type

泣きそう type転職エージェントに断られた人がとるべき転職対処法3つ

The following two tabs change content below.
さちこ

さちこ

管理人のさちこです。28の時に給料ダウン&ブラック体質な職場に失敗転職。それから四苦八苦の上再度転職して、現在は役員秘書をさせていただいております。

意を決して登録したtype転職エージェント、「ご紹介できる案件はありません」とにべもなく断られてがっかり。

というか登録したのに面談日時の連絡すらないんだけど!?

ミイも春日ももう信用しない…そう感じるのも無理はありません。

type転職エージェントからお断りをされた場合(連絡がこない)、残念ですがtype転職エージェントからもtype女性の転職からも有益な求人は紹介してもらえません。

でも転職をあきらめる必要はありません。

typeに断られてしまってからすべきことは対策を含めて4つあります。

  1. type転職エージェントに断られた理由を知る
  2. 対策1 別の転職エージェントに登録する
  3. 対策2 転職エージェントを使わず自力で転職活動する
  4. 対策3 重要!転職プランを練り直す

せっかく転職して新しい人生をはじめようとしたその決意、諦めるかどうかはこの記事を読んでから決めてください。

連絡がない… type転職エージェントに断られた原因分析

断られるって、自分を否定されたようで辛いですよね。

そもそもtypeはキャリア面談に消極的な転職エージェントです。

あまり深く悩まずに、貴女がなぜ断られてしまったのかを分析してみましょう。

type転職エージェントがキャリアカウンセリングを断るケース

type転職エージェントがカウンリングを断るケースについてHPに記載があります。

Q:カウンセリングだけしてほしい。

A:「type転職エージェント」では、求人案件のご紹介を前提にカウンセリング(面談)を行っております。 そのため、ご紹介できる求人案件がない状態でのカウンセリングのみは行っておりません。

中略

Q:登録後、キャリアアドバイザーから面談の連絡がない

A:「type転職エージェント」では、求人案件のご紹介を前提にご面談を行わせていただいております。従って、ご紹介できる求人案件がない場合には、キャリアアドバイザーからのご連絡は差し上げておりません。
弊社キャリアアドバイザーは、常にご登録者様と、求人案件のマッチングを行っております。そのため、ご紹介できる案件が発生した時点ですぐに弊社からご連絡を差し上げておりますので、今しばらくお待ちください。

type転職エージェントHPより引用

type転職エージェントの場合、お断りのメッセージもなくただ連絡がない、という状態になるんですね。

  • 貴女の経歴・スペックでは現状type転職エージェントに求人はない
  • 非公開求人の中にも貴女が応募できるものはない

ということなんです。

ただ、求人が発生したらご連絡します、と明記してあるので、再度プロフィールや経験を見直してtype転職エージェントには登録したままにしておいても問題はなさそうです。

type転職エージェントとtype女性の転職eエージェントの対応窓口は同じです。

登録しなおしても意味はありません。

今後のために!type転職エージェントに断られた理由を推測する

type転職エージェントに断られたからレジュメの見直しは不要!ではありません。

type転職エージェントからのお断りを踏み台にし、転職を成功させるためにも貴女が希望している今の転職条件はどこが厳しいのか、冷静に振り返ってみてください。

登録しなおしておけば、type転職エージェントから連絡もくるかもしれません。

type転職エージェントに登録したプロフィールを見直す

type転職エージェントに登録時に入力した内容を冷静にふりかえってみましょう。

type転職エージェントでは登録時の年齢や職種になどに制限はありません。

連絡がない、という暗黙のお断りはに当てはまるのは、主に以下3つのケースです。

  • 就業経験がない
  • 年齢と職務経歴(過去の転職回数が多すぎる)

具体的に例をあげると、

  • 36才まで正社員だったことがない
  • むしろ働いたことがない(職歴・就業経験がない)

という人はtype転職エージェントでは断られてしまうんです。

などの条件では転職サポートが期待できません。

現実を見、ぜったい譲れない条件は何か考えてみてくださいね。

type転職エージェントの得意分野とのズレをチェックする

type転職エージェントに登録した貴女のレジュメと、パソナキャリアが得意とする転職条件にズレがないか確認してください。

type転職エージェントの転職事情
  • 一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)
  • IT・Web系 営業職 企画管理系に強い
  • 未経験業界への転職は不得意
  • 一般事務だけで財務や会計・人事など専門性がない人は不向き

type転職エージェントの利用に年齢制限はありませんが、転職市場の実態としては20代から30代前半の人の求人が多くでています。

もし30代をすぎているのなら、マネジメント経験や役職についていた、などの実績がないと転職は厳しいのです。

type転職エージェントは現職からのキャリアアップが強み。

実績として転職後に給料アップ率が7割ということからも、type転職エージェントは経験業界内でキャリアアップする方が得意なんです。

貴女自身がtype転職エージェントの得意とする転職市場から外れていませんか?

転職してどういう生活を手に入れたいかだけを考え、貴女のゆずれない条件を3つ程度に整理してみてくださいね。

未経験の業種へチャレンジしたいのならば、type転職エージェントより適した転職エージェント(ワークポートなど)があるので気を落とさないでください。

対策1 type転職エージェント以外の転職エージェントに登録する

type転職エージェントに断られたなら他の転職エージェントも試してみれば良いのです。

転職エージェントは無料サポートです。助けてくれるところがあればラッキーな気分でたくさん登録しましょう。

type転職エージェントはそもそもそんなにメジャーじゃない 他なら面談できたというケースもある

type転職エージェントは中堅転職エージェントで、経験業界内での年収アップに強い転職エージェントです。

さらに取り扱い地域も一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)と限られています。

その分正社員転職となるとハイスペックな人でないと難しい傾向があり、ストライクゾーンがせまいんです。

そのため貴女の正社員での転職がきびしい場合、見つかったら連絡します、という暗黙のお断りとなりやすいんです。

とくに未経験の転職はtype転職エージェントは苦手分野。

つまり分野が違えば貴女に合う求人があるということは珍しいことではありません。

type転職エージェントの登録はそのままにしておき、他の転職エージェントで希望条件の掘り下げやキャリアの棚卸しをサポートしてくれた結果転職に成功できたというケースもあります。

type転職エージェント以外の転職エージェントに登録する前に、

  • レジュメ(職務経歴書や履歴書)を見直す
  • プロフィール欄を充実させる

などアピールできる部分はないか再度チェックしてください。

TOEICや簿記、MOSなどを勉強することも視野に入れ、いきたい業界に転職できるよう準備する時間をとることも検討してください。

type転職エージェントに断られた次に登録すべき転職エージェント

type転職エージェントに断られた場合に登録すべき転職エージェントを2つご紹介しますす。

ワークポート
type転職エージェントに断られた場合、次に登録すべきはワークポートです。
知名度では遠く及びませんが、未経験の転職に強く東京・大阪・福岡・仙台など大都市に拠点をおいています。
type転職エージェントに断られたのは経験のなさかな?という人は登録してください。
登録すべし度
取扱求人 IT・Web業界に強い
ポイント 未経験業種に強い

詳細ページワークポート公式HP

ここならあるかも!リクルートエージェント
業界イチの求人を抱えているといっても過言ではないリクルートエージェント。相談だけでも可なのに加え、取り扱い求人は外資まで網羅する手広さです。あなたの希望する求人も、リクルートエージェントならある可能性が大です。
登録すべし度
取扱求人 国内のみならず外資まで網羅。得意不得意がないほど求人を抱えている。
ポイント 求人数、知名度共に申し分なし。

詳細ページリクルートエージェントHPト

対策2 転職エージェントを使わずに転職する

type転職エージェントに断られて転職エージェントなんてクソ喰らえと思っているなら、転職エージェントを使わないで転職活動をするというのも1つの方法です。

転職サイトをフル活用して転職するステップ

転職エージェントだけでなく転職サイトに登録しても非公開求人はみられます。

さらにスカウトサービスや、希望条件を登録しておけばメールがくるサービスを利用すれば忙しくても求人を見逃すことはありません。

  1. 転職サイトに登録する
  2. 希望条件を登録
  3. 職務経歴書、履歴書を書き込む

この3ステップで転職エージェントをつかわずに転職活動をすることができます。

職務経歴書や履歴書、保有スキルなどは掲載案件をじっくりみながら、資格を追加したり、書ける職務経験をしっかり書いたりと、レジュメを充実させていってくださいね。

徐々に経歴をしっかり書き込んでいきましょう。

3ヶ月で転職する!と自分で転職スケジュールをたてることも忘れないでくださいね。

転職エージェントを利用しないなら登録必須転職サイト

転職活動をすべきか迷ってるうちから登録しておきたいのがリクナビNEXT

国内のみならず外資企業、あらゆる業界をとりあつかっている知名度ナンバー1の転職サイトです。

転職サイトとしての機能も充実していて、

  • 待ってるだけで求人が来るスカウト機能
  • 提携転職エージェント保有の非公開求人もみられる
  • 希望求人のメール通知機能
  • 精度の高さが話題の適職診断「グッドポイント診断」

登録すると無料でこれだけ使えます。

パソナキャリアに断られたとしても、貴女が転職できる就職先はリクナビNEXTならきっと見つかります。

対策3 転職をきめた気持ちを忘れない 転職計画を練り直そう

せっかく転職しようと思い立ったのにtype転職エージェントに無視されてしまうとめげますよね。

なにがやってミィじゃ!と怒りたくなる気持ちもわかります。

でもあなたが転職をしたかった理由は、転職活動を仲介する業者の一言であきらめられる程度のものだったのですか?

どうせだめだ、やっぱりだめだ、転職なんでできないんだ、そう思って殻に閉じこもって我慢を続けて、病気になるまで今の仕事をしますか?

転職活動はみんな、不安を抱えながらやっています。

一度は変えようと思った人生、かえずに終わりますか?それとももう一歩、頑張ってふみだしますか?

type転職エージェントに断られて焦るとは思いますが、ここはぐっとこらえて転職までの計画を練り直してみましょう。

  1. 転職サイトに登録し、転職市場をチェックする
  2. 今の会社で部署異動を依頼し、経験を積む
  3. アピールになる資格をとる

ポイントは転職サイトでチェックした求人の応募条件から、自分に足りないものを逆算する方法です。

少しでも経験があれば転職できそうなら、今の会社で部署異動を依頼したり、マネジメントの立場へ行けるよう頑張ってみる、というように長期的に理想をかなえるプランを考えてください。

無計画に仕事を失うと、焦りや自身喪失につながります。

確実に転職できるように、しっかりと転職プランを練ってくださいね。

転職サイトで求人をチェックする

 

他のおすすめ転職エージェントをみにいく

 

 

ABOUT ME
さちこ
さちこ
管理人のさちこです。28の時に給料ダウン&ブラック体質な職場に失敗転職。それから四苦八苦の上再度転職して、現在は役員秘書をさせていただいております。