なりたい仕事に就く

未経験30代女でWebデザイナーになりたい!方法と手順の詳細

The following two tabs change content below.
さちこ

さちこ

管理人のさちこです。28の時に給料ダウン&ブラック体質な職場に失敗転職。それから四苦八苦の上再度転職して、現在は役員秘書をさせていただいております。

Web関連の仕事、デザインだったら私にもできるかも。手に職をつけて働きたいし、Webデザイナー良さそうだけど、どうやったらなれるんだろう。30代からの未経験でのなる方法はあるのかなあ?と悩んでいませんか?

転職において、勢いのある業種を狙うのはとても大切なことです(給料に関わるから)そして女だとやっぱり手に職が安心ですよね。

Webデザイナーは企業に就職することも可能だし、フリーランスとして在宅で働くことも可能です。

結婚や出産というライフイベントがある30代前半やアラサー女子に、Webデザイナーはもってこいのお仕事。

これからWebデザイナーを目指す人に向けて

  • 未経験30代女がこれからWebデザイナーを目指すメリット・デメリット
  • Webデザイナーになるためのスキル、資格
  • Webデザイナーとして就職する方法

についてまとめました。ここさえわかれば、Webデザイナーを目指すかどうか、はっきり決められます。

未経験の30代女 Webデザイナーになるメリットデメリット

まず未経験で30代(アラサー)女がWebデザイナーを目指すメリットと、デメリットを知っておきたいですよね。デメリットをあらかじめ知っておけばリスクを最低限に防ぐことができます。

未経験30代女性でもWebデザイナーを目指すメリット

Webデザイナーという仕事は、文字どおりサイトの見ためをデザインする仕事です。

そしてWebデザイナーは今とても求められている仕事なんです。

  • フリーランスなどの個人事業者もHPを持っている
  • 企業のHPの見ためは非常に大切にされている
  • スマホ全盛時代のため、スマホできれいに見られるサイトが必要とされている

こんな社会的背景のもと、Webデザインができる人が今、求められているんです。勢いのある業界にはお金が集まってきますから、Webデザイナーを今から目指したとしても転職に困ることは少ないですし、お給料も下がりづらいと言えます。

また、女性向きのメリットとして「手に職」ということが挙げられます。そして在宅でも可能なのがWebデザイナーのおいしいところ。

  • 結婚した相手が転勤族でも、転勤先で仕事が見つかる
  • フリーランスになって自由に仕事をすることも可能

Webデザイナーにはこんなメリットがあるんです。

デメリットは未経験であること

未経験30代でWebデザイナーを目指すデメリットは「未経験」です。

身もふたもないんですが、未経験だと成果物で実力を評価されますよね。企業を納得させられるだけの成果物を作ることができるか、という部分にWebデザイナーとして成功できるかどうかがかかっているんです。

逆に言えば、いいものを作れるようになれば何も困らないということ。

未経験ゆえに、勉強する時間と、頭の中で思い描いたデザインを目の前のディスプレイにうまく表現できるか、が大切になってくるんです。

女30代、未経験からWebデザイナーになるためにやること

具体的に何から始めたら良いのかについて、説明しますね。

Webデザインのスキルを身につける

未経験でも今はわかりやすいスクールがたくさんあります。Webデザインで必要な知識はこんな感じです。

  • HTML・CSS
  • Illustrator
  • フォトショップ
  • jQuery

本で独学することも可能ですが、仕事に役立つスキルを短時間で効率よく身につけるならスクールが賢い選択。

Webデザインの勉強難しいかも…という人にも安心なのが【WEBCAMP ONLINE】

無料体験もあるし、どのコースか迷う人の相談にものってくれます。参考までですが、10万ほどで約4週間でスキルが身に付くコースもあります。つまり約1ヶ月ちょっと。

実際どんな感じなのか、無料体験でぜひ確認してみてください。資格スクールの無料体験をしておけば、転職してからやっぱり向いてなかった…なんてこともないですからね。

【WEBCAMP ONLINE】無料体験はこちら

実際にWebデザイン!ポートフォリオ(成果物)を作る

スクールに通えばポートフォリオ(成果物)作成までサポートしてくれますが、独学の場合は作成しないと企業に実力をみてもらえません。

もちろんですが、ポートフォリオは様々なデザインで数多くあったほうが有利。

ポートフォリをみて企業は貴女のスキルやセンスを判断することになるから、ここはもっとも力を入れたいですね。

【WEBCAMP ONLINE】のページで卒業生の作品がチラッと見れるので、参考にしてみてください。

Webデザイナーと掛け合わせるためにキャリアの棚卸し

未経験からWebデザイナーになるからといって、これまでのキャリアを無駄にすることはありません。

Webデザイナー+αとなるような職務経歴はないか、キャリアの棚卸しをしてください。

  • 事務職で効率の良いオペレーションを組むのが得意だった
  • 学級委員で、みんなの意見を取りまとめるのが得意だった
  • アパレル店員だったのでセンスに自信がある
  • 接客業をしていたので、ニーズを汲み取るのは得意

などなど…。これまで貴女のしてきたこと、時間をかけてきたこと、決して無駄にはしないでくださいね。

女30代、未経験からWebデザイナーに転職する手順

さて実際に仕事をゲットする方法にうつりましょう。この記事ではフリーランスではなく、企業に就職する方法をご説明します。

転職サイトで求人をチェックする

まず転職サイト(リクナビNEXTなど)に登録し、Webデザイナーの求人をチェックしてみてください。

  • どんな会社が、
  • どのくらいの給料で
  • どのくらいの年代の人を求めているのか

リクナビNEXTなら知名度も高く掲載されている案件も豊富なので、見るだけでこのくらいの傾向が掴めます。

また、未経験の転職には向かないんですが、ミイダス今の職歴・スキルの市場価値もチェックしてみてください。

なぜかというと、

  • 未経験でWebデザイナーになるよりいい条件で転職できそう
  • 今までの経歴でこんな企業に転職できるなら、今すぐWebデザイナーじゃなくてもいいな

といった判断に使えるからです。いい条件で転職できたら、Webデザイナーの勉強をする時間もたくさんとれるし、お金もたまります。

未経験で30代、女性、という条件だからこそ、もらえる給与はシビアに判断していきましょう。少しでも失敗しないために、多少手間はかかっても、リクナビNEXTミイダスのチェックを忘れないでくださいね。

Webデザイナー転職 成功のカギは転職エージェント

  • 業務をしたことはないけど、Illustratorやフォトショップは使える人
  • 趣味でHPを作っていたからなんとなくだけどHTMLがわかるよ、という人
  • スクールで勉強して自信もついたしポートフォリオもできた!

という人は、確実な転職のために転職エージェントを利用してください。

Webデザイナー転職につよい転職エージェントがある

転職エージェントは色々あり、各社向き不向きがあります。Web・IT系に強い転職エージェントを利用することが転職成功の近道です。

Web・IT業界に強ければ、未経験者がどういったキャリアを積むことになるか、そして給料の展望についても詳しいんです。

未経験からWebデザイナーとして転職するなら、ワークポート を利用してください。今でこそ総合転職エージェントですが、元はWeb・IT業界の転職サポートからのし上がってきた会社です。

転職エージェントの力を借りてこれまでのキャリアをWebデザイナーに活かす

転職エージェントを利用するメリットは、非公開案件の他にも「企業にあった志望動機の添削をしてもらうため」ということが挙げられます。

転職エージェントは、貴女のこれまでのキャリアとWebデザイナーというスキルをうまく組み合わせて企業へ貴女を斡旋してくれるんです。この作業は転職エージェントの腕に左右されるポイント。

実を言うとワークポート はWeb・IT業界の非公開案件は豊富なのですが、転職エージェントのサポートに置いてちょっと雑なところがあります。

その不足を補うために、リスクヘッジとしてパソナキャリアも利用してみてください。パソナキャリアは正直Web業界に特化して強い訳ではありませんが、女性に寄り添った王道の転職活動に定評があります。

転職を成功させている人は転職エージェントを複数利用し、特徴によって使い分けています。2つを併用して、いいとこ取りしてください。

パソナキャリア公式HP▶︎https://www.pasonacareer.jp/
ワークポート 公式HP▶︎https://www.workport.co.jp/

 

ABOUT ME
さちこ
さちこ
管理人のさちこです。28の時に給料ダウン&ブラック体質な職場に失敗転職。それから四苦八苦の上再度転職して、現在は役員秘書をさせていただいております。