MS-Japan

落ち込む必要なし MS-Japanに断られた人がとるべき転職対処法3つ

The following two tabs change content below.
さちこ

さちこ

管理人のさちこです。28の時に給料ダウン&ブラック体質な職場に失敗転職。それから四苦八苦の上再度転職して、現在は役員秘書をさせていただいております。

MS-Japanに登録してみたけど 、「ご紹介できる案件はありませんのでキャリアカウンセリングはできません」と断られてがっかり。もう転職は無理なのかな…とそう感じるのも無理はありません。

MS-Japanからお断りをされた場合、残念ですがMS-Japanから有益な求人は紹介してもらえません。

ですが落ち込む必要はあんまりないんです。

MS-Japanに断られてしまってからすべきことは4つあります。

  1. MS-Japanに断られた理由を知る
  2. 対策1 別の転職エージェントに登録する
  3. 対策2 転職エージェントを使わず自力で転職活動する
  4. 対策3 重要!転職をきめた気持ちを忘れないこと

せっかく転職して新しい人生をはじめようとしたその決意、諦めるかどうかはこの記事を読んでから決めてください。

MS-Japanが気になった貴女、大手リクナビの転職サイトのリクナビNEXTの登録は済んでますか?

登録してもいい案件なんてない…と決めつけてませんか?

リクナビNEXTはもはや社会インフラ。

世渡り上手は言わないだけで登録済み、いつもチェックしてますよ。

今の職場に取り残される前に今、登録しておいてくださいね。

\今すぐ5分、自分のために/
リクナビNEXTに登録する

MS-Japanに断られた原因分析

断られるって、自分を否定されたようで辛いですよね。

ですがMS-Japanは管理部門や士業に特化した転職エージェントです。

貴女のキャリアと合わなければ求人を紹介してもらえないのは普通です。

深く悩まず、MS-Japanに断られたことを生かして転職対策をしましょう。

MS-Japanがキャリアカウンセリングを断るケースと、貴女がなぜ断られてしまったのかを分析します。

MS-Japanが求人紹介を断るケース

MS-Japanが求人の紹介を断るケースについてHPに記載があります。

Q:サービスを利用するにあたり、年齢制限はありますか?

A:年齢制限はございません。
しかし、ご年齢やご経歴、ご志向等により求人のご紹介にお時間がかかる場合や、ご紹介が難しい場合もございますので、ご了承頂ければと思います。

Qサービス利用開始からどのくらいで紹介してもらえますか?
また、どのくらいで転職先が決まりますか?

A:ご年齢やご経験、ご志向等、市場動向により異なります。

ご紹介にお時間がかかる場合や、ご紹介が難しい場合もございますので、ご了承頂ければと思います。

MS-JapanHPより引用

ふんわりと書かれていますが、この記載の本音は「ぜったい紹介するとは言ってない」なんです。

MS-Japanに断られたということは、資格や年齢、希望業界や希望年収、貴女が登録した内容すべてをMS-Japanがもっている求人と照らし合わせた結果、どの企業にも紹介できそうにないと判断されたということ。

転職先に紹介できなければ転職エージェントは利益にならないんです。

つまり「良い求人があったら連絡するから登録は残しておいてくれたら嬉しい」というのがMS-Japanの本音だと思います。

MS-Japanに断られた理由を推測する

MS-Japanに面談を断られたら、貴女が希望している今の転職条件はどこが厳しいのか、冷静に振り返ってみてください。

  • もっているスキルと希望年収の兼ね合い
  • もっているスキルと希望業界のズレ
  • 年齢と職務経歴(過去の転職回数)
  • 働きたい地域

MS-Japanは利用に年齢制限はなく、20代〜50代まで幅広い年齢層の人が登録しています。

さらに管理部門(経理・財務)や士業(税理士・会計士など)を専門とした転職エージェントです

そんな中でも、貴女がMS-Japanに希望した求人が

  • 正社員だったことがない
  • 平日の午前中だけ働ける正社員がいい
  • 資格は何ももってない
  • 経理や総務、管理部門の仕事は未経験

などの条件では、いくらなんでもMS-Japanは転職サポートができません。

MS-Japanの取り扱い分野と貴女のキャリアと希望条件が合わなかった、というだけのこと。

くよくよしていても時間の無駄です。

転職してどういう生活を手に入れたいかだけを考え、次にどうするかだけを考えてくださいね。

対策1 MS-Japan以外の転職エージェントに登録する

MS-Japanに求人紹介を断られたなら、貴女のキャリアにあった他の転職エージェントを試してみれば良いのです。

専門分野がある転職エージェントがいいとは限りません。

転職エージェントは無料サポートです。

気があって頼りになるサポートをしてくれる転職エージェントを探しましょう!

MS-Japan以外なら面談できたというケース

MS-Japanは士業、管理部門専門の転職エージェントなので次から次へとハイスペックな転職希望者が登録しています。

そのため貴女の転職条件がきびしい場合、じっくりと転職相談してくれない傾向があります。

MS-Japanで面談はしてくれたけどなんかドライな対応だった、塩対応だった、と言う場合は遠回しに無理、と言われているケースですね。

転職エージェントを変えたらキャリア面談をしてくれ、希望条件の掘り下げやキャリアの棚卸しなどサポートをしてくれて、結果希望の転職先を見つけたということは珍しくないんです。

MS-Japan以外の転職エージェントに登録する前に、

  • レジュメ(職務経歴書や履歴書)を見直す
  • プロフィール欄を充実させる

などアピールできる部分はないか再度チェックしてください。

TOEICや簿記などを勉強することも視野に入れ、いきたい業界に転職できるよう準備する時間をとることも検討してください。

MS-Japanに断られた次に登録すべき転職エージェント

MS-Japanに断られた場合に登録すべき転職エージェントは3つです。

  1. JACリクルートメント
  2. リクルートエージェント
  3. doda

 ハイクラスまでカバーしているJACリクルートメント

JACリクルートメントはMS-Japanとすこし似た分野を専門とした転職エージェントです。

ハイクラス向けではありますが、20代でも丁寧なサポートをしてもらったという体験談もありました。

こちら「JACリクルートメントにいってみた 本音で話せた?人にすすめる?利用した感想まとめ【女性】

  • 求人紹介は他社との条件比較あり
  • 複数の人がサポートしてくれる
  • 英語を使う仕事が豊富

というメリットがあり、MA-Japanで断られた人が次に利用してみるのにぴったりな転職エージェントです。

ひとまず押さえるリクルートエージェント

リクルートエージェントはもう登録してますか?

みんな使ってるから登録してなかった、という場合はひとまず登録してキャリアカウンセリングをしてもらいましょう。

リクルートエージェントのメリットは

  • 圧倒的な取り扱い求人量
  • キャリアカウンセリングに積極的
  • 全国各所にカウンセリング拠点があって行きやすい

ということ。

リクルートエージェントは大手なのでキャリアカウンセリングも数をこなしていますから、とても優秀。

転職市場が活況なのもプラスになって、キャリアアドバイザーは大忙しです。

リクルートエージェントはまず断られることはありませんが、キャリアアドバイザーのスケジュールを早めに押さえるのが大切。

みんな行ってるからこそ、今すぐキャリアカウンセリングの申し込みをしておきましょう。

登録はここから3分
リクルートエージェントに相談に行く

リクルートエージェントについて詳しくは以下の記事でご参照ください。

今のスキルで転職できる上限を探すdoda

今すでに少しでも職歴があり、管理部門などの経験があるならdodaも登録してみてください。

dodaは職歴がしょぼい人、転職する気がない人のキャリアカウンセリングはばんばん断る転職エージェントですが、転職できる経歴がある人にはめちゃくちゃ使うメリットがあります。

そして転職サイト、転職エージェントのいいとこ取りな使い方ができるので貴女のスケジュールや転職希望にあわせた使い方が可能。

dodaのキャリア面談で今のキャリアでどのくらいの給料・待遇の上限へ行けるかを教えてもらい、転職計画を一緒に立ててもらいましょう。

その先はdodaのサイトで自分のペースで転職する、担当者に応募やスケジュール調整まで丸投げする、貴女のやりやすい方で転職活動が進められます。

dodaもすごく人気で鉄板の転職エージェント。

すぐにキャリアカウンセリングの予約枠をおさえるべきです。

doda登録はこちらから3分
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用す

事前準備に!転職エージェントとのキャリア面談の詳細とポイント転職エージェントのキャリア面談に行ってみたいけど、どんな感じかわからなくて不安に思っていませんか? キャリア面談がどんな感じで行わ...

対策2 転職エージェントを使わずに転職する

MS-Japanに断られて転職エージェントなんてケッと思っているなら、転職エージェントを使わないで転職活動をするというのも1つの方法です。

転職サイトをフル活用して転職するステップ

転職エージェントだけでなく転職サイトに登録しても非公開求人はみられます。

さらにスカウトサービスや、希望条件を登録しておけばメールがくるサービスを利用すれば忙しくても求人を見逃すことはありません。

  1. 転職サイトに登録する
  2. 希望条件を登録
  3. 職務経歴書、履歴書を書き込む

この3ステップで転職エージェントをつかわずに転職活動をすることができます。

職務経歴書や履歴書、保有スキルなどは掲載案件をじっくりみながら、徐々にしっかり書き込んでいきましょう。

3ヶ月で転職する!となどのスケジューリングも忘れないでくださいね。

転職エージェントを使わない 自力で成功させる転職活動の全手順と絶対はずせないポイント転職エージェントなんて使わずに転職したい、転職エージェントを使わなくても転職に成功する方法ってないの?とお考えですか? 転職エージ...

転職エージェントを利用しないなら登録必須転職サイト

転職活動をすべきか迷ってるうちから登録しておきたいのがリクナビNEXT

国内のみならず外資企業、あらゆる業界をとりあつかっている知名度ナンバー1の転職サイトです。

転職サイトとしての機能も充実していて、

  • スカウト機能
  • 提携転職エージェント保有の求人もみられる
  • 希望求人のメール通知機能
  • 精度の高さが話題の適職診断「グッドポイント診断」

登録すると無料でこれだけ使えます。

MS-Japanに断られたとしても、貴女が転職できる就職先はリクナビNEXTならきっと見つかります。

世渡り上手は言わないだけでリクナビNEXTはとっくに登録済み、いつもチェックしてますよ。

今の職場に取り残される前に今、登録しておいてくださいね。

\今すぐ5分、自分のために/
リクナビNEXTに登録する

対策3 転職をきめた気持ちを忘れない 転職計画を練り直そう

せっかく転職しようと思い立ったのにMS-Japanにキャリアカウンセリングを断られてしまうとめげますよね。

でもめげないでください。

あなたが転職をしたかった理由は、転職活動を仲介する業者の一言であきらめられる程度のものだったのですか?

どうせだめだ、やっぱりだめだ、転職なんでできないんだ、そう思って殻に閉じこもって我慢を続けて、病気になるまで今の仕事をしますか?

転職活動はみんな、不安を抱えながらやっています。

一度は変えようと思った人生、かえずに終わりますか?それとももう一歩、頑張ってふみだしますか?

MS-Japanに断られて焦るとは思いますが、ここはぐっとこらえて転職までの計画を練り直してみましょう。

  1. 転職サイトに登録し、転職市場をチェックする
  2. 今の会社で部署異動を依頼し、経験を積む
  3. アピールになる資格をとる

ポイントは転職サイトでチェックした求人の応募条件から、自分に足りないものを逆算する方法です。

少しでも経験があれば転職できそうなら、今の会社で部署異動を依頼したり、マネジメントの立場へ行けるよう頑張ってみる、というように長期的に理想をかなえるプランを考えてください。

無計画に仕事を失うと、焦りや自身喪失につながります。

確実に転職できるように、しっかりと転職プランを練ってくださいね。

世渡り上手は言わないだけでリクナビNEXTはとっくに登録済み、いつもチェックしてますよ。

今の職場に取り残される前に今、登録しておいてくださいね。

\今すぐ5分、自分のために/
リクナビNEXTに登録する

やっぱりもっといろいろ調べてから登録する転職エージェントを決めたい…という場合は以下ボタンをクリック!

転職エージェントをためす

ABOUT ME
さちこ
さちこ
管理人のさちこです。28の時に給料ダウン&ブラック体質な職場に失敗転職。それから四苦八苦の上再度転職して、現在は役員秘書をさせていただいております。