doda

dodaに転職相談だけ申し込んでOK?裏技とエージェントサービスを賢く利用する方法を徹底解説

転職すべきか迷ってるけど、とりあえずdodaのエージェントサービスで転職相談だけしてほしい、でもとりあえず相談だけで利用申し込みしていいのか、迷いますよね。

  • まだ転職するかどうかまでは決めてきれない
  • そもそも転職で給料あがるかとか働きやすくなるか知ってから決めたい
  • 今の私でどれくらい希望があるかをまず知りたい

転職決める前に可能性をまず知りたいと思うのは当然です。

特に女性は仕事によってライフスタイルが左右されるので、とりあえず相談して情報を集めたいと思うもの。

でも転職する意思も固まっていないのに相談だけ…なんてdodaに失礼かな?dodaはそもそも転職相談だけなんて受け付けていないのかも、と色々考えてしまいますよね。

dodaは電車広告もよく見るし、とりあえず気軽に転職相にだけのってほしい!という貴女のために、

  1. dodaエージェントサービスは転職相談だけでも利用できるのか
  2. dodaエージェントサービスの賢い利用方法

の2点を調査しました!

dodaの転職相談申し込みは
こちらから
 

dodaはとりあえず転職相談だけで利用していい?

結論、dodaは転職相談(カウンセリング)だけお願いします、と言っても受け付けてくれません。

dodaエージェントサービスは転職相談だけは受け付けていない

dodaエージェントサービスは公式HPに転職相談(カウンセリング)だけでの利用は不可と明記してあります。

Q:キャリアカウンセリングのみ受けることはできますか?

A:キャリアカウンセリングのご案内は、求人要件の難易度やご本人の職務経歴などを総合的に判断した上でお声がけさせていただいており、カウンセリングのみの提供はしておりません。

引用:「dodaエージェントサービス」ヘルプ

ちなみに連絡がない場合、dodaエージェントサービスからお断りされている状態です。

dodaエージェントサービスは転職サイトdoda内のサービス。

だからdodaエージェントサービスは使えなくても転職サイトdodaは使うことができます。

dodaエージェントサービスが転職相談だけを受け付けないワケ

doda転職エージェントが転職相談(カウンセリング)だけを受け付けないのには理由があります。

むしろ転職エージェントとしては普通の対応ともいえるんです。

理由1 紹介できる求人があることが転職カウンセリングの条件だから

doda転職エージェントは、他の転職エージェント同様に求人企業からフィーをもらっています。

だから登録時に入力した貴女のレジュメ、職務経歴やスキルから、転職先を紹介できる案件がないと転職カウンセリングは受け付けないんです。

紹介できる求人がなければ、わざわざ転職相談(カウンセリング)に来てもらうにも時間の無駄になってしまいますよね。

理由2 転職エージェントは無理な転職をさせられないから

転職エージェントを利用しようとする人は、

  • 転職できるスキルや強みを生かして
  • 非公開求人から
  • 今より勤務条件がよくなるように

転職活動をサポートしてほしい、というのが本音です。

希望する人の中には職務経歴や求める条件から転職が無理めな人もいるわけです。

でも転職エージェントは、企業側から採用成功で料金をもらうビジネスモデルです。

だから難易度の高い希望を持つ人、転職市場から本人が希望する求人の募集がない時に転送相談をうけてしまうと、担当者は自分の成績のために無理な求人案件を紹介してしまいかねないんです。

成績のために、給料ダウンするところや残業の多いブラック企業など、誰でもいいからという企業を紹介することはdodaも転職者を受け入れる企業側にもデメリット。

希望者、企業、doda、ともに不幸な転職を防ぐために、紹介案件がない状態での転職相談(カウンセリング)は受け付けていないのです。

dodaを相談だけで利用する裏技

とはいえdodaを転職相談だけで利用できないのかというと、実は方法があるんです。

ちょっと工夫するだけ dodaに転職相談だけを申し込む方法

dodaに相談を申し込む時に「転職する意思がある」と伝えてください。

というのも「いい案件があったら転職したい」というチャンスを狙いつつ転職活動をしている人も結構多いからです。

dodaもビジネスなので、まったく転職する意思がない人にカウンセリングだけ提供はしてられないってことなんですよね。

とはいえ転職相談をしてみて、やっぱり今の職場にもう少しいようという選択も、現実的にはありえます。

だから結論、一応dodaで転職相談だけは可能、いうわけです。

dodaで転職相談だけ申し込む方法
  1. dodaでキャリアカウンセリングに申し込む
  2. 対面または電話かメールを選択
    (決して転職する気はないです、とは伝えない)

とりあえず転職相談だけしたいなあ、という貴女には電話かメールでの相談がおすすめです。

dodaは転職できる可能性のある人を優先的にキャリアカウンセリングする傾向にあるので、対面が可能ならできるだけ対面カウンセリングで相談することがおすすめです。

相談するときは、今貴女がいる業界・業種についての求人状況を聞くと、dodaから有益な情報が聞き出せますよ。

dodaは転職データを豊富にもっており、経験したことのある仕事でキャリアアップする転職サポートが得意ですから。

dodaの転職相談申し込みは
こちらから

dodaの採用プロジェクト担当に相談だけする

dodaエージェントサービスには2つの担当がいます。

 キャリアアドバイザー 1対1で対面サポート
メール・電話も可
採用プロジェクト担当 企業の採用サポート担当
メール・電話
個社情報にくわしい

採用プロジェクト担当はおすすめ求人を紹介してくれるので、そこを利用します。

dodaの採用プロジェクト担当に相談だけするなら企業情報

採用プロジェクト担当とは、転職希望者の担当ではなく、採用したい企業の担当者dodaの担当者です。

採用プロジェクト担当の仕事は

  • 担当企業への応募書類の提出、選考結果の連絡、面接日程の調整
  • dodaエージェントサービス登録者から担当企業に推薦できそうな人をスカウトする

企業の採用業務のバックアップがメインです。

dodaエージェントサービスを利用すると、おすすめ求人が送られてきます。

その求人情報についての相談は採用プロジェクト担当にすることができるんです。

dodaからおすすめされる求人は、今の貴女が転職できそうな案件。

だからおすすめされた求人について深く相談することは可能です。

メール、電話で

  • 福利厚生
  • 今の職場との相違点
  • 給与体系が今よりいいのか悪いのか

などの相談ができます。

今いる職場と働き方がどう違うかを相談するのに十分利用できます。

doda以外にもある 転職相談だけの利用OKな転職エージェント

本気で転職しよう!って決めて動き出す人もいますが、なんとなく今の仕事に不安を感じて転職活動をスタートするのもアリなんです。

むしろ女性は迷いながら転職活動している人の方が多いかもしれません。

転職相談だけまずしてほしい…というときは公式サイトで明確に転職相談だけでもOKと掲載している転職エージェントに登録してみてください。

転職の意思が固まっていなくても、とりあず相談だけ、という人でもしっかりとキャリアカウンセリングをしてくれる転職エージェントでおすすめなのは、

  • リクルートエージェント
  • パソナキャリア

の2社です。

dodaは公式に相談のみの利用不可って書いてあるから不安、と言う人もリクルートエージェントかパソナキャリアに登録してくださいね。

まずは業界No.1に相談!

転職エージェントのテッパン!
リクルートエージェント 

相談のみOK!サポートも丁寧

丁寧さが好評!パソナキャリア