つらい仕事やめた体験談

営業ノルマのきついPCインストラクターやめた体験談 つらい仕事をやめて失敗しないための転職方法

The following two tabs change content below.
さちこ

さちこ

管理人のさちこです。28の時に給料ダウン&ブラック体質な職場に失敗転職。それから四苦八苦の上再度転職して、現在は役員秘書をさせていただいております。

今回は営業ノルマがてんこもりだったPCインストラクターの仕事をやめた体験談です。

PCインストラクターの裏側的なストーリーが聞けました。

営業ノルマがないって言われてた仕事に営業ノルマがあった時、ほんとに裏切られた気持ちになりますよね。

毎日営業成績に追われるハメになるのだから…

PCと教えることが好きでPCインストラクターになったんですが、営業ノルマがひどすぎたため、機械業界の事務職へ転職しました。

営業地獄の仕事から事務職へ転職したわたしが、

  • 営業だらけのPCインストラクターの仕事の実態
  • 転職してかわったプライベートビフォーアフター
  • 事務職への転職成功のコツ

をお伝えします。

今のつらい気持ちのまま仕事を続けるとどうなるか、転職するとどんな人生が待っているか、あなたにも当てはまる部分があるはずです。

やめたいと思ってるあなた、今の仕事ずっと続けてこの先楽しく生きられますか?

未経験業種でも、チャレンジすれば理想の仕事は叶います!

転職して自分を変えてみようかな…と思った時が転職活動をはじめるベストタイミング。

その気持ち、運命の職場がみつかる合図かもしれません。

相性のいい転職エージェントを確保するためにも、複数登録して連絡の早かった転職エージェントから会うのが吉。

複数の転職エージェントの中から一番貴女と相性のいい転職エージェントと理想の職場探しをはじめてくださいね。

リクルートエージェントの評判は悪い?しつこい?ブラック?口コミを徹底チェック

パソナキャリアの評判は悪い?しつこい?ブラック?女の転職に強いってホント?口コミを徹底チェック

マイナビエージェントの評判は悪い?しつこい?ブラック?女の転職の口コミを徹底チェック 

PCインストラクターをやめた理由 営業ノルマがつらくて仕方がなかった

わたしは大学卒業後、PCスクールにパソコンインストラクターとして入社しました。

PCインストラクターとして働いていてつらかったこと

大学を卒業後にパソコンインストラクターとして就職しました。

当初「営業ノルマは無い」と聞いていたのですが、最初の研修ではパソコンの研修よりも営業方法にがっつりと時間を多く取られていたんです。その時点で「話が違う!」と言って、辞めてしまった子もいた程でした。

明らかに「教える技術」よりも「いかに高いコースを契約させるか」の方が重要視されていた会社でした。

ノルマは確かに無かったのですが、教室の壁には個人名と売上の紙が貼られ、目標という名のノルマ金額を達成しないと本部から電話や、今なら絶対に問題になるような罵詈雑言が書かれたFAXが送られてきました。

目標金額を達成しないと、今度は「研修」という名のもと本社に集められ、営業のシミレーションや電話勧誘をさせられます。

一番辛かったのは、生徒さんの為に教えるインストラクターよりもパソコン知識が無くてもノリだけで、どんどん高いコースを売る人の方が優遇されたことです。

さらに金銭面でもつらい面がありました。

わたしは3年間会社に正社員として在籍していましたが、一度もボーナスが出なかったんです。

さらに有給休暇も絶対に取れない会社で、身内の危篤の際にも許可されなかったのをみて驚愕しました。

ノルマ必達PCインストラクターがつらすぎて私生活に悪影響が

PCインストラクターとして働いていた時は、夜な夜な布団の中で転職サイトを見るのが日課でした。

新卒で最初に入った会社だったので、ブラック企業かどうかの判断もできず、こんなもんなのかな…と我慢してしまいましたね。

教室内の雰囲気も最悪で、ノルマのせいかインストラクター同士も仲違いや足の引っ張り合いが多く、多重債務や不倫をしている人もいて、みんなストレスが溜まっているようでした。

金銭的に困っているインストラクターが多かったので、マルチ商法などの紹介も頻繁に行われていて、私も怪しい副業に誘われたりして、断るのが大変だったのを覚えています。

辞めたOBが保険の勧誘で教室に頻繁に顔を出していたのも、かなりストレスでした。

わたしは生徒さんには無理なコースを勧めたくなかったのですが、教室が「営業こそ正義!」という雰囲気で断りづらかったです。

結果的にかなり人間不信になり、経済的にもかなり困窮して定額貯金も貯めては下すの繰り返して将来への不安もかなりありました。

「新卒以外は、もうまともな会社に入れない」と何故か思い込んでいて、転職活動も頭にはなかったです。

今では絶対に考えられませんが、普通のスーパーでの買い物もリボ払いで支払ったり突然、ブランドのカバンを買ったりと無茶苦茶でした。

つらかったPCインストラクターをやめて転職!仕事をえらんだ決め手と生活の変化

PCインストラクターからを事務職を転職先にえらんだ理由

派遣会社に登録し、機械業界の事務職として配属されました。

会社は実家の近くです。

前職の会社があまりに普通の会社とかけ離れた環境(マナーやコンプライアンスが全くなく、全て社長の一存で決まる)だったので、パソコンのスキルはありましたが一般事務の知識が無かった為、普通の会社で普通のパソコン業務をしてみたいと思い選びました。

正社員から派遣か…と思われるかもしれません。でもわたしはパソコンスクールでは社会人の一般常識がまったく身についていない気がしていたんです。

派遣社員の事務職でしばらく働いて社会人としての一般常識を身に着けてから、また正社員の仕事を見つければよいと、若干楽観的に考えて選んだのがほんとのところです。

転職成功でガラリとかわったプライベート

正社員から派遣社員にはなりましたが、とにかくお金が貯まったのが嬉しかったです。

PCインストラクターの時はボーナスが全くでず、給料も営業活動を行わないと基本給しか貰えなかったので、本当に極貧生活でした。

職後は派遣社員だったので、やはりボーナスはありませんでしたが、時給がかなり高かったので正社員の1.5倍以上のお給料をもらうことができました。

また、無理な営業から解放されたのも本当に嬉しかったです。

転職先が一部上場企業でいわゆる大企業だったのですが、働いている人たちも、刹那的ではなく将来を見据えてスキルを磨いている人が多かったです。

社内教育にも力を入れていて、英語の資格なども無料で受けることができました。

コンプライアンス教育もきちんと行われていて、研修も全社員が必ず受けていましたので、安心して働くことが出来ました。

転職後は、しばらく働いてから転職をと思っていたのですが、結局転職後の会社で直接雇用してもらえ、10年以上働けています。

結婚、出産後も働けていて、ほんとに転職でこんなに生活がかわるんだ…とびっくりしました。

PCインストラクターから転職成功した成功のためのポイント

まずは徹底的な情報収集からはじめました。

理想の転職を成功させるための対策

わたしは働きたい会社は決まっていたので、ネットで検索してその会社での採用情報を集めました。

幸いにもすぐに自分に出来そうな職種で、派遣会社での応募がありましたのですぐに応募しました。

応募と同時に、会社にも辞める旨を伝えました。

わたしがやめる時に、働いていた教室が閉鎖されることになったのでタイミング的にはとてもラッキーでした。

会社への不満はあえて言わずにあくまでも「他の教室では、実家から通うのは難しい為」というのを理由にして穏便に辞めるてやりました。

会社を辞めようと決めてから、積極的にパソコンの資格も取得するようにしました。スキルはありましたが資格としてはもっていなかったので。

また、失業保険や雇用保険などについても情報を収集して、無職の期間が空くのはあまりメリットが無いと感じた為、辞職月の翌月には新しい会社で働くことにしました。

教室が閉鎖されたのが3月だったので、新しい職場は4月からスタートにし無職期間をあけないようにしたんです。。

派遣会社の登録面談でも、積極的にすぐに会社で働きたいことをアピールしました。

派遣だから…と尻込みせずにいきたい会社についてしっかり徹底的に調べておくほうが結局生活の質はあがります。

面接できかれる女の質問の答え方

25才の時のことだったのですが「結婚予定」と「妊娠予定」は聞かれました。

面接時には「今は結婚・妊娠の予定はありませんが、もし結婚・出産したとしても仕事は続けたいです」とアピールしました。

面接のコツは、自分が今どんなスキルを持っているかをアピールするだけではなく「これからどんなスキルを取得していきたいか」と未来に向かっての目標をアピールすることです。

具体的に、事前に調べて英語に力を入れている会社だと知っていたので「英語の○○の資格を○年以内に取る予定です」など、具体的な期限を含めてアピールしました。

つらい仕事をやめるときの注意点

会社を辞める時には最低限の筋は必ず通すようにしましょう。

「辞表をどうしても受け取ってくれない」などの理由があれば別ですが、正式な方法で淡々と処理をするべきです。

急なドタキャンや欠勤などで逃げるのではなく、社会人としてのマナーは守りましょう。

まとめ 沈む会社からは逃げた者が勝ち

会社で働いているとどうしても「みんな我慢しているから」「自分いなくなったら会社が回らない」「ここで辞めたら社会人として無責任だ」などと真面目な人程思ってしまいがちです。

でも、実際に会社はあなたがいなくても潰れないですし、潰れたとしてもあなたのせいでは無いです。経営者の責任です。

身体に異常をきたして、命をかけてまで働かなければいけない会社はこの世にはありません。辛かったら逃げるのも勇気です。あなたに合った他の道は必ずあります。

いっとき派遣になったとしても次の会社選びを間違えなければ大丈夫です。

わたしはじぶんで徹底的に調べましたが、転職エージェントを使えば正社員のまま、理想の職場を探せます。

環境の悪い職場はいずれしずみます。あなたが一緒に沈む必要は、ないんですよ。

ABOUT ME
さちこ
さちこ
管理人のさちこです。28の時に給料ダウン&ブラック体質な職場に失敗転職。それから四苦八苦の上再度転職して、現在は役員秘書をさせていただいております。