リクルートエージェント

顔バレ危険 転職活動してるのがバレないようにリクルートエージェント使う方法

The following two tabs change content below.
さちこ

さちこ

管理人のさちこです。28の時に給料ダウン&ブラック体質な職場に失敗転職。それから四苦八苦の上再度転職して、現在は役員秘書をさせていただいております。

リクルートエージェントに登録した情報を元に、今の会社に転職活動していることがバレるかも?って気にしたことありますか?

人手不足なこの時代、どこの企業も求人を出していてもおかしくありません。

リクルートエージェントは業界でも大手に入る人材総合サービス企業なので、貴女が今いる会社、過去に在籍していた会社、元カレの会社…などなどいろんな企業が利用している可能性があります。

転職エージェントに添削してもらう履歴書にも証明写真は貼るし、みられたくない企業にまで写真見られたり住所知られたら本当に嫌ですよね。

リクルートエージェントを使いたいけど、こっそり転職活動してるのがバレないようにしたい!という

結論からいうとリクルートエージェントで転職活動をしてもバレません。

が、1つだけ気をつけないとバレる可能性が高くなってしまうんです。

目次の流れで説明しますので、気になるところを読んでくださいね。

今転職市場は空前の売り手市場。

日本1の企業トヨタが終身雇用を放棄する時代、転職は人生の必須イベントです。

転職はキャリアにマイナスどころか、していて当然という流れになっています。

働きやすいところを探しているなら、無料の転職サービスをフル活用してくださいね。

転職はキャリアです。

女性が利用するべき転職エージェント 口コミふくめて評判のいいとこ徹底解説

リクルートエージェント登録してもバレない仕組み

結論リクルートエージェントに登録しても、今いる会社に貴女のことがバレる可能性はありません。

なぜバレないといえるのか、サービスの仕組みから説明しますね。

リクルートエージェントなら担当者経由でしか個人情報は開示されない

リクルートエージェントの利用だけならバレない理由は

  1. サイト登録時にもセキュリティが施されている
  2. 登録者の了解なしに情報は開示されないから
  3. 企業として個人情報取扱方針が設定されている

サイト登録時にもセキュリティが施されている

リクルートエージェント登録時に一番個人情報を入力しますよね。

この時に入力する氏名や連絡先、住所などが知られてしまうのが一番怖いことではないでしょうか。

リクルートエージェントは登録時からサイトに暗号セキュリティをかけてあります。

だから入力した情報は途中で抜き取られることなく、登録されるようになっているんです。

大手だと個人情報の取り扱いが信用問題に関わることは熟知しています。

だからこそ機密保持のシステムも費用をかけてしっかり作っているんです。

登録時に「リクナビNEXTスカウトサービス」に同時申し込みするチェックに注意してください。

くわしくはここで説明します。

リクルートエージェントのスカウトサービスを徹底チェック 女にもスカウトは来る?リクルートエージェントってスカウトサービスがあるらしいけど、公式ページで見つからないような?リクルートエージェントってスカウトサービス本...

登録者の了解なしに個人情報は第三者にわたなさい

リクルートジェントはキャリアアップ、転職サポートに関してのみ貴女の個人情報をつかいます。

ただし転職サポートとはいえ、貴女の了解なしには、誰にも個人情報を明かしません。

貴女がここになら転職してみたい、とか、担当者と相談していいなと思ったところにしか個人情報は開示されないのです。

つまり企業と貴女の間にリクルートエージェントの担当者がいるため、直接貴女の情報が企業側に筒抜けにならないのです。

2019年8月1日

新卒向けのリクナビが内定辞退率を本人の同意なしに企業に提供していたというニュースが報道されました。

リクルートエージェントについては、同意なしで企業へデータ提供されたという事実は現在のところありませんが、不安な方は利用を控えてください。

 

企業として個人情報保護方針が定められているから

リクルートエージェントを運営している株式会社リクルートキャリアは、リクルートエージェントというサービスを提供する時の個人情報保護方針をしっかりと定めています。

また、個人情報の取り組み事例として

  1. 郵便物の匿名配送
  2. 受付窓口を企業と転職希望者でわける

という細やかな配慮がされています。

家族に対しても配慮してくれるのはさすがです!

リクルートエージェント自体にスカウトサービスはない

実は転職活動がバレてしまう一番の要因はスカウトサービス。

ですがリクルートエージェント自体にスカウトサービスはありません。。

ただし転職サイトの「リクナビNEXT」にはスカウトサービスがあり、採用したい企業側が登録者を探すことはあります。

だからリクルートエージェント単体で利用している場合、貴女の情報が検索されて知られたくない企業にバレるということはありません。

同時申し込みのリクナビNEXTのスカウトサービスに注意

リクルートエージェントは担当者が貴女の了解をえて企業へ紹介するので、転職活動していることが知られたくない会社へ知られることはありません。

でも転職サイトである「リクナビNEXT」のスカウトサービスの利用には注意してください。

リクナビNEXTのスカウトサービスの仕組み

リクナビNEXTは登録された貴女のWEB履歴書を企業が閲覧し、応募してほしい人にメッセージを送る機能です。

企業側に公開される個人情報は

見られちゃうプロフィール
  • 年齢
  • 性別
  • 住所(都道府県・市区町村まで)
  • 最終学歴
  • 現在の就業状況
  • 現在の年収または直近の年収

あとは職務経歴書に記載される、経験社数や勤続年数や資格・スキルがオープンになります。

くわえてスカウト希望条件を登録していた場合、それも公開されます。

スカウト希望条件って

  • 希望勤務地
  • 希望転職時期

も含まれています。

リクナビNEXTの登録情報の設定で身バレを防ぐ方法

リクナビNEXTの登録設定で、バレることをある程度防ぐことはできます。

企業をブロック登録する

リクナビNEXTで、知られたくない企業から登録情報を見られることをブロックする機能があります。

各種設定→スカウトサービスの利用設定から、企業名を登録しておきましょう。

企業名の一部を登録することも可能なので、グループ企業まるごと見られたくない時にも役立ちます。

登録するメールアドレスは個人のものを

あとうっかりしがちなのですが、転職サイトに登録するメールアドレスにも注意してください。

メールを見逃さないように…と会社のアドレスを登録することは絶対やめた方がいいです。

社内のシステム担当は見ていますし、貴女がメールボックスから削除したとしても会社のサーバーには残っている可能性が高いです。

退職時に勤務時間にサボっていた証拠とされかねませんので、転職サイトに登録するときは個人アドレスにしましょう。

Gメールなどのフリーアドレスを転職用に使うのがおすすめです。

安心して転職するならリクルートエージェントがおすすめ

転職サイトではなくリクルートエージェントを利用したほうが、転職活動がバレる恐れは少ないです。

情報収集の段階であればリクナビNEXTを利用するのは良い情報収集になります。

登録内容に注意して、バレないようにだけ気をつけてくださいね。

一歩踏み込んで本気で転職したいと思ったらリクルートエージェントを利用した方が転職成功には近道です。

またどうしてもスカウトサービスがあるサイトに登録するのが怖い…という場合も担当者が情報を管理してくれるリクルートエージェントを最初から利用したほうがいいでしょう。

転職は考えることがたくさんあって、頭がぐちゃぐちゃになってしまいますね。

でもリスクを恐れていたら、ただ不満を抱えるだけの人生になってしまいます。

少しでも安心してリクルートエージェントに登録するお手伝いになっていれば幸いです。

貴女の成功を応援しています。

2019年8月1日

新卒向けのリクナビが内定辞退率を本人の同意なしに企業に提供していたというニュースが報道されました。

リクルートエージェントについては、同意なしで企業へデータ提供されたという事実は現在のところありませんが、不安な方は利用を控えてください。

ABOUT ME
さちこ
さちこ
管理人のさちこです。28の時に給料ダウン&ブラック体質な職場に失敗転職。それから四苦八苦の上再度転職して、現在は役員秘書をさせていただいております。