リクルートエージェント

リクルートエージェントは転職相談だけで利用してもいいの?賢く利用する方法を徹底解説

The following two tabs change content below.
さちこ

さちこ

管理人のさちこです。28の時に給料ダウン&ブラック体質な職場に失敗転職。それから四苦八苦の上再度転職して、現在は役員秘書をさせていただいております。

転職すべきか迷ってる段階でリクルートエージェントなんて大手にいきなり登録してもいいのかな、と迷いませんか?

まだ転職するかどうかまでは決めてきれない、そもそも転職で給料あがるかとか働きやすくなるかとか、今の私でどれくらい希望があるかを知りたいの、て気持ちわかります。

転職相談はプロにしてみしたいけど、転職エージェントに相談だけ…なんて言ったら面談も断られるかもしれないって思いますよね。

リクルートエージェントなんていう大手、相談に行ってみたいけど相手にしてもらえるかな、という不安のために

  1. 転職相談だけでも利用できるのか
  2. 相談にのってもらうための賢い利用方法

の2点をまとめました!

転職エージェントは相談だけでもいい?リクルートエージェントの場合

まずは転職活動すると絶対避けては通れないほど耳にするリクルートエージェントについて。

転職エージェント、最近はたくさんありすぎますからね。

まず相談に行く価値のあるところから説明します。

リクルートエージェントは転職相談だけでも可!

リクルートエージェントに確認したところ、転職相談だけでも可というお答えをいただきました。

転職相談だけ可の理由も伺えました。

そもそも最初は相談からはじまるのが転職エージェントのサービス

リクルートエージェントのような転職エージェントは、まず求職者から話を聞くことから始まります。

相談を必要としない人は、自分で転職先を探して就職していきますよね。そういう人は転職エージェントに相談しないんです。

転職エージェントを利用しようとする人は、

  • 転職できるスキルや強みを客観的に判断してほしい
  • 非公開求人から合う仕事を紹介してほしい
  • 転職活動をサポートしてほしい

とアドバイスをもらいながら転職活動したい人。

アドバイスはカウンセリングしないとできませんよね。だから転職エージェントは「相談ありき」のサービスなんです。

相談できても必ず求人を紹介してもらえるわけではありません。

転職しても後悔しないか、したほうがいいのか、相談しないとわからない

転職エージェントは転職を後押しする仕事といっても、給料ダウンするところに無理やり転職させたり残業の多いブラック企業に転職させたり、ということは避けています。

いくら仕事とはいえ、悪い条件での転職実績は企業のためにも転職した人のためにもなりません。

リクルートエージェントの転職面談では「転職しないほうがいい人の転職は止める」方針とのこと。

そもそも転職を止めるも勧めるも、その人自身のことをよく聞かないとできません。

だから「まず相談に来てほしい」というのがリクルートエージェントの本音なんです。

相談に来てもらわないと求人も紹介できません。

\無料で転職相談/
リクルートエージェントに登録

リクルートエージェントで転職相談だけ賢く利用する方法

リクルートエージェントが転職相談だけOKといっても、慈善事業じゃないので気軽すぎるのは禁物。

きちんと相談にのってもらい、リクルートエージェントのノウハウを教えてもらいましょう。

リクルートエージェントの面接設定時に「相談だけ」とは言わない

最初から「相談だけ」というと転職する気ゼロと思われる

リクルートエージェントに登録すると、転職面談設定の連絡がきます。

最初から「相談だけで転職する気はない」とは伝えないほうが賢い選択。

いくらリクルートエージェントでも「相談だけ」で転職する気ゼロの人には素っ気ないです。あくまで転職を検討している、というていで相談にいくべき。

もし相談だけで利用したいとしても、最初から転職する気はないというのは失礼ですからね。

相談で面談するまえにリクルートエージェントに伝えること

だから「転職時期は半年以内を想定していて、希望に合致する求人があれば転職する」ということをリクルートエージェント側に伝えましょう。

つまりいますぐ転職は決められないけど、働き方や給料条件を重視する、ということをしっかりリクルートエージェントの担当者に伝えておくんです。

リクルートエージェントの担当者としても転職相談に乗りやすくなります。

リクルートエージェントに相談したい転職ポイントをしっかり整理しておく

なぜ相談したくなった?きっかけを整理しておく

そもそも貴女はなぜ転職相談をしたいんでしょう?きっかけがなにかあったはずですよね。

  • 今よりいい給料で働きたい
  • 転職に役立つスキルを知りたい
  • 仕事にやりがりを感じない
  • キャリアアップしたい

などなど…貴女ならではの悩みがあったはずです。まずどうして転職が頭をよぎったのか、整理しておきましょう。

職務経歴・実務経験・資格はすべてくわしく正直に

相談だけで今の転職市場の状況を聞いてみたいだけ…だとしても貴女自身のことがわからないとリクルートエージェントの担当者もアドバイスのしようがありません。

リクルートエージェントに登録時に記入する

  • 職務経歴
  • 実務経験(どんな仕事をやってきたのか)
  • もっている資格

は貴女の転職市場における戦闘力を知る重要情報です。

どんな会社でどれだけの間どんな仕事をしてきたのか、くわしくリクルートエージェントの担当者に伝えましょう。

リクルートエージェントに相談したい内容を明確にしておく

なんとなく相談…という態度で転職エージェントに行くと、今の貴女でできそうな転職先だけを紹介されて終わります。

リクルートエージェントは転職案件も豊富で転職実績も文句なしです。せっかくリクルートエージェントに相談にいくなら、

  • 相談したい内容
  • 聞きたいこと
  • 知りたいこと

を箇条書きにしておきましょう。たとえば

  • 今の給料はもしかして安すぎないか
  • 〇〇という業界に行きたいけど、未経験でもOKか
  • 土日休み・残業月10時間で月35万は可能か
  • 職場がブラックだから転職したい、リクナビエージェントはブラック企業に紹介しないように対策しているのか
  • 転勤のない仕事に転職したいけど、給料は下げたくない。可能か。
  • 英語をいかす仕事をしたい。今のスキルでどんな会社があっていくらくらいもらえる?

など…。

転職「相談」とはいえ適当な格好で面談に行かない

リクルートエージェントをはじめとした転職エージェントとの面談にきていく服装って、迷いますよね。

女だと仕事の服装の幅も広いので、相談だけってどんな服来ていけばいいの??と悩みます。

女性ならではの転職エージェントと合う時のおすすめは理想の働き方をしている服装。

  • かっちりスーツ
  • ジャケパン
  • カーディガンにフレアースカート

雑誌にもお仕事別OLコーデ、乗ってますよね。どれに貴女はあこがれますか?内勤系?外回り?クリエイティブ?

スエットでボサ髮ノーメイクのサンダル、みたいは品のない失礼なコーデは絶対だめですが、理想の転職先を知りたいなら、理想の働き方をしているスタイルで相談に行ってみてください。

\無料で転職相談/
リクルートエージェントに登録

本気じゃなくてもリクルートエージェントへ相談にいこう

本気で転職しよう!って決めて動き出す人もいますが、なんとなく今の仕事に不安を感じて転職活動をスタートするのもアリです。

今の自分に違和感を感じているのに何もしないってのは止まっているどころか後退しているのと一緒。

このままじゃ嫌だな、と思っていて転職相談だけでもしたい、と思ったならそれは間違っていないんです。

その1歩があなたの人生を大きく変えるかもしれません。人生はちょっとしたことから変わり始めます。

今すぐリクルートエージェントに相談にいく予定をいれましょう!

\無料で転職相談/
リクルートエージェントに登録

ABOUT ME
さちこ
さちこ
管理人のさちこです。28の時に給料ダウン&ブラック体質な職場に失敗転職。それから四苦八苦の上再度転職して、現在は役員秘書をさせていただいております。