転職活動のやり方

仕事やめたいけど次が決まらない女性のための対処法 転職に焦りは禁物

The following two tabs change content below.
さちこ

さちこ

管理人のさちこです。28の時に給料ダウン&ブラック体質な職場に失敗転職。それから四苦八苦の上再度転職して、現在は役員秘書をさせていただいております。

次の仕事が決まったらやめようと思ってるのになかなか決まらない…

今の仕事をやめたいのに、次の仕事がみつからなくて焦る

気持ちばかり先走って、ここ以外働くところないのかなって思ってしまいますよね。

まず最初に伝えたいのが「次決まってないなら今の仕事を続けてください」ということ。

体調に異変がある、精神的につらい、という場合は休職制度を利用してでも続けてください。

次が決まっていないのにやめてしまうと、そこからスライダーのように人生転落が始まる危険があります。特に女性は!

焦りは禁物です。

この記事で頭を整理し、これからすべきことをはっきりさせてください。

女性が次の仕事が見つからないのにやめてはいけない理由

まず最初にお伝えしたいのですが、今働いている貴女はえらいです。

もう本当にすごい。

今の仕事の給料が安かったり上司がクソだったり女帝のような女の先輩がいたり、生意気な後輩に皮肉を言われたり、他にもいっぱいつらいことがあるかもしれない中働いている貴女はえらいです。

でも次の仕事が見つからない段階で仕事をやめるのは禁物です。

理由は

  • 転職できるだけのスキルが貴女に準備されてない
  • 次の仕事がみつからないままでやめてしまうと、不安から焦りが生まれる
  • 派遣社員、アルバイト、単発バイト、とどんどん落ちていくリスク
  • 金銭的に困り、さらに人生転落するリスクがある

という感じです。

女性の社会進出とか男女平等って言われていますが、社会的立場は女性の方が弱いのが現実です。

とくに独身女性で一人暮らしで無職となると、それこそスライダーのように人生転落していきかねません。

女性は感情がゆれやすいため、自身がなくなり見た目もやつれ、さらにネガティブになっていく…という悪循環に陥りがちなんです。

次が決まっていなくてもやめていいケース
  • 社内の人にストーカーされている
  • 給料が払われない

私生活がおびやかされる危険がないならば、今の仕事を続けた方がベターです。

積極的に休職制度を利用してください。

次の仕事が見つからない時に考えること 貴女にとって仕事とはなにか

今の仕事やめたい、でも次の仕事がみつからない…と途方にくれるときは逆にチャンスだと思ってみるよゆうはありませんか?

今の仕事がいやだなあ、もっと楽に生活したいなあという気持ちは決して悪いことではありません。

むしろ逆で、理想があるから嫌だという感情が生まれるんです。

だから今の仕事やめたい…というときは、ちょっと立ち止まって自分の理想などんなことなのか考えてみてください。

貴女にとって仕事とはどんなことですか?

このサイトに体験談を寄せてくれた人に聞いた「貴女にとって仕事とは?」

  • 家族の次に大事なもの
  • 良いことも悪い事も含めて人としての経験値をあげてくれるもの
  • 人生を豊かにするもの
  • 仕事とは人生かけての勉強で正解は最後まで見つからない
  • お金と時間と余裕と幸福を生むもの
  • 人生の充実度
  • 生活に必要なお金を稼ぐこと

貴女にとって仕事とはなんですか?

絶対譲れない条件など、貴女の中にある基準を明確にしてくださいね。

やめたいのに次の仕事がみつからなくても焦らない

次に。仕事やめたい時に次の仕事がみつからない時、決して焦らないでください。

  • こんな私でも雇ってくれるところならいい会社だ
  • 内定のまえに個別に話すことがあるからって夜ごはんに誘われた
  • 面接でなんか違和感あったけど転職したいから決めてしまおう
  • 正社員は無理だけどアルバイトからスタートって言われた。いずれ正社員って言ってるしいいか…

焦りはこういった判断ミスにつながります。

焦って判断ミスをして転職しても、結局あるのは今以上の地獄です。

また仕事探さなきゃ…と貴重な女時間をすりへらしてしまい、今よりもつらい毎日が待っている可能性が高いんですよ。

変わりたい、もっと私らしく働きたいということは決して間違っていません。

でも決して焦ってはいけないんです。

次の仕事がみつかるまで探し続ける重要性

次の仕事みつからない…、今の仕事やめられない…とため息の毎日が続く気分がめいりますよね。

次の仕事を探している状態って、頑張ってます。

だから見つからないってため息をつくのではなく、見つかるまで探す!というように考えてみてください。

貴女のメンタルに悪影響なのは、「今の仕事をやめられない私」という自己否定です。

次の仕事を探しているという時期を、「いつでもやめれる私になる」努力をしていると捉えてみてください。

転職はいつでもできるように準備しておくことが大切

いつでもやめれる私になるため、転職はいつでもできるように準備しておくことが大切なんです。

理由は3つ。

順番に説明しますね。

理由1.急な転職はブラック企業を選んでしまいやすい

たとえば見知らぬ土地に1人で異動を命じられた、という場合。

現実的に転職期間は3ヶ月がリミットです。

表向き1度異動を受け入れ、引き継ぎをしている中で転職活動をする、というハードスケジュールになるわけです。

40代後半の男性社員でもこのケースはよくみられます。

いきなり転職という場面になった時、焦りが生まれて本当に致命的な判断ミスにつながります。

理由2.資格取得やスキルを詰むのは時間がかかる

準備が大切な理由二つ目は資格取得などの必要スキルを身につけるのには時間がかかるということ。

簿記やエクセル、ワードの資格をとるのはだいたい1ヶ月。

Webデザイナーになるためのスクールに通っても短くて1ヶ月。

またクラウドソーシングで仕事を請け負ってみるのもスキルになりますが、目に見える成果に達するには時間がかかります。

けれど貴女の市場価値を底上げする大切な時間です。

理由3.女性はほんとにすぐにやめざるをえない時がある

先の異動もそうですが、女性は本当にすぐやめざるをえない時があります。

  • 上司が貴女をストーカーするようになった
  • お局、女帝からの嫉妬が一線をこえた
  • 夫の転勤、親の介護など仕事より大切なもののため

とくに職場での痴情のもつれはかなりの危険をともないます。

引っ越しをせざるをえなくなったり、会社にかけあっても一方的に悪者にされたりということもありえます。

女社会でこじれるとややこしい状態になることもめずらしくなく、会社にいたくてもいづらくて仕方ないということになりかねません。いや本当に。

だかいつでもやめられる私になっておくための転職の準備が大切なんです。

貴女らしく働けることを重点的に探すべき

「いつでもやめられる私」はゴールではないですよね。

貴女が目指すべきは、貴女らしく働ける仕事を手に入れていること。

今の仕事をやめるための次の仕事ではなく、貴女らしいライフスタイルを過ごせる仕事を探さないとダメですよ。

体験談をいただいている女性たちは、みなさん仕事を変えることでプライベートの充実を取り戻しています。

貴女らしく働くことを目的にすると、今すぐ次の仕事がみつからなくても仕方がないと思えませんか?

だって貴女らしく働ける仕事にまだ出会えていないっていうことなので。

貴女のために貴女が次の仕事を探し続けましょう。

今できる!次の仕事を見つける対策

さて、じゃあ一体どうすればいいの?具体的にどうすれば??ということについて説明しますね。

  1. できること、できそうなこと、強みを洗い出す
  2. 働き方を考える 派遣社員でしのぐか絶対正社員がいいのか
  3. 転職活動を見なおす

1.自分ができること、できそうなこと、強みを洗い出す

得意なことでなくても大丈夫です。

貴女ができること、できそうなことを考えてみてください。

  • 接客は性格的にどうか
  • 立ち仕事はどうか
  • ずっと座りっぱなしの仕事は?
  • 細かい作業はできるか
  • 静かなオフィスにいるのは苦痛ではないか
  • タイピングは意識しなくてもできる
  • データ入力は得意
  • 人と話す、売り込むのは苦にならない

など貴女が無理せずできることを洗い出してみてください。

好きなことではなく「できること・ちょっと頑張ればやれそうなこと」を考えてみてください。

だからこそまず自分の特性を知って「できるだけ努力しなくてもできること」をチェックしてみてください。

参考適職を見つけるため!圧倒的じぶんの長所、短所を知って1分でアピールする診断5つ

2.派遣社員か絶対正社員かを考える

次に雇用形態をもう一度考えてみてください。

絶対に正社員じゃないとダメですか?

もちろん正社員で働くのが一番安定なんですが、今の仕事をどうしても早くやめたい!という場合は派遣社員で一時的にしのぐという手もあります。

最終的に貴女が得たいのはどんな生活かを忘れないで、次に何をすべきか考えてください。

正社員のメリット

正社員のメリット

  • やめさせられにくい
  • 厚生年金なのど社会保険がある
  • 長く働ける
  • 社会的安心感

そのかわり正社員にはデメリットもあります。

  • 仕事の責任が重い
  • 異動で仕事内容、働く場所が変わる
  • やめづらい

異動については、引っ越しするほどではない距離で働く場所が変わることがあります。

支所、支店の異動ですね。

また社内のつきあいも多くなり、バリキャリの女性が家庭を犠牲にして働いている会社だったりすると貴女だけ定時で帰ったり飲み会不参加がしにくかったりします。

ただ正社員という安心感は大きいので、本格的に仕事に復帰しよう!と思っている場合は正社員での再就職をおすすめします。

派遣社員のメリット

なりたい仕事があり、実務経験をつむためなら派遣社員もありです。

今の仕事が嫌だからとりあえず働ける派遣社員ならいいや!と焦って選択するのはおすすめしません。

ちゃんと貴女が目指す目的があって派遣社員を選ぶならアリです。

独身高齢一人暮らしで派遣社員だとちょっと…となりますが、いっとき実家を頼り目的を達成したらまた一人暮らしを始める、という計画をしっかり立ててくださいね。

派遣社員はメリットとして

  • 勤務地を選べる
  • 仕事内容も事前にはっきりとわかる
  • ダメならすぐ次を探せる
  • プライベートの時間がとりやすい

ということが挙げられます。

勤務地が選べ、仕事内容が事前にはっきりわかるのはかなりのメリット。

じつは収入も正社員とあまりかわりません。

デメリットは

  • 更新が3ヶ月ごとと短いと長く働けない
  • 代替要員だと用が済むと容赦無く切られる
  • 交通費が自腹

産休社員の代わりという需要もあるため、長く働こうと思ってもできない面が大きいです。

無期雇用転換制度もできましたが、無期雇用に変わる前に契約終了となることが多いようです。

ただ仕事ぶりが認められるとそのまま正社員になるというルートも珍しくないので、仕事内容をしっかり見定めて、貴女の人生に必要な経験だと思ったら派遣社員で働くことも視野にいれてくださいね。

3.転職活動を見なおす

最後に転職活動を見直しましょう。

  • 転職エージェントを使っていなかったら使ってみる
  • 転職エージェントを変えてみる

いきなりガツガツしなくても大丈夫。

ちょっとずつ変えてみましょう。

転職エージェントを使っていなかったら使ってみる

転職エージェントを使ってみましたか?

登録すると連絡がうるさそうだし、相談ってちょっと行きづらくて利用していなかったという状態なら、ここはひとつ勇気をだして登録してみましょう。

おすすめは「女性が利用するべき転職エージェント 口コミふくめて評判のいいとこ徹底解説」で説明しているので、チェックしてみてください。

 

転職エージェントを変えてみる

今まで使っていた転職エージェントがあるなら、メインで使う転職エージェントを変えてみてください。

などは全国に支店があります。

貴女の行きやすいところに転職エージェントの支店があったらラッキー。

転職エージェントは利用が無料、そして私のスキルでもできるかな?という相談を歓迎しています。

つまりまだしたい仕事が決まっていなくても相談に行っていいんです。

もっとぶっちゃけると相談だけでも利用してOK!

キャリアの棚卸しや希望する仕事についての求人情報なども聞けます。

転職エージェントは担当者の相性が大切。

頼れる人担当者を見つけたら、本音をぶつけて理想の転職先を探してもらってください。

転職エージェントについては以下の記事を参考にしてくださいね

リクルートエージェントは転職相談だけで利用してもいいの?賢く利用する方法を徹底解説

【正社員希望必見】パソナとパソナキャリアの違いを知らないと派遣を紹介されるかも

マイナビエージェントは転職相談だけで利用してもいいの?賢く利用する方法を徹底解説

また、今使っている転職エージェントと他の転職エージェントの比較もしてみてください。

こっちのほうがいいかも!と気がつくかもしれません。

リクルートエージェントvs doda 女の転職に強いのはどっちか求人の量と質を徹底比較

リクルートエージェントとパソナキャリア 女の転職に強いのはどっちか詳細比較

doda vs パソナキャリア 女の転職に強いのはどっちか求人の量と質、評判を徹底比較

今の仕事がやめたいのに次の仕事がみつからない…あきらめないこと!

今の仕事をやめたいのに次がみつからない時って、お先真っ暗な気がしてめいってしまいますよね。

転職すらできない自分に自己嫌悪して、どこにも採用されない自分に自己嫌悪して、どんどん暗くなっていませんか?

でも貴女は今、働いてるんですよね。

それだけでも貴女は十分えらいんです。

次の仕事みつかるまでは頑張ろうっていう姿勢、普通ではないんですよ?

今(面白くないかもしれないけど)仕事がある、毎月給料もある、住むところがある、という今の生活のいいところも無視しないでください。

職場で貴女に声をかけてくれる、気にかけてくれる人、いませんか?

悪いところばかりみないで、ちょっとでもいいところを見つけられれば気持ちが前向きになります。

前向きになれれば新しい仕事を見つける気力も湧いてきます。

貴女の行動は間違っていません。

ABOUT ME
さちこ
さちこ
管理人のさちこです。28の時に給料ダウン&ブラック体質な職場に失敗転職。それから四苦八苦の上再度転職して、現在は役員秘書をさせていただいております。