転職エージェント

転職エージェントとの付き合い方 想像以上の案件を獲得する方法 

The following two tabs change content below.
さちこ

さちこ

管理人のさちこです。28の時に給料ダウン&ブラック体質な職場に失敗転職。それから四苦八苦の上再度転職して、現在は役員秘書をさせていただいております。

転職エージェントって登録したとしてどう付き合えばいいのか、

転職ってはじめてする人には結構な一大事なので、うまくやりたいという気持ちと同時に失敗したくないっていう気持ちもありますよね。

わたしは色々と下調べが足りずに転職に一度失敗しました。

経験をいかして、はじめての転職で知っておくべきことと、転職エージェントの使い方をまとめました。

どんな人が転職エージェントを使うべきか、と、想像以上の転職を成功させるための転職エージェントの使い方をお伝えします。

女性が利用するべき転職エージェント 口コミふくめて評判のいいとこ徹底解説転職に失敗しないためには、複数の転職エージェントを利用するのが大事。 とはいうものの、たくさん登録すればいいってもんでもないし、個...

転職エージェントとの付き合い方 転職サイトとの違いを知っておく

いざ転職活動をしよう!とするとき、転職サイトと転職エージェントどっちを使おうかな、と迷いますよね。

まず知っておきたいのが、転職サイトと転職エージェントの違いです。

転職サイト 転職エージェント
求人の
探し方
サイトを見て自分で選ぶ 担当者に適正にあうものを紹介してもらう
応募 サイトから自分で応募 担当者を通して企業に応募する

  • 履歴書や職務経歴書のアドバイスあり
  • 事前に通過
スケジュール 自分で調整 担当者が面接日程を設定、管理
入社時交渉 自分でやる 担当者を通して交渉
どうやって儲けてる? 掲載料 紹介料

利用はどちらも無料。

大きく違うのは

すべて自分で判断するかどうか

です。

自分で転職案件をチェックして応募すのが転職サイト、担当者から転職案件を紹介してもらうのが転職エージェントなんです。

転職エージェントは、人を採用したい企業から求人を集めた求人と転職希望者をマッチングが主な業務。

採用した企業から転職エージェントは報酬をもらっているんだな、ということを知っておいてくださいね。

転職エージェントは誰から報酬を得るかというと

  • 転職希望者 無料で利用
  • 採用希望企業 有料で利用

転職エージェントと賢く付き合うために、転職エージェントが誰から報酬をもらっているかは頭にいれておいてくださいね。

転職エージェントは、転職サイトと違い、企業に人を入社させるのがお仕事なんです。

転職エージェントとは付き合い方次第 利用で得られるメリット

転職エージェントのメリットでよく言われるのが

  • キャリアカウンセリングで希望を明確にしてもらえる
  • 自分の適正や適職、キャリアの棚卸しなどを手伝ってもらえる
  • 希望や適正にあわせて非公開求人を紹介してもらえる
  • 希望の転職先へのおおよその通過率がわかる
  • 希望している企業の内部情報(企業風土、昇進制度、残業時間など)
  • 面接や入社日などの日程調整を任せることができる
  • 履歴書、職務経歴書の添削や修正アドバイスがもらえる

という感じですよね。

転職エージェントによって少しずつ差がありますが、だいたいこんな感じのメリットがよく言われています。

ただし、これは転職エージェントとの使い方次第だと考えてください。

転職エージェントは、転職させた人がすぐ辞めてしまったら企業から報酬がもらえない、という取り決めをしているところがほとんどです。

つまり転職希望者の性格や転職理由を知らずに企業を紹介することができないんです。

なぜならミスマッチになり、結局早期退職になってしまう可能性が高くなるから。

ということを踏まえると、転職エージェントは

  • 転職エージェントは企業が求めている人の条件はよく知っている
  • 企業が求めている人の条件に会う人を、転職希望者の中から探している

という仕組みになっているということがわかりますね。

性格やこれから成長する見込みも、人の採用には重要な要素です。

だから転職エージェントは転職希望者とのカウンセリングを無料でしっかり行います。

転職エージェントのメリットは付き合い方がとても大切になってくる、というのはこういった背景があるからなんです。

転職エージェントとの付き合い方心得 転職を任せっきりにしない

先ほどお伝えした通り、転職エージェントは企業から報酬をもらっています。

お客様は無料登録する転職希望者ではなく、企業です。

とすると、転職エージェントのメリットとしてよく言われる「転職活動を全部任せられる」ということが危険だとおわかりになると思います。

今の仕事がいやだ、とにかく良い転職先を見つけてもらおう!という気持ちで転職エージェントと付き合うと

  • 転職成果のために、入社を急かされる
  • 採用を委託されている業界についてをやたら良い説明がある
  • 今の仕事が辛いからすぐ辞めそう(転職決断が早い)と判断され、優先的に対応される

ということになりかねません。

今の仕事が本当に嫌、つらい、転職エージェントの担当者ならなんとかしてくれるに違いない…!という気持ちで利用登録すると、とにかく人手が足りていない企業に転職することになるかもしれないのです。

そこは必ずしも貴女の理想の職場とは限らない、ということは明らかですね。

転職エージェントに転職活動の全てを任せっきりにしてはいけません。

転職エージェントとの付き合い方心得 若い時ほど注意

20代〜30代前半は転職できる時期だとよく言われますよね。

なぜかというと

  • 長く働いてくれる可能性がある
  • 企業風土に馴染ませやすい

という企業側のメリットのためです。

だから女性は面接の時に

  • 彼氏はいるのか、結婚の予定はないか
  • 結婚しているのかどうか、子どもの予定はどうか

など男性より生活に踏み込んだ質問をされるんです。

それでも若い人ほど転職はさせやすいという風潮があるので、若い人ほどいろんな転職先が提案されます。

第二新卒やアラサーの方は、とにかく転職先を…!というやみくもな気持ちで転職をすることはやめてくださいね。

転職エージェントと付き合う時に、ご自身のことを年齢だけで見られていないか、よく観察してください。

成果をだすための転職エージェントとの付き合い方

メリットを打ち出している転職エージェントが多いのでまず注意点についてたくさんお伝えしましたが、転職エージェントはうまく付き合うことができれば、メリットがあることは間違いありません。

自分の判断だけで転職活動するより、はるかに理想にはまる転職先を見つけることも可能です。

転職で成果をだすための転職エージェントとの付き合い方のポイントは2つです。

  1. 転職エージェントも仕事だと知って付き合うこと
  2. 転職エージェントでとは本音で付きあうこと

という2つのポイントについて知っておけば、少なくとも転職エージェント都合の転職をせずにすみますよ

付き合い方1.転職エージェントも仕事

転職エージェントとの付き合い方ですが、先ほどお伝えした通り依存してはいけません。

ぜんぜん紹介してくれない、希望を全然きいてくれない、連絡をくれない、放置される…などはよく聞かれる転職エージェントが最悪と言われる理由ですね。

ですがこの悪評はすべて転職エージェントに過度な期待を抱き、依存したから出てきたこと。

転職エージェントのお客様は企業であることを考えると、転職できなさそうな人は後回しになりますし今採用を急いでいる企業の対応が優先されます。

転職エージェントは仕事をしてるのであり、ボランティアで貴女の転職の手伝いをしているのではないということをしっかり頭において付き合うようにしてください。

転職エージェントも仕事をしている、と思って付き合えば

  • 合わない求人をすすめられた→ああ、この企業が求人急いでるんだな
  • 連絡がしつこい→転職させやすいということか。他の転職エージェントにも登録して非公開求人もらってみよう
  • 履歴書、職務経歴書を、入社しやすい内容かどうかチェックしてもらおう
  • 給与条件、勤務条件、昇給規定は直接企業には聞き辛いから転職エージェントに聞いてもらおう
  • 応募書類の提出や面接スケジュール管理は、完全に任せてしまおう

といった利用が可能になります。

相手も仕事、と思っておけば、過度に期待もしないですし冷静に状況判断ができるようになります。

転職活動の権限は自分にあって、自分でコントロールしているということを忘れないでください。

転職エージェントには依存せず、適度な距離をもって付き合ってくださいね。

付き合い方2.転職エージェントとは本音で

適度な距離をおく必要はありますが、転職エージェントの担当者相手にかけひきは無用です。

まず本音で話しましょう。

転職エージェントの併用についても、比較している時なら「今どこをメインで使おうか迷ってます」と答えてOKです。

転職エージェントの担当者によっては、名前が出た転職エージェントの悪いウワサを話し始めたり希望案件はウチにしかない、と引き止める人もいます。

人間性がでたな、と思ってその転職エージェントの利用は控えましょう。

良い転職エージェントの担当者は、客観的に他社と比較した自社の強み・弱みを教えてくれます。

また他社で応募している案件や自分で応募した案件を踏まえて自社で応募する案件をスケジューリングしてもらう、ということも可能になります。

そして自分の希望、転職したい理由を本音で話しておけば、と採用意欲だけが高い企業をすすめられない事にも繋がるんです。

今の会社を本当にやめたい理由→同じことがありそうな会社はすすめない

ということですね。

転職エージェントと賢く付き合ってデメリットを防いで

転職エージェントはうまく使えば自分だけでは見つけられない求人を見つけることができます。

ただなんとなくで登録し、上部の情報だけで転職エージェントと付き合うと転職がうまくいきません。

転職エージェントのお客様は企業、ということを忘れることなく付きあってください。

そうすると、転職エージェントの担当者と話すことは、企業との面接の練習になります。

本当に転職したいのか自分と向き合う事にもなります。

でも転職エージェントは転職先の企業そのものではないので、転職活動をしてみたけれどやっぱり転職はしないでおこうとなってもいいんです。

そして転職エージェントは何社利用するのも自由。

転職エージェントを渡り歩くのも自由です。

実際の転職応募や面接だと、こうはいかないですよね。

でも社外の人と自分のこれからについて真剣に話すことで、自分の人生を省みる機会になります。

転職エージェントのビジネスモデル、背景をしっかり頭に入れたら転職エージェントを味方につけることができます。

実際に試して、貴女の想像以上の転職を実現させてくださいね!

女性が利用するべき転職エージェント 口コミふくめて評判のいいとこ徹底解説転職に失敗しないためには、複数の転職エージェントを利用するのが大事。 とはいうものの、たくさん登録すればいいってもんでもないし、個...
ABOUT ME
さちこ
さちこ
管理人のさちこです。28の時に給料ダウン&ブラック体質な職場に失敗転職。それから四苦八苦の上再度転職して、現在は役員秘書をさせていただいております。