DYM就職

すぐ決まる分ブラック多い?DYM就職に悪評が多い理由を検証 全件正社員求人だから試す価値アリ

The following two tabs change content below.
さちこ

さちこ

管理人のさちこです。28の時に給料ダウン&ブラック体質な職場に失敗転職。それから四苦八苦の上再度転職して、現在は役員秘書をさせていただいております。

DYM就職って本当にフリーターで正社員になったことなくても大丈夫なの?ネットでは悪評が多いけど大丈夫?って不安になりますよね。

結論、利用は無料なので使ってみてヤバい、ハズレだ、と思ったらやめればいいだけの話なんですが、それでも実際利用するとなると悪評があるところは勇気が入りますよね。

脱ニートしたい!フリーターで不安定な生活はもう終わりにしたい!という人でDYM就職が気になる人はぜひ不安を解消してくださいね。

DYM就職に悪評が多い理由

悪評が多い理由は、利用者が多い証拠でもあります。

人事や採用事務を経験し今役員秘書をしているわたしが、実際のところを検証しました。

DYMは就職は断らないから

DYM就職が対象としている20代、フリーター、ニート、社会人未経験という人は一般的な転職エージェント(転職相談サービス)に申し込んでも断られてしまうことがほとんどです。

無料の転職サービスで、会ってすらもらえないんですよ。見つかり次第ご連絡します、とかスカウトサービスをご利用ください、という感じで結局自分でやらないとだめなのか。という結果になることが少なくありません。

その点DYMはまず1時間の相談から始まります。絶対会ってもらえます。

ただし就職意思がない人は就職面談対象外です。

DYM就職で就職相談できない人

  • 就職する意思がない、迷っているだけの人
  • 年齢が30代以上の人

登録も入力項目が少なく、30秒ほど。

悪評につながってしまう理由
  • 会ってからスタートするため、人としての相性の問題で無理だと感じることがある。
  • DYMの転職エージェント(担当者)はバリバリの営業正社員。社会経験が浅い20代からするとDYM就職の転職エージェントの熱意や連絡の押しが非常識に感じることがある。

DYM就職は求人がないとは言わない

DYM就職は相談の末「お役にたてません」ということがありません。

もちろん希望や経験にもよりますし、ぴったり合う求人がちょうどあるとは限りません。

それでもDYM就職は働く意思をもって面談にきた人には

  • 正社員案件を
  • 書類選考なしで面接までセッティング

という対応をしてくれます。

しかもDYM就職は、相談者の就職率は96%!

大手転職エージェントの場合、求人がないと登録後の連絡すらこないこともザラです。

転職面談できたとしても、もう少し経験を積まれてから、とか、資格をとって準備をととのえてから、と聞こえのいい言葉で断られて求人すら見せてもらえません。

DYM就職は

  • 20代の正社員未経験
  • 20代のフリーター、ニート
  • 最終学歴が高卒
  • 職歴がない

という人をターゲットにしたサービスなので、働く意思をはっきり見せれば正社員の求人を紹介してもらえます。

悪評につながってしまう理由

まず相談者がいけそうな求人を見せてくれるので、相談者の希望に合っているとは言い難い場合もありえます。

理想が高い場合、紹介された求人に不満を感じることも。

また相談者の思い込みから紹介された求人の良し悪しを判断できないケースもありえます。

  • 営業という仕事を一律ブラックだと思っている。
  • 事務職しか絶対やりたくない。
  • 東証一部上場企業と言われても、相談者が企業名を聞いたことがなくてイメージできない。

などですね。

DYM就職は職務経歴書や履歴書不要で応募できる

履歴書や職務経歴書をどう書いていいかわからなくて就職応募に戸惑うという人は少なくありません。

アルバイト経験は書いていいかとか、志望動機や自己PRなど、書くだけで何日もかかってしまうんですよね。

DYM就職を通して企業へ応募方法は自分で履歴書や職務経歴書を出す必要はありません。

DYMでの就職相談時に履歴書や職務経歴書が必要になりますが、内容は担当者一緒に考えてくれます。

DYM就職の担当者が相談者の良いところ、アピールポイントを押さえたら、その内容をもとに企業に面接のセッティングまでしてくれます。

つまりDYM就職の担当者が応募できると言った=面接決定なんです。

悪評につながってしまう理由

書類の添削、経歴や経験の指摘にムッとした

自分が書いたものを直されるとムッとすることがありますよね。

経歴を指摘されると、これまでに人生をけなされたように感じる人も少なくありません。

DYM就職では最初の面談時に経歴やスキル、経験について掘りさげていきます。

その時に用意してきた書類を添削されたり、経歴を指摘されたり、相談者からしたらあまりふれてほしくない部分まで話がおよんでムッとしてしまうことがあるんです。

ただ担当者との相性次第で、修正や指摘をアドバイスと聞き入れられる言い方をする担当者となら問題はないんです。

面接確実なため、応募しなくちゃとプレッシャーに感じる

DYM就職は就職相談時の内容を元に求人に応募、一次選考なしで面接までセッティングされます。

面接までいける企業ばかりを提示されると、正社員として就職ということがグッと現実をおびます。

担当者も就職成功したもらいたいですから、熱意をもっておすすめしてきます。

本当にそこでいいのか、実はブラックなんじゃないか、この件を逃したら次はないのかも、など逆にプレッシャーになってしまうんです。

重大な決定を急かされているような気になってしまい、悪評につながっているケースですね。

未経験・フリーターでも正社員求人を紹介してくれる

ブラック企業に対する風当たりが強い昨今、おおっぴらにブラック案件は出ていません。

ハローワークにはびっくりするような求人が堂々と張り出されてますし、ブラック企業の条件は人によって変わるのでホワイト企業ばっかりです!と断言はできませんが、勤務形態としてベージュくらいの黄ばんだ案件が多いのが実情です。

一般的にニート、フリーター、職歴なしの人が選べる求人の中ではまともなものが多い印象でした。

でも正社員の職歴が3年あるだけで、貴女の評価はがらっと変わります。

その後の転職のしやすさもまったく違ってきます。まずは職歴をつけるにはぴったりな求人がハタラクティブには多いです。

悪評につながってしまう理由
  • ホワイト具合、勤務条件の妥協ポイントがわからずにブラック判定してしまう

DYM就職の転職サービスまとめ ここだけ見れば大丈夫

DYM就職がどんな転職サービスをしているか、思っていたサービスと違っていないか確認です。

ここだけ見ればポイントは全部押さえられます。

DYM就職を使うべき人

  • 20代
  • 今まで働いたことがない
  • ニートだった
  • アルバイトしかしたことなくフリーター
  • 高卒
  • 正社員になりたい

経歴に自信がない20代で正社員で働きたい人はDYM就職を使うと就職活動が捗ります。

DYM就職で仕事を見つけられる地域

DYM就職は一応全国の求人を取り扱っていますが、面談できるDYMのオフィスは主要5都市です。

面談が就職に重大なポイントになってくるので、いける範囲にDYMのオフィスがある人がベストです。

  • 札幌
  • 東京
  • 大阪
  • 名古屋
  • 福岡

各オフィスの住所は公式HPに掲載がありませんでした。

ネットの情報を鵜呑みにすることなく、面談設定時に場所を確認してくださいね。

最短1週間で就職するDYM就職のサービスの流れ

まずはネットから

DYM就職に登録
登録はカンタン30秒。

相談日を予約する。
早めに設定するのがポイント。履歴書や職務経歴書が書きあがってなくても大丈夫。

DYM就職のエージェントと就職相談

※当日までに履歴書や職務経歴書が出来上がってなくてもOK。エージェントに相談しながら内容を書くことができます。

※就職相談の時に求人を見せてもらえる場合もあります。

DYM就職で面接対策

書類は相談時に出来上がっているから、あとは面接を突破するだけ。

  • 伝わりやすい話の構成
  • 落とされるパターン解説
  • 企業ごとによく聞かれる質問を教えてくれる

など一人一人に合った面接対策をDYM就職のエージェントがやってくれます。積極的に質問して自信をつけてください。

実際の面接

企業との面接日時の設定はDYM就職の担当者がやってくれます。貴女は面接に集中するだけ。

内定獲得!

内定後の

  • 初出社の日程
  • 勤務条件の交渉
  • 入社の準備

といったサポートまでDYM就職がお手伝いしてくれます。

理想がはっきりしていて決断の早い人であればDYMでの就職相談から約1週間で内定まで進みます。

最短1週間で脱フリーターできるかもしれません。

DYM就職ともう1社で理想の仕事が見つかりやすくなる

DYM就職は使えるサービスですが、転職サービスは2社くらいを同時に使うのが失敗しない就職のポイント

理由は

  • 求人の質を比べることができる
  • 担当のアドバイザーとの相性があるから
  • 1社だけだとゴリ押しされた求人に決めてしまうから

最初にも書きましたが、ヤバい・ハズレだと思ったらスパッと退会すればいいんです。

ただいきなりたくさんの転職サービスに登録するとうんざりして結局なにもしないままになってしまいます。

だからこそおすすめは2社登録。

DYM就職と同時に使うのにおすすめなのは就職ショップ。

大手企業リクルートが運営している若い人向け就職支援サービスです。

就職ショップとDYM就職で迷っていた人、両方登録して試してみればいいんです。

いい求人を出してくれた方、担当者と貴女との相性がいい方、そっちをメインで使うのが正解。

しっかり働きたい、安定した仕事に就きたい、思っただけで終わらないように実現目指して行動してくださいね。

ABOUT ME
さちこ
さちこ
管理人のさちこです。28の時に給料ダウン&ブラック体質な職場に失敗転職。それから四苦八苦の上再度転職して、現在は役員秘書をさせていただいております。