転職活動のやり方

転職エージェントに聞くな キャリア面談でで貴女が着ていくべき服装の正解

The following two tabs change content below.
さちこ

さちこ

管理人のさちこです。28の時に給料ダウン&ブラック体質な職場に失敗転職。それから四苦八苦の上再度転職して、現在は役員秘書をさせていただいております。

転職エージェントって登録したら何着て面談に行けばいいの?って気になってませんか?ちょっと検索してみると「転職エージェントに聞いたキャリア面談で着ていくべき服装」なんていう記事がたくさん出てきますよね。

でもちょっと待ってください。

転職エージェントはあなたの転職先の人ではありません。転職エージェントは転職をサポートする役割の人。

だから彼らに好印象を与えるための服装ではダメなんです。転職エージェントに聞いたって「なんでもいいよ(私服でいいよ)」って言いますよ。

わたしは支店長や役員の秘書をしている仕事柄、仕事における服の大切さを身をもって知りました。転職エージェントの面談に無難なスーツスタイルでいくなんて大失敗。そこで面談に着ていく服装で、転職を成功させる材料を転職エージェントから引き出す方法をお伝えします。

転職エージェントは転職サポートする人!

転職エージェントとの転職面談で何をきていくか迷う気持ちはわかります。失礼のないようにしたいはわかりますが、「転職エージェントに好印象を持ってもらいたい」という視点で何を着て行こうか迷うことはやめてください。

最終的に貴女に好印象をもってもらうべきは、希望の転職先企業です。

転職エージェントはあくまでも貴女の転職を全体的にサポートするのが役割。転職エージェントの顔色をうかがうことは意味がありません。

主役は貴女です。

女が転職エージェントとの面談で着ていく服は「理想」

転職エージェントの面談で貴女が着ていくべきは、この格好で働きたいと貴女が思う服装です。

女のビジネスファッションは範囲が広い

男性のビジネスファッションはほとんどスーツですよね。でも女のビジネスファッションって範囲がものすごく広いんです。これは仕事OKかな…?て悩んだこと貴女もありませんか?

  • パンツスーツ(パンツはフルレングス、9部丈、ワイドetc)
  • スカートスーツ(タイト?フレア?)
  • ワンピースタイプ
  • ノーカラージャケット
  • ボタンのないジャケット
  • ビジューつきの上着

女のスーツスタイルだけでもこれだけバリエーションがあります。他にオフィスカジュアルを含めるともっと種類がありますよね。

女のオフィスファッションは幅が広いだけあって、どんな格好で仕事をするかはモチベーションにもなるし好印象をもってもらう材料でもあるんです。

職種によって服装規定・オフィスファッションの厳しさがある

男性なら業種ごとにスーツのタイプが違う…なんてことはまれだと思いますが女は違います。社風や職種によって、女に求められるオフィスファッションは違っているんです。

わたしの経験した証券、公益法人、一般企業で比べてみても

  • スーツ生地でもワイドパンツは不可
  • 9部丈パンツ不可
  • 無地でもTシャツは不可
  • フレアスカートが職場で浮く(ダメじゃないけどみんな履いてない)

こんなに差がありました。同じ営業でも金融系はかっちりめ、一般企業だとかわいめもあり、など違いがあるんですよね。

タイトスカートでもカーキで厚手のコットン地だとカジュアルに見えますがOKだったり、ネイルの色もパステルはOKなところ、ピンクしかダメなところなど様々でした。

ある企業はワイドパンツなだけで呼び出されて注意されるほど。そんな社風のところは嫌じゃないですか。服装に厳しいかどうかだけでも、社風は伺い知れるものなんです。

女は働きたい格好を材料にしないと転職先で苦労する

女は女を観察しています。本当によくみてます。その服よく着てるよね、とかあの人はあのブランドの服が好き、など貴女も知らずのうちに同僚のファッション傾向を把握してません?

どんな仕事でも女は共感を大切にします。そしておしゃれな人が好きです。

つまり場にあったおしゃれができないと非常になじみにくく、孤立してしまうんですよ。職場の人間関係のために、スカート派なのにパンツスーツを履いて仕事をしていたら気が滅入りますよね。

シンプルなスーツにアクセサリーは大きめをつけたいのに、職場の規定のため小さいアクセサリーをつけざるをえなかったら、貧相な気持ちになります。

女は自分が生き生きできる服で働けないと、せっかくやりがいのある仕事に出会っても本来の輝きを出せないことになるんです。

貴女が働きたい格好をして転職エージェントと面談するとわかることが増える

転職は理想を叶える手段です。だからこそ転職エージェントとの面談には「貴女が働きたい格好」をしていきましょう。

「こんな感じの格好で働きたいんです」と転職エージェントに言う

もちろん転職エージェントの面談の時に服装規定があまり厳しくないところで働きたい、という希望を伝えることはできます。

でも「服装規定があまり厳しくない」をいう定義は言葉だけでは伝わりにくいんです。人によって基準も違うし、社によってはゆるいつもりが貴女にとっては厳しすぎたっていうこともあるから。

だったら貴女を企業に斡旋する転職エージェントに「こんな格好で働けるところがいいんです」と服装を見せた方がはるかに希望が伝わります。

服装に対する転職エージェントの反応で企業への詳しさがわかる

「そのくらいなら大丈夫じゃないですか?」と転職エージェントがいう場合は要注意。転職先企業にあまり詳しくない可能性があります。

  • 最初はスーツが無難ですが、そのくらいの格好なら浮かない雰囲気の職場ですよ
  • 女性はみなさんアクセサリーをつけてる会社なので、今してきていただいたようなものなら問題ないようですよ
  • そこはめっちゃくちゃ服装厳しいですよ。ヘアアクセサリーはシュシュもダメなようです。

このくらい言ってくれる、または調べてくれると転職希望先の企業とエージェントが信頼関係にあることがわかりますよね。

女は好きな服装をすることで、転職エージェントとの相性もわかりやすくなる

「こういう服装で働ける会社に転職したいんです」と女の貴女が相談したにも関わらず、「はあ…、服が大事なんですか?」というような反応が返ってくる転職エージェントなら、貴女との相性はあまり良くないかもしれません。

  • 転職した後の貴女の働くイメージを軽視している
  • 女の仕事におけるファッションがそれだけ重要か理解していない

と言えるからです。とはいえこれだけで相性悪いと決めつけることなく、他の相談内容もしっかり聞いて判断してください。もしかしたらすごい交渉上手で高給をもぎ取ってくるかもしれません。

服への反応はまちまち だからこそ複数の転職エージェントとの面談をすべき

転職エージェントとの面談時は「貴女がこんな服装で働きたい」と思えるオフィスファッションが正解というのが職を渡り歩いた私の持論です。

「オフィスでどんな服装で働けるか」を転職先の雰囲気を知る手立てとして使う価値は大きいと思いますよ。

でもやはり服装のセンス、好み重要度は人によって偏りがあるもの。そして主観的な意見になりがちです。

だからこそ複数の転職エージェントと面談してください。

  • より客観的な意見を仕入れるため
  • より貴女をわかってくれる人に転職サポートしてもらうため

複数の転職エージェントを使うと言っても、やり方は簡単。以下の簡単な3ステップでOK

貴女が好きな服装で働ける職場に出会えることを願って。

 

 

 

ABOUT ME
さちこ
さちこ
管理人のさちこです。28の時に給料ダウン&ブラック体質な職場に失敗転職。それから四苦八苦の上再度転職して、現在は役員秘書をさせていただいております。