レバテックキャリア

レバテックキャリア大阪支店の転職事情をチェック 評判、場所、求人サポートぜんぶ解説します

The following two tabs change content below.
さちこ

さちこ

管理人のさちこです。28の時に給料ダウン&ブラック体質な職場に失敗転職。それから四苦八苦の上再度転職して、現在は役員秘書をさせていただいております。

レバテックキャリアは大阪エリアの転職で実際使えるレベルなの?

レバテックキャリアは転職サポートしてくれるけど、大阪ではどうなのよ、と実際が知りたいところですよね。

わたし、現在役員秘書をしておりまして、今回の調査は上司に報告レベルでまとめております。

ブラック企業から転職した経験もいかして大阪ふくめた関西エリアでの転職における、レバテックキャリアの大阪支店の転職情報をまとめました。

レバテックキャリアへの申し込みは公式HPから
https://career.levtech.jp

レバテックキャリアの大阪支店の転職サポート詳細

レバテックキャリアの大阪支店

  • 行き方
  • 求人内容
  • 得意業種

の順で情報をまとめました。

カフェ情報もいれておきましたのので、事前に知っておけばキャリア面談に行く計画も立てやすいですよ。

レバテックキャリア大阪支店の場所と行き方

レバテックキャリアの大阪支店への場所・行き方、詳細は以下のとおり。

場所 〒530 – 0003
大阪府大阪市北区堂島1-5-30
堂島プラザビル8F
最寄駅 北新地駅から徒歩2分
西梅田駅から徒歩4分
カウンセリング
受付時間
平日21時まで
土曜も対応
※土曜日の受付時間は要相談

近くのカフェなら

  • サンマルク 御堂筋堂島店
  • カフェドクリエ 堂島地下街店
  • タリーズコーヒー 堂島新藤田ビル店

のチェーン店のカフェがおすすめ。

早く着いた時や、予定の間の時間調整も大丈夫な立地です。

もう1つ行っとけます!

電車で約20分の場所にワークポートのカウンセリング拠点があります。

同じ日にキャリア面談してしまえば効率的に2社の対応を比較できます!

予約は埋まりがちなので、今すぐキャリアカウンセリングの予定をいれておいてくださいね。

レバテックキャリアの申し込みは公式HPから
https://career.levtech.jp

ワークポートへの申し込みは公式HPから
https://www.workport.co.jp

ワークポート大阪についてはワークポート大阪オフィスの転職事情をチェック 評判、場所、求人サポートぜんぶ解説します」でご確認ください。

レバテックキャリアの大阪エリアの求人内容

レバテックキャリアの大阪エリアの求人内容について公式HPからまとめてみました。

取り扱いエリア

大阪府の他に京都、兵庫、京都、滋賀の求人を取り扱いをしています。

求人数

レバテックキャリアの関西エリアの取扱求人数(公開)は総計668件、うち大阪府の求人は524件でした。

ちなみに同じIT・Web業界の各転職エージェントの求人数は

  • リクルートエージェントの関西エリアの公開求人数は2,891件
  • dodaが2,250件
  • マイナビエージェントが905件
  • パソナキャリアが910件
  • ワークポートが1,236件

でした(2019年7月7日調べ)

業界の切り分けにゲーム業界が入っていたり、広告業界も含まれたりと単純比較はできませんが参考にしてくださいね。

求人の数だけでみるとちょっと見劣りはしますが、IT・Web特化であることを考えると少なすぎる!という感じはしません。

レバテックキャリア大阪支店の得意業種はもちろんIT・Web

レバテックキャリアはIT・Web業界に特化した転職エージェントです。

他に気にしておくべき点は、転職市場そのものの動向や大阪エリアの経済状況。

レバテックキャリアを利用して大阪エリアで転職・就職するなら大阪エリア自体の求人動向・経済動向を掴む方が大切です。

大阪は東京と対をなす日本の大都市。

大阪で発祥し東京に進出せず大阪で事業を守り続けている企業は少なくありません。

本社が大阪、神戸というパターンですね。

関西全体でいうと、神戸姫路エリアではアパレルや化粧品など消費材を扱う企業の採用が活発。

京都エリアには電子部品メーカーで世界的なシェアを誇る企業があり、知名度は低いけど堅実な事業を続ける中小企業メーカーが多く存在しています。

管理部門からエンジニア、小売関連など幅広い業種、職種が集まっており、採用にも積極的です。

引用元:平成31年4月大阪労働市場ニュース

大阪での求人は確実に増えています。

傾向として、55歳以上の女性の求人応募が増加しており24才以下の応募が少ない、という状況も明らかになっています。

つまり、求人動向としては20代〜30代の求人が増加傾向にあり必要とされているということなんです。

さらに社会情勢として、現在企業は事務の効率化などでIT化を、スマホの普及によりWeb媒体の強化をはかっており、転職市場としてはIT関連業界は引く手数多です。

また最新の求人情報、非公開求人はレバテックキャリアに登録して紹介しないと分からないので、実際に紹介してもらうのが賢い方法ですよ。

レバテックキャリア大阪支店 利用の流れ

レバテックキャリア大阪支店を使った転職活動の流れ
  1. レバテックキャリアにWebで申し込み
  2. 転職面談の設定・求人情報について連絡がくる(電話やメール)
  3. キャリアカウンセリング
  4. 担当コーディーネーターから求人紹介
  5. 応募・面接
  6. 面談の練習(希望者)
  7. 内定・入社

大阪エリアへの転職を考えているけどレバテックキャリアの大阪支店は遠い…という場合は電話面談も可能です。

②の面談設定時に、電話でのキャリア面談希望と伝えてみてくださいね。

またレバテックキャリアのカウセリングと求人紹介の良いところは、

  • IT・Web業界に特化していることと
  • 取引先のプロジェクトマネージャーと年間3000回以上ものミーディングを行い実地調査している

という点。

IT・Web業界ならではの繁忙期対応や残業傾向、プロジェクトのスケジュール感、チーム体制などのポイントをきちんと把握、説明してくれるんです。

もちろんカウンセリング時に転職を急かされたりこれまでの人生をダメ出しされることもありません

レバテックキャリアへの申し込みは公式HPから
https://career.levtech.jp

レバテックキャリア大阪オフィスの口コミ評判

レバテックキャリアの大阪オフィスだけの口コミや書き込みは、見当たりませんでした。

つまりレバテックキャリア全体でみた時に、大阪支店だけ特に対応が悪いわけではないということ。

レバテックキャリア全体の口コミや書き込みから評判をまとめると

  • うざい
  • サポートが丁寧で親切
  • ブラックばかり
  • 転職決定までが早い

という感じにまとめられました。

この書き込みにいえるのは、

  • 主観的
  • 利用者の感想(思い)

なんです。

ただ、うざいとかしつこいって、人によってどの程度でそう思うのか違いますよね。

転職エージェントごとに特徴や強みはありますが、評判や口コミは担当者個人をさしていることが多いです。

しつこいかもしれませんが、裏を返せば熱心にサポートしているともとれますよね。

対人サービスであるからこそ、転職エージェントそのものの評判というよりは担当者個人との相性が問題だとも言えます。

実際に貴女が使ってみて、担当者との相性・サービスの質を判断するのが一番後悔しない選択です。

評判からチェック!レバテックキャリアの転職サービスの強みと女が知っておくべき利用の特徴レバテックキャリアって最近よく聞くけどそんなにすごい転職サービスなのかな…? 結論、利用は無料なので使ってみてヤバい、ハズレだ、と...

大阪エリアのIT・Web業界へ転職するなら レバテックキャリアともう1つ登録を

大阪の転職・就職でも多くの求人を紹介して比較できることにこしたことはありません。

大阪は各転職エージェントの支店も多く、選択肢があります。

レバテックキャリアと併用するなら、総合転職エージェントであるdodaとリクルートエージェントで比べてみるのがおすすめ。

また徹底的にIT・Web業界の転職案件の質にこだわるならワークポートですね。

経験を生かしてキャリアアップなら
doda

量と質を確保するなら
リクルートエージェント

同じIT・Webに強いところなら
ワークポート

レバテックキャリアのようにIT・Web業界特化ではない分、幅広いたくさんの求人を確保することができます。

また総合転職エージェントと組み合わせることで、WebクリエイターやITエンジニアの転職市場での価値が他の一般的な求職者と比べて高いのか低いのかがわかりやすくなります。

貴女の希望条件に合わせてレバテックキャリアと組み合わせる転職エージェントを決めてくださいね。

大阪は同じ日本でありながら東京都はまったく違う雰囲気がある街。

大阪に本社をおく企業は2割に及ばない中、大阪で有名な企業がありますよね。

キーエンスや塩野義、京セラ、急成長しているMonotaROなど誰もが聞いたことのある企業が大阪に本社をおいています。

大阪は全国展開している企業の関西支社も多く、就職や転職の案件は豊富にあります。

こうした企業が先頭を走り、大阪全体の労働市場を押し上げているので未経験歓迎の小規模な会社も勢いがあります。

そして良い求人は応募が殺到してしまい通常業務に支障をきたしてしまうので、非公開で求人をだすことが多いです。

そして当然ですが、非公開求人でも条件がいい求人からなくなっていきます。

だから転職活動期間は3ヶ月か半年はみておきたいもの。

大阪エリアで転職をしようと考えているなら、

から1社は選んで、最低2社の間でサービスや求人内容を比較してくださいね。

就職活動が面倒でも、最初は決して手を抜いてはだめ。取りこぼしのないようにして、人生巻き返しをはかってくださいね!

ABOUT ME
さちこ
さちこ
管理人のさちこです。28の時に給料ダウン&ブラック体質な職場に失敗転職。それから四苦八苦の上再度転職して、現在は役員秘書をさせていただいております。