MS-Japan

【簡単1分】MS-Japanの退会方法!メールでOK?選考中は?個人情報はどうなる?

The following two tabs change content below.
さちこ

さちこ

管理人です。20代で転職失敗、再転職で人並みの生活に。実体験と秘書経験を元にした企業の裏からの転職アドバイスが得意です。

使ってみたいけど、MS-Japanって登録したら退会できないってことない?

無料サービスって便利だけど、その分やめたくなっても退会できないとか、退会ボタンが見当たらなくて退会できないってことがありそうで怖いですよね。

MS-Japanってあまり聞かない転職エージェントだからこそ、やめたくなった時の手続きについても登録前に知っておきたいところ。

なんか違った、やっぱり私には合わない転職エージェントだった…という人にもわかるようにMS-Japanの退会方法についてまとめました。

MS-Japanの退会は超簡単

MS–Japanの退会方法と、退会する前に知っておきたい

  • 選考中でもOK?
  • メール一通でやめれる?
  • 個人情報はちゃんと破棄される?

という項目についてもまるっとまとめました。

MS~Japanは経理・財務、人事・総務、法務、経営企画などのバックオフィス業務専門の転職エージェントです。

やめたくなっても大丈夫。退会しにくいことはありません。

事務などのバックオフィス転職希望なら!

MS-Japanに登録する!

登録前にチェック MS-Japanの退会方法

MS-Japanの退会はとっても簡単。

退会ボタンがなくてやめるのに一苦労、電話でしか退会受付をしていないのに電話が繋がらない、ということはありません。

まずはMS-Japanの退会方法について説明しますね。

MS-Japanの退会方法は2通りあります。

  • マイページから退会申請
  • 担当者へ退会することをメールで連絡

MS-Japanの退会方法① すぐできる!Myページからの申請

マイページから退会申請手順
  1. MS-Japanのマイページにログイン
  2. 右上にある「マイページの使い方」ページをクリック
  3. 退会手続き

これだけです。

「Myページの使い方」という項目の中に退会申請フォームがあるのがちょっとややこしいですね。

MS-Japanの退会方法② 担当者に一通メールする

メールでも退会ができます。

メールで退会手続きが必要なケース
  1. マイページを利用していなかった場合
  2. 選考中、応募して結果待ちの案件がある場合

この場合は担当者にメールでMS-Japanもうやめたい、と連絡することで退会となります。

Myページを利用していなかった場合

転職サポート担当者宛に、

  • 退会すること
  • 個人情報は削除してもらうこと

この2点を簡潔に担当者へメールで伝えればOK。

転職相談を受け付けてくれた人に直接連絡をしてください。

もし連絡先が分からない場合はお問い合わせフォームから連絡すれば大丈夫です。

選考中の案件がある場合

MS-Japanを通して応募した企業、選考中の案件がある場合、マイページからの退会はできません。

担当者へメール連絡で退会する方法一択です。

もし「もうこの担当者いやだな…」という気持ちでやめたくなった場合、ちょっとメールしづらいかもしれませんね。

ですが…そこはぐっと感情をおさえて対応するのが世渡り上手。

MS-Japanを通した先には実際に企業があり、MS-Japanとは縁が切れても選考に進んだ企業とはどこで繋がってしまうかわかりません。

丁寧にきちんと辞退することを伝えてくださいね。

担当者との関係も良くなく、選考中の案件から一方的に手を引くのは気が引けるかもしれません。

MS-Japanを退会するという貴女の選択は悪いことではありません。

失礼なのは、なんの連絡もせずバックレる、連絡を無視し続ける、という行為です。

連絡の文面上は丁寧を心がけ、人として当たり前のことをするだけで大丈夫なので、選考中の案件があっても退会を申し出てくださいね。

MS–Japanをやめられないということはないので安心してください

事務や経理などのバックオフィス系の触手専門の転職エージェントは多くありません。

資格なしでも大丈夫、登録前の相談もできるので登録して試して損はありません。

登録1分!

MS-Japanに登録する!

MS-Japan退会の時に知っておくべき事項

MS-Japanの退会時に知っておきたいのが

  • 個人情報の取り扱い
  • 登録した書類は返してもらえるか

の2点。

3分くらいで読めるので、退会手続きをする前にササッと確認してってくださいね。

身バレ大丈夫?MS-Japanを退会した時の個人情報

MS-Japanを退会すると、利用情報はすべて削除されます。

登録した内容もすべて削除されるので大丈夫です。

本当に削除されたかどうか、どうしても心配な場合は、個人情報開示請求ができます。

費用はかかります(約1000円程度)が、法律で開示が義務付けられていることなので書面で回答がもらえます。

【MS-Japanの開示等の依頼・請求先】

〒102-0071 東京都千代田区富士見 2-10-2

飯田橋グラン・ブルーム 4階 株式会社 MS-Japan 個人情報保護管理者 行き

本人確認書類の添付が必要です。

MS-Japanに提出した書類は退会時に返してもらえる?

MS-Japanに提出した書類はマイページにアップロードされています。

退会前に内容を自分で控えておくといいですね。

他の転職エージェントだと、提出書類は一切返却せず、というところもあるのでMS-Japanは良心的。

ただ書類そのものを返してもらえるわけではなく、退会してしまうと書類データも削除されてしまいます。

転職エージェントは複数使い分けが転職成功のポイント。

ですから、もしまだ転職先が決まっていないのにMS-Japanをやめたいと思った場合は、転職サポートを一時停止し、他の転職エージェントのサポートと比較しながら利用を続けるのがおすすめです。

転職サービスの一時停止ってどういうこと?をはじめ、MS-Japanを退会する前にすべきことについて、次の見出しで説明しますね。

登録前の相談もできるので登録して試して損はありません。

士業の資格なしOK
登録1分!

MS-Japanに登録する!

転職活動中にMS-Japanやめたい 退会前にすべきこと

転職先が決まったから退会する、というのは理想ですよね。

ですが転職先が決まらないのに「MS-Japanの利用はもうやめよう」と思うことだってあります。

転職活動を優先し、精神的負担も減らす「やるべきこと」をお伝えしますね。

退会ではなく転職サポートの利用停止をしてみる

MS-Japanは退会しても再利用可能です。

また新規登録すればMS-Japanの利用を再開することができます。

もちろん無料の転職サポートも受けられます。

ですが退会するとすべての登録情報が削除されてしまうので、登録解除ではなく転職サポートサービスの停止という手続きのほうが手間がありません。

転職サポートの停止方法
  1. マイページにログイン
  2. プロフィール情報
  3. 「現在、転職活動中ですか?」を
    ”いいえ”に変更

これで転職サポートは停止され、担当者から連絡はこなくなります。

退会前にMS-Japanの担当者変更を依頼してみる

MS-Japanの担当者があわないな、と、という場合は担当者変更を依頼してみましょう。

今の担当者に、担当者変更の依頼をメールするか、お問い合わせページから担当者変更を依頼してください。

万が一変えてもらえなかった場合は転職サポート停止手続きをしておき、一旦担当者を距離をおきましょう。

貴女を担当してくれる人が変わると、MS-Japanに対する印象がガラっと変わることも珍しくありません。

MS-Japanのサポート体制が変われば、サポート内容も変わるかもしれないんです。

退会は簡単ですが、まず転職活動を確実に進めることを優先。

担当者変更もぜひ試してください。

変更依頼フォームはこちら
MS-Japanお問い合わせページ

退会前に必須 MS-Japanに登録した内容を保存

スクリーンショットでも画面の写メでもいいので、MS-Japanに登録した内容を保存しておいてください。

職務経歴書、履歴書は、もう1度書くとなると本当に面倒です。

MS-Japan退会するからもういいや、と思って捨ててしまうとあとから後悔します。

自己PRとか、資格欄、長所とか職務経歴っていろんな転職サイトに毎回同じことを入力しているようで微妙に違ったりませんか?

ちょっとした表現の違いが、採用を左右することもあります。

退会するとすべて消えてしまうので、MS-Japanで登録した内容はどんな内容だったかな?という振り返りができるように、記録をとっておくのがベストです。

今後の転職活動を改善していく大切な資料になります。

他の転職エージェントを試した時に「MS-Japanではこんなふうに登録していました」と相談することもできます。

提出した書類はマイページにアップロードされているので、退会前にチェックしてくださいね。

比較するためだけにMS-Japanの登録は残しておくのも賢い選択。

成功につながるMS-Japanをやめたいと思った理由の生かし方

MS-Japanをやめたい、と思った時は転職活動の軌道修正タイミング。

退会は転職成功時にまとめてすればいいので、まず「MS-Japanやめたい!」と思った理由を整理してください。

MS-Japanを退会したくなった理由がはっきりしていると、次の転職エージェント選びに失敗する確率が低くなります。

  • 希望の求人が全然ない(地方で働きたいのに、取り扱いが少なかったなど)
  • 女性の働き方に理解がない(アドバイスがそっけない)
  • 担当者と合わない

など、貴女がMS-Japanでイマイチと感じたこと、嫌だったこと、うんざりしたこと、不安に感じたことを正直に紙に書き出してみてください。

紙に書き出すと頭も整理されるし感情も整理できます。

MS-Japanは登録に年齢制限はありませんが、管理部門(財務・経理など)士業特化型エージェントです。

ハイクラス向けの傾向があるので、一般事務のキャリア内容によってはちょっと不向きな場合もあります。

次に使うべき転職エージェントを見定めるためにも、ちょっと頑張って不満な点を振り返ってみてくださいね。

MS–Japanをやめたくなった理由別、次にためすべき転職エージェントをご紹介します、

MS–Japan退会理由:希望の求人が全然ない

希望の求人を紹介してもらえなかった場合、次に選ぶなら

  • 取り扱い求人量が豊富な転職エージェント
  • 希望している地域を取り扱っている転職エージェント

を選ぶのが賢い方法です。

全国の求人あり

取り扱い量は国内最大レベル

リクルートエージェントに登録する

MS–Japan退会理由:女性の働き方に理解がない

転職エージェントの提案の質が悪かった、女の働き方の悩みわかってない!と感じた場合はカウンセリング力に定評がある転職エージェントがおすすめです。

カウンセリングが評判

女性の働き方に理解有

パソナキャリアに登録する

MS–Japan退会理由:担当者と合わない、好きになれない

個人的な感想ですが、MS-Japanは管理部門のハイキャリア向けの転職エージェントの中でも結構男性向けなキャリア傾向を感じました。

MS-Japanを利用してみて息苦しいな、堅苦しい、と感じた人は確実に合ってないと思います。

個人の感覚にもよるので、この場合は他の転職エージェントとの比較するしかありません。

特徴別!転職エージェント
JACリクルートメント (首都圏向け)同じ管理部門向けだけどやわらかめ
年収アップ&スピード転職も可
リクルートエージェント (全国)求人の量と質を確保
パソナキャリア (全国)対応が丁寧と好評
経理・人事などの管理部門に強い
ハローワークとも提携するなど雇用事業に携わるパソナグループの一員
イチオシはここ!

全国の求人あり

取り扱い量は国内最大レベル

リクルートエージェントに登録する

次の転職先が決まらなくてMS-Japanを退会したい、と思った時にすべきことは退会手続きではありません。

確かに、MS-Japanを利用しているのに全然転職活動が進まないと焦ります。

時間を無駄にしているように感じますし、自分がこれまでしてきたことは市場価値がないのだろうかと落ち込むのも当然です。

だからこそMS-Japanの退会に時間を割くのではなく、今の転職活動をどう改善するかに時間を使うべきなんです。

結果が出るまで失敗も成功もないんです。

まず貴女の転職活動を成功するために時間を使い、すべてがうまくいってからまとめて退会手続きをしてスッキリしてくださいね。

登録前の相談もできるので登録して試して損はありません。

士業の資格なしOK
登録1分!

MS-Japanに登録する!

ABOUT ME
さちこ
さちこ
管理人です。20代で転職失敗、再転職で人並みの生活に。実体験と秘書経験を元にした企業の裏からの転職アドバイスが得意です。