コールセンター

派遣でコールセンターで働くのもう辞めたい時の対処方 次の仕事の探し方

派遣先のコールセンターに行ってみたら想像を絶する業務内容だった。

派遣社員だけどコールセンターをやめても次もまたきついコールセンターだったらどうしよう…と不安になるのも無理はありません。

この記事では、派遣社員でコールセンターで働いているけど辛すぎてもう辞めたいと感じている方向けに

  • 派遣社員ならコールセンターを初日でやめてOKである理由
  • 派遣で次の仕事を探すポイント

をお伝えします。

派遣社員のメリットは職場を選べること。やばい職場を引いてしまったら早めに手を打ちましょう。

コールセンターではなく派遣の仕事自体をもう辞めたいと思っていませんか?

これまで派遣会社から紹介される案件から仕事を選んでいたのなら、一度自分で一般求人を探してみることをおすすめします。

意外に高待遇、未経験OKな正社員の仕事が見つかる可能性があります。

派遣でコールセンターを辞めるなら、同時並行で転職サイトで一般転職案件も調べてみてくださいね。

→転職者の約8割が登録 リクナビNEXT

派遣先がこんなコールセンターだったら辞めるべき

貴女が派遣されたコールセンター業務は、以下に当てはまらないでしょうか?

  • 録音をみんなの前で流し、ダメなところを指摘しあう指導方法
  • 派遣であろうとどんなクレームでも上司やSV(スーパーバイザー)に繋いではいけないルール
  • 派遣は特に1日の対応本数や1件あたりの対応時間のノルマが厳しい
    (逆に社員はゆるく仕事をしている)
  • 対応以外の時間(お昼休憩やトイレ)も計測されている
  • 1人で複数回線対応
  • 本名対応
  • 新型コロナ対策がなく、ヘッドセットなどが共用で席の間隔が狭い

これは実在するコールセンター現場です。

貴女が派遣されたのがこんなコールセンターだったことが発覚したら、遠慮せず辞めるべきです。

初日でわかればすぐ、契約期間中に実態がわかってきたら更新しないで次を探す、など辞める用意をしてください。

こういう職場は3年経過しても貴女を社員として雇い入れる可能性は低いです。

もし社員として入社できたとしても、社内で嫌がられる部署であるコールセンター業務をずっと担当させられる可能性が非常に高いです。

後にも説明しますが、派遣社員を必要とするコールセンターは多いです。

異常は職場で無理にがんばらなくても、他に仕事はあります。

派遣初日でコールセンターをやめる方法

派遣先のコールセンター業務が合わなくて辞める人は多い

派遣社員は派遣先に配属されたら、契約期間内は働かないといけない…と思っていませんか?

わたしが勤めていた企業のコールセンター部門にも派遣社員がいましたが、最短記録で初日で来なくなった方がいました。

初日でなくとも一週間で急に来なくなるということは結構あり、人事部勤務の友人に聞いたところ「派遣社員の人が来てすぐ辞めるのはわりとよくある」とのこと。

派遣社員の人がコールセンターをすぐやめた理由の多くが

  • 聞いていた話と違う
  • 実業務が事前に聞いたよりも重い、指示細かすぎて罰則まである
  • 雰囲気が悪すぎる
  • 事前の話より服装規程が厳しく、手持ちの服で対応できない
    (仕事より服装や見た目で指摘される。コールセンターなのに)
  • 初日にひどいことを言われた

などがありました。

派遣の契約期間は何がなんでも我慢しなくちゃ…ということはありません。

派遣先のコールセンターを辞めたいと思った時は

本来、契約社員は契約期間中に退職はできません。

ですが事前に聞いていた話と違うのなら、きっぱりと辞めましょう。

初日に聞いていた内容と違う、自分が想像していたよりはるかに大変そうな仕事だった、という場合はすぐ派遣元の担当者に申し出てください。

聞いていた内容と違う、言われていた仕事よりはるかに大変そう、という職場に派遣されて我慢してしまうと、今後もちょっとずつ無理めな職場に派遣されることになりかねないんです。

派遣会社の担当者に、聞いていた話とこんな点が違う、やっていけない、ということを正直に伝え、派遣先に契約終了を伝えてもらいましょう。

誰にも連絡せずにコールセンター業務からバックレることだけはやめましょう。

貴女自身の信用を失ってしまうだけでなく、派遣会社の担当者からの連絡が鬼のように続きます。

  • 自宅、携帯に1時間に1度くらいで連続着信
  • 実家、親などの緊急連絡先に電話される
  • マンションの管理人にも問合せ
  • マンションに担当者が来てピンポンの嵐

と、とにかく大変なことになります。

正直に電話一本、派遣会社の担当者に連絡した方が後腐れもありません。

派遣でコールセンターをやめた次の就職について

派遣先のコールセンターがハズレで仕事をやめたら、次の就職はどうしたらいいんだろう、という悩みについてまとめてみました。

パターンは2つ

  • 働きやすいコールセンターに派遣してもらう
  • 派遣であることを生かしコールセンターとは関係ない仕事に派遣してもらう

です。

働きやすいコールセンターに派遣してもらう

コールセンターはいまやどの企業にも設置されているので働き口には困りません。

また期間限定で設置されるお客様窓口もあり、コールセンターは働き方の環境を選びやすくもあります。

企業のトラブル対応で設置されるコールセンターは時給が高めであったり、対応マニュアルがまともでその通り対応すれば大丈夫、というように整備されていたり、選び方次第です。

重要なのは職場の環境、働きやすいルールでまわっているのか、という点です。

  • クレームに対するエスカレーションルールが決まっている
  • 本名で対応しなくても良い
  • 休憩がきちんと取れる
  • 対応マニュアルがまともであり、サポート体制がある
  • 勤務のローテーションがしっかり組まれていて残業がない

電話対応自体は苦ではない人は、環境の良いコールセンターを探すという選択がおすすめです。

まともな企業のお客様は、電話も丁寧です。

コールセンターの経験があれば、派遣先には困りません。

重要なのは派遣会社の担当者にしっかりと要望を伝えること。

また希望の仕事を取り扱っている派遣会社を探す、というのも効率的。

  • 正社員になれる紹介予定派遣
  • サクッと稼げる短期・単発・高時給
  • 勤務時間も選べて自分の時間と両立

貴女にあった仕事を見つけやすいのがリクナビ派遣

派遣会社から仕事を選ぶことも、やりたい仕事を取り扱っている派遣会社を選ぶことも、両方可能な派遣求人サイトなんです。

希望の働き方ができるコールセンターの仕事を直接探してみてください。

貴女の希望する条件で働けるコールセンターが、意外と見つかります。

リクナビ派遣でコールセンターの仕事を探す

コールセンターとは関係ない派遣先を探す

派遣社員のメリットは、正社員で働くよりも自由度が高いこと。

コールセンターはもう嫌だ、と思ったらもっと貴女らしく働ける派遣の仕事を探せばいいんです。

リクナビ派遣は希望する条件、勤務地、業種で仕事を探すことができる派遣の求人サイト。

気になる仕事があれば、サイトからそのまま申し込みすることができるんです。

エントリーボタンからエントリーシートを記入し、送信するだけ。

また、気になる派遣会社から仕事を探すことも可能。

シフト制、在宅可、扶養内、など貴女の希望を優先して仕事を探すことができます。

コールセンターはもうちょっとやだな、という時はリクナビ派遣で仕事を探してみてください。

「あるわけない」がきっとある。リクナビ派遣をみに行く