つらい仕事やめた体験談

看護師つらいから転職した体験談 失敗しないためにやるべき対策と成功のコツ

The following two tabs change content below.
さちこ

さちこ

管理人のさちこです。28の時に給料ダウン&ブラック体質な職場に失敗転職。それから四苦八苦の上再度転職して、現在は役員秘書をさせていただいております。

看護師って、けっこうキツい仕事なんですよね。

看護師の転職体験談を紹介します。

給料も良くて男にもモテる、と思われがちな看護師ですが、実際やってみると体力的にとてもしんどい仕事でした。

体力的に限界を感じたわたしはおなじ業界の医療事務へ転職しました。

から異業種である食品業界へ転職したわたしが、

  • 看護の仕事でキツかったこと
  • 看護をやめてかわったプライベートビフォーアフター
  • 看護の仕事からの転職成功のコツ

をお伝えします。

今のまま仕事を続けるとどうなるか、転職するとどんな人生が待っているか、あなたにも当てはまる部分があるはずです。

看護師をやめたいと思ってるあなた、今の仕事ずっと続けてこの先楽しく生きられますか?

転職して自分を変えてみようかな…と思った時が転職活動をはじめるベストタイミング。

その気持ち、運命の職場がみつかる合図かもしれません。

相性のいい転職エージェントを確保するためにも、複数登録して連絡の早かった転職エージェントから会うのが吉。

複数の転職エージェントの中から一番貴女と相性のいい転職エージェントと理想の職場探しをはじめてくださいね。

リクルートエージェントの評判は悪い?しつこい?ブラック?口コミを徹底チェック

パソナキャリアの評判は悪い?しつこい?ブラック?女の転職に強いってホント?口コミを徹底チェック

マイナビエージェントの評判は悪い?しつこい?ブラック?女の転職の口コミを徹底チェック 

看護師をやめた理由 夜間勤務がつらくて仕方なかった

わたしはなぜか夜勤の多い病院ばかりでした。

看護師をやめた理由 すごく休みづらい

私が看護師としてきついと思ったことは、やっぱり無理をして体力を使うことが多いということですね。

もともとそんなに体が強いほうではないのですが、働き出して体の弱さを痛感することがよくありました。

同僚みんなが忙しいことをわかっているので、休むと言い出せないんです。

誰かにしわ寄せがいくのがわかっていますから…。

熱が出たときも、必死で熱を下げて仕事に行っていました。

看護師をやめた理由 夜勤が健康をむしばんだ

また、夜勤があることも嫌でした。

看護師として働いていると、どうしても夜勤があるのです。

私の場合はとくに夜勤がある病院の勤務が多かったので、夜勤には本当に悩まされました

当然なのですが、夜勤で一番辛いのは、夜に寝ることができないことです。

夜に寝ないということで、こんなに体が変になってしまうのか、と身をもって知りました。

夜勤も慣れるといいますが、わたしはいつまでたっても、夜勤になれることができませんでした。

夜勤のない部署を希望したこともありましたが、結局夜勤のあるところにまた異動となって夜勤から逃れることはできなかったんですよね。

そんなことの繰り返しで、体の疲れが取れないと思うようになりました。

夜勤が有る限り、夜眠れる生活は手に入らないんだ、と身にしみたんです。

看護師をやめようと思った決定打 夜勤で家族に迷惑かけた

メンタルと体の心配

まず心体ともに自分がボロボロになっていくことが心配になりました。

身体的にボロボロになったことは、後から治すこともできるのです。

しかし精神的な辛さは、傷として長くのこってしまいます。。

体の疲れが取れないことで、精神的ダメージも蓄積していくのが怖かったです。

家族に負担をかけてしまった

そして家族にも、かなり迷惑をかけることになりました。

結婚してからも看護師をつづけていたのですが、夜勤の時には子供の育児などを主人が一人ですることになります。

主人が夜の育児をしてくれているにも関わらずノイローゼになりそう、と主人に言ってしまったこともありました。

当時は受け止めてくれましたが、主人としてもギリギリの状態ではなかったかと思うのです。

主人に負担をかけていると思うと、わたし自身もかなりのストレスでした。

看護師をやめて転職!就職先の決め手と生活の変化

看護師をやめて転職した先は医療事務でした。

転職先を医療事務に決めた理由

医療事務を転職先として選んだ理由は、友人が医療事務はとてもいいよ、とすすめてくれたことがきっかけです。

友人から医療事務の話を聞くたびに、自分もしてみたいと思うようになりました。

医療事務ならば看護師の仕事と全く離れているわけでもない、と思ったことも医療事務を選んだ理由です。

看護師で培った経験や知識が少しでも生かせれば、それまでの苦労も無駄じゃありません。

医療事務は夜勤がない、ということが一番嬉しいと思った条件です。

医療事務ならば夜勤もないし、看護師だったことを生かして取り組めるからわたしでもできそう、と思ったんです。

看護師をやめてガラリとかわったプライベート

転職して良くなったことは、なんと言っても夜勤がないのでよく眠れるようになったということです。

やっぱり人間は、夜によく寝れるということが一番大切だと、改めて感じました。

昼間に眠たいということもなく、スッキリとした気分で仕事をすることができます。

また、残業があるときでも看護師だったときほど疲れないので、体に負担をかけていると感じることがありませんでした。

看護師だったころに比べると、ぐっと楽。そんな気持ちになりました。

精神的にも楽になり、怒ることも少なくなりました。

普通に夜眠れて精神的に落ち着いた今だからこそ思いますが、看護師だったころは主人だけでなはく子どもたちも負担をかけていたんだろうなあ、と実感します。

今まではかなり迷惑をかけていたのだろうとな、と主人や子どもに悪く思いました。

でも今では休日がしっかりとあるので、家族と一緒にゆっくり時間を過ごすことができます。

休日に家族でいろいろなところに行くことができるようになりました。

看護師だったころには思い出づくりができなかったので、医療事務に転職してからは家族の思い出もたくさんつくれそうでわくわくがとまりません。

看護師から医療事務への転職 成功のためのポイント

看護師から医療事務へ転職するためにやったこと、ポイントをお伝えします。

看護師をやめるためにしたこと

まず転職をしたいと思った時に、いろいろなことについて慎重に行動するようにしました。

3つに分けて説明しますね。

1職場の人には上司以外相談しないようにした

看護師という職場は女性が多いです。

女性同士が集まるといろいろなことを話すことが多いですよね。

そのため、一人に言ったことがどんどん広まり、いつの間にかほとんどの人が秘密を知っていたなんてことはよくありました。

だからわたしは転職のことを同僚看護師に知られたくないと思って、上司以外には話しませんでした。

2情報を集める

医療事務をすることになると、まず資格が必要となります。

医療事務になるための資格がどんなものか、いくらで取れるのか、独学でいけそうか通信教材をとったほうがいいか、徹底的に調べました。

医療事務の資格について調べるのと同時進行で、どんなところ(病院や医院)への転職がいいのかということも調べる事にしました。

方法としては友人から聞いたり、本を買って調べるたり。ネットでも口コミを調べました。

3自分の気持ちをしっかり持つ

看護師をやめてしまって後悔しないかは、じっくりと考えました。

夜勤をしてまでやりたい仕事なのか、看護師を続けてえられるもの、これからどう生きていきたいか、本当に自分の気持ちとよく向き合いました。

看護師をやめても後悔しない、転職して健康と家族との時間を取り戻す!と自分の意思をしっかりもつことを、たえず意識するようにしていました。

これから看護師をやめようと思っている人に知っておいてほしいこと

  • 女社会を知っていれば女社会への転職が楽
  • 本当に転職できるの?と不安を抱えている場合
  • 辞める前に、辞める理由をはっきりさせる

の3つを知っておいてほしいと思います。

女社会を知っていれば女社会への転職は気持ちが楽

医療事務の資格を取得してからいろいろなところで転職活動をしました。

その時わかったんですが、医療事務の世界は女性が多いことから女性として辛い思いをすることはありませんでした。

よく言われる女性ならではの質問(家庭のことや結婚のことなど)もなく、嫌な思いをしたことは特にありませんでした。

女で良かったな、と感じたことのほうがずっと多かったです。

女の世界といっても、看護師の職場と同じような感じだろうと想像することができたし、辛いと思うこについても医療事務でも対して変わらないだろうな、と推察できました。

女社会の渡り方を知っていれば、女社会から女社会への転職は気持ちが楽なんです。

怖い?女社会の掟をチェック 女ばかりの職場で疲弊せずに生き抜く15のヒケツ女社会は怖い、どろどろと暗黒渦巻く魔境、魔窟。だけど女に生まれた以上、女社会に属さずに生きるのは無理なこと。 女だけど女社会で働く...

そんなにうまく転職できるの?と不安を抱えている場合

転職って誰でも出来ることです。

我慢をしていて、我慢を続けることができる人は転職をすることはないでしょう。

でももう我慢できないほど追い詰められて、どうしても転職をしたいという気持ちになっている場合はすぐに転職をしたほうがいいです。

自分だけではなく、家族にしわ寄せがいっている場合は特にその決断をすることが大切です。

大切な人を失ってから後悔をすることになるからです。

特に子供がいる場合は、転職をして子供との時間を持つことのほうが絶対に大切。

なにかを引き換えにしてまで続けたい仕事なのか、よく考えてください。

看護師をやめる理由をはっきりさせること

転職は誰でもできるといいましたが、中途半端な気持ちでは絶対無理です。

自分が必ず頑張れる職場、転職をして今の環境より絶対よくなる職場、をじっくりと検討して貴方の気持ちを揺るぎないものにしてから取り組んでください。

仕事が嫌で転職と聞くとネガティブにとらえられますが、どの職場でも必ず嫌なことはあります。

でも嫌なこと以上に得るモノが大きい職場を見つけるんだ!と決意できたら転職をしたほうがいいのです。

嫌なことも少しは受け入れる覚悟をしっかり持つことで、転職先でも頑張ることができます。とにかく揺るぎない気持ちを持って転職活動ははじめてください。

まとめ 看護師やめて良かった 仕事とは家庭の次に大事な事

看護師をやめて医療事務に転職し、わたしは家族との時間を取り戻しました。

仕事は大事ですが、1番ではありません。

わたしにとっては家族が1番大切で、その次が仕事です。

だから大切な家族を犠牲にしてまで看護師を続けることはできませんでした。

貴女にとって仕事は人生で1番大切なものですか?我慢をして健康を犠牲にしてでもやりたい仕事ですか?

迷っていられるなら、今はまだ貴女にも余裕があるのでしょう。

決意ができたら、まずは転職サイトに登録してみてください。いい職場を見つける!と決めたら転職エージェントも利用し、徹底的に転職活動してください。

転職サイトも転職エージェントも無料です。

1番大切なものはなんですか?

貴方の1番を守るために今、1歩を踏み出してください。

 

 

ABOUT ME
さちこ
さちこ
管理人のさちこです。28の時に給料ダウン&ブラック体質な職場に失敗転職。それから四苦八苦の上再度転職して、現在は役員秘書をさせていただいております。