  • 転職エージェントに相談にいくのは緊張する…

という人にはパソナキャリアがおすすめ。

実績・客観性重視!→リクルートエージェント
優しさ重視!→パソナキャリア

既卒、第二新卒ならどっちを使うべき?

管理人
管理人
もしあなたが20代で正社員の経験がない既卒・第二新卒ならリクルートの専用サービスを使ってください。

正社員の経験がない20代の既卒・第二新卒なら、専用のサービスを使わないと就職は難しくなります。

20代既卒・第二新卒専門サイト
リクルートエージェント 就職shop
パソナキャリア とくになし

リクルートエージェントを運営している(株)リクルートは、20代既卒・第二新卒専門の就職shopというサービスを持っています。

正社員経験がない20代の人なら、(株)リクルートが運営している就職shopを利用してください。

就職shopは正社員事務職(実務未経験)の就職に強いのでおすすめ。

パソナキャリアは一般転職の転職サポートのみで、とくに分野に特化したサービスはないので、正社員経験がない20代の人は就職shopの方を利用してくださいね。

就職shopで既卒ニートでも事務職正社員は見つかる?オフィスワーク希望のニート女性必見事務職ってみんな狙ってるから倍率高いよ。でも就職shopは実務未経験でも正社員事務職を紹介してくれるらしいって本当?と思っていませんか?...

リクルートエージェントとパソナキャリア比較表

管理人
管理人
リクルートエージェントとパソナキャリアを詳細に比較していきます!

リクルートエージェントとパソナキャリアの基本情報についてまず一覧にして比較してみました。

リクルートエージェント パソナキャリア
運営会社 株式会社リクルート 株式会社パソナ
運営会社の資本金 6億4,335万円 50億
自社の転職サイト リクナビNEXT なし
公開求人数 38,690件 38,249件
非公開求人数 192,377件 全体の80%
(合計で常時40,000件)
転職実績 業界比率・年齢層・年収について公開

2015年度 約3万人
(女性の実績は非公開)

  • 女性利用者:36.8%
  • 年収アップ率:67.1%

他、取り扱い業界比率など公開

キャリア面談は土日対応? 土日面談可  土曜のみ(18時まで)
強い業界 幅広い
※外資案件アリ
  • IT・通信
  • メーカー(機械・電気・電子)
  • 医療・福祉
  • 営業
強い地域 幅広く全国 幅広く全国
提供してくれる企業情報 「AGENT Report(エージェントレポート」
リクルートエージェント独自に収集・分析したレポート
  • 業界内での優位性
  • 職場の雰囲気
  • 採用背景等
サポートの特徴
  • 応募書類の添削
  • 面談対策
  • 応募書類の添削
  • 丁寧さ
女性の転職特化サイトは? 特になし 女性の転職特集ページ
登録時の入力項目の多さ
  • 氏名生年月日など約18項目
  • 次へを3回で申込完了

※職務経歴書データアップロード可

※申込フォームの一時保存可

  • 氏名・生年月日など約13項目
  • 1ページ約3分で申込完了

※職務経歴書データアップロード可

公式HP https://www.r-agent.com/ https://www.pasonacareer.jp

※2018年12月時点 公式HPの表記に基づく比較表です。

求人で比較 リクルートエージェントとパソナキャリア

管理人
管理人
リクルートエージェントとパソナキャリアの求人を比較します!

比較項目は

  • 外資系案件
  • 求人数

の2点。

外資系案件比較 ◯リクルートエージェント ×パソナキャリア

外資系の案件があると、選択肢は広がります!

管理人
管理人
キャリア思考の女性は、外資系に行った方が公平に評価される傾向にあります。
外資系案件数
リクルートエージェント 公開求人 1,057件
非公開求人 13,325件
パソナキャリア 公開求人 848件
非公開求人 非公開

 

リクルートエージェントは外資系「も」強い

リクルートエージェントが紹介してくれる企業は、幅広さが特徴です。

リクルートエージェントの強みとしては外資系企業の求人案件も1400以上抱えてるということ。

英語スキルを生かしたい人、外資系でキャリアアップを狙いたい人はリクルートエージェントがおすすめです。

パソナキャリアの取り扱い求人は「平均的」

パソナキャリアの抱える紹介案件は国内企業が中心。

外資系も取り扱いはありますが数は1,000件未満。

どちらかというと国内案件の取り扱いの方が強いのがパソナキャリア です。

求人数対決 ◯リクルートエージェント ×パソナキャリア

管理人
管理人
転職は情報戦。求人数は多い方がベターです。
求人案件数
リクルートエージェント
公開求人 107,320 件
非公開求人 145,004 件
パソナキャリア 公開求人 31,339件
非公開求人 非公開

リクルートエージェントの求人数は圧倒的です。

リクルートエージェントの求人数はパソナキャリアの約3.4倍。

転職をするしないの判断に、どんな転職先があるかということは大きな判断材料になります。

管理人
管理人
相談だけしたい…という場合もリクルートエージェントなら、実態に近い情報がえられる確率が高いですね。

サポート内容でリクルートエージェントとパソナキャリアを比較

管理人
管理人
リクルートエージェントとパソナキャリアのサポート内容と利用者満足度比較しました。

リクルートエージェントとパソナキャリアの転職サポートの流れを比較

管理人
管理人
サポートの流れは2社とも大差ありません。
リクルートエージェント パソナキャリア
①サービスに申込 ①サービス申込
②求人情報の確認・サービスの連絡 ②キャリア面談
③アドバイザーと面談、転職相談 ③転職情報
④案件紹介・書類添削・面談対策 ④応募(企業への推薦)
⑤応募・選考 ⑤面接(企業側からのフィードバックあり)
⑥内定 ⑥内定
⑦アフターフォロー
退職・入社サポート
⑧アフターフォロー
給与交渉・退職交渉

親切で丁寧な転職サポート対決 ◯パソナキャリア

丁寧さ、親切なサポート力はパソナキャリアに軍配です。

管理人
管理人
オリコンの転職エージェント利用満足度調査で、パソナキャリアは総合1位です。しかも3年連続!

パソナキャリアは抱えている案件がリクルートエージェントより少ない分、一人一人に丁寧に対応することで利用者に支持されています。

リクルートエージェントはオリコン転職エージェント利用満足度ランキング5位です。

もともとが人材派遣業として成長してきただけあって、パソナキャリアは企業と求職者のマッチングに強みがあります。

企業側が必要としている人材と、利用者が希望している働き方とのマッチングがパソナキャリアを利用するメリットです

相談にいく、というより、転職の意思が固まっている人はサポート力のパソナキャリア の利用をおすすめします。

使いやすいさで比較 リクルートエージェントとパソナキャリア

管理人
管理人
リクルートエージェントとパソナキャリアの使いさすさを比較しました。

使い勝手比較ポイントは

  1. 拠点数
  2. 利用できる期間
  3. 土日の対応

の3つ。詳しく解説します!

利用できる拠点は圧倒的にリクルートエージェント

管理人
管理人
リクルートエージェントとパソナキャリアの使いさすさを、拠点の数で比較してみました。
利用できる拠点数
リクルートエージェント 全国16拠点
パソナキャリア 全国7拠点

相談できる拠点の多さは、利用のしやすさに直結しています。

パソナキャリアは地方の拠点が少ないのがネック。

リクルートエージェントは地方都市にもカウンセリング拠点があるので、利用のしやすさはリクルートエージェントですね。

リクルートエージェントの拠点
東京支店 東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
北海道支店 北海道札幌市中央区北四条西5-1 アスティ45ビル 10階
東北支社 宮城県仙台市青葉区一番町1-9-1 仙台トラストタワー 11F
宇都宮支社 栃木県宇都宮市大通り4-1-18 宇都宮大同生命ビル 1F
さいたま支社 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 大宮ソニックシティビル 25F
千葉支社 千葉県千葉市中央区新町1000番地 センシティタワー 7F
西東京支社 東京都立川市曙町2-34-7 ファーレイーストビル7F
横浜支社 神奈川県横浜市西区高島2-19-12 スカイビル 16階
静岡支社 静岡県静岡市駿河区南町18-1 サウスポット静岡 5F
名古屋支社 愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4
JRセントラルタワーズ42F、43F
京都支社 京都府京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町88K・I四条ビル4F
大阪支社 大阪府大阪市北区角田町8-1 梅田阪急ビルオフィスタワー 31F
神戸支社 兵庫県神戸市中央区磯上通8-3-10 井門三宮ビル 4F
中国支社 岡山 岡山県岡山市北区駅元町1-6 岡山フコク生命駅前ビル 4F
中国支社 広島 広島県広島市中区八丁堀14-4 JEI広島八丁堀ビル 10F
福岡支社 福岡県福岡市中央区舞鶴1-1-3 リクルート天神ビル 6F

最新情報は公式HPでご確認ください。

パソナキャリアの拠点
東京(本部) 東京都千代田区大手町2-6-2 パソナグループ本部ビル 7F
東京(新丸の内ビル) 東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング14F
静岡支店 静岡県静岡市駿河区南町18-1 サウスポット静岡4F
名古屋支店 愛知県名古屋市中区栄3-6-1 栄三丁目ビルディング10F
大阪支店 大阪府大阪市中央区道修町4-1-1 武田御堂筋ビル2F
広島支店 広島県広島市中区本通7-19 広島ダイヤモンドビル7F
福岡支店 福岡県福岡市中央区天神1-6-8 天神ツインビル13F

※最新情報はパソナキャリア 公式サイトでご確認ください。

サポート期間に違いはある?

管理人
管理人
リクルートエージェントは3ヶ月、パソナキャリアは設定なしです。

どのくらいの期間サポートしてくれるか、ですが、リクルートエージェントもパソナキャリアも同じで約3ヶ月くらいが目安です。

リクルートエージェントは明確に3ヶ月と明記しているので、だらだらと時間を無駄にすることはなさそう。

パソナキャリアはサポート期間を明記していませんが、一般的に転職可能な条件であれば約3ヶ月程度だと考えてください。

リクルートエージェントも、サポート期間の延長が可能。

メリハリのある転職サポートならリクルートエージェントですね。

日曜日も対応してくれるのはリクルートエージェント

管理人
管理人
日曜日に対応してほしい人はリクルートエージェントです。
リクルートエージェント  パソナキャリア 
平日、土曜、日曜対応可 平日と土曜のみ
平日 10:00〜19:30
 10:00〜18:30
 10:00〜17:00
平日 10:00~21:00まで
土曜日 10:00~18:0

リクルートエージェントは利用者の希望をもとに、曜日を問わず対応してもらえます。

だから今働いている会社の仕事と、転職活動をしっかり分けて利用したい人にはリクルートエージェントがおすすめ。

パソナキャリアは平日夜9時まで対応してくれるので、会社帰りに利用したい人におすすめです。

転職活動スタイルで比較 リクルートエージェントとパソナキャリア

管理人
管理人
ガッツリやりたい、マイペースで焦らずやりたい、など転職活動スタイルでどっちを使うべきか、ご説明します。

リクルートエージェントとパソナキャリア 、一概にどちらが女の転職向き!とは言えないので、比較した結果から転職志向別にどちらをメインで使うべきかをまとめてみました。

ある程度は自分でやりたいタイプはリクルートエージェント

管理人
管理人
判断は自分する!という人はリクルートエージェント!

くどくどと聞いてもいないアドバイスをされるのが嫌な人、自分で判断したい人はリクルートエージェントが◯

あなたの希望にあうものを紹介してもらい、あなたが気になる部分を担当者に確認してもらうというスタイルが、リクルートエージェントなら可能です。

あれこれと世話をやかれるよりも、客観的な情報をもらって自分で良し悪しを判断していきたい人にはリクナビエージェントですね。

リクナビNEXTのスカウトサービスとリクルートエージェントを併用すれば、より必要な情報が集まってくるのでオススメ。

しっかり相談・丁寧にサポートしてほしいタイプはパソナキャリア

管理人
管理人
じっくり相談にのってほしい、アドバイスを元にどうするか決めたい、という人はパソナキャリアがおすすめです。

自分で希望を言葉にしづらい、アドバイスをもらって転職先の要件をきめたい、という人はパソナキャリアがおすすめ。

取り扱い求人件数が少ないにもかかわらず、オリコンの利用者満足度No.1に選ばれた理由は、パソなキャリアのカウンセリング力。

転職の悩みを明確にしづらい人はパソナキャリアに登録してくださいね。

どっちも使ってみて自分できめるのもアリ!

リクルートエージェントとパソナキャリアを比較しましたが、使ってみてわかることもあるはず。

担当者との相性は、どちらのサービスが合うかは事前にわかりません。

転職エージェントとの相性に答えはない

転職エージェント自体は人なので、貴女と相性がいい転職エージェントは実際あってみないとわかりません。

所属している会社の傾向は転職エージェントに反映されますが、人としての基本はその人自身。

リクルートエージェントかパソナキャリアか、だけで決めるのは勿体無いし、どちらが貴女のことに親身になってくれるかは相性によるところが大きいんです。

どっちに理想の転職先があるかわからない

外資系も豊富で件数も豊富なリクルートエージェントに理想の転職先がある可能性が高い!と決めつけてしまうのは早いです。

数は少ないけどパソナキャリアにだけ求人をだしている企業だってあります。

実際に各転職エージェントにあなたの経歴を登録してみないと、どんな非公開求人を紹介してもらえるのかわかりません。

つまりリクルートエージェントとパソナキャリア、どっちにあなたが理想とする転職先があるかわからないんです。

だから、リクルートエージェントとパソナキャリアどちらかだけを使うのはもったいないです。

もしどっちを使うか迷う場合は、リクルートエージェントとパソナキャリアの両方で初回のカウンセリングを受けて、それからメインで利用する方を決めてみてください。

リクルートエージェントとパソナキャリアいいとこドリしよう

リクルートエージェントとパソナキャリアの違い、いかがでしたでしょうか。

結論、リクルートエージェントとパソナキャリアのどちらかに決めないといけない!てことはありません。

どちらも登録して、実際に体験してから自分に合う方を使うのが良いのかな、というのが私の意見です。

どちらも無料ですし、アドバイスはたくさんあったほうがいいですからね。

社会不安が多い今、安易な転職は考えもの。

リクルートエージェントもパソナキャリアを利用して、転職すべきか否かや、転職にあったほうがいい資格の情報を集めておくことをオススメします。

なにもしないより、相談だけでも今のうちに行っていつでも転職できる準備をしておきましょう!

【人生かかってる】自分らしく生きられる仕事を見つける女の転職方法独身、もうすぐ結婚、スキルアップしたい、結婚しても働ける仕事、自分の時間を大切にできる仕事がしたい、女の働き方は多種多様。 最初に...