つらい仕事やめた体験談

つらかったアパレル副店長をやめた体験談!転職に失敗しないための対策と成功のコツ

The following two tabs change content below.
さちこ

さちこ

管理人のさちこです。28の時に給料ダウン&ブラック体質な職場に失敗転職。それから四苦八苦の上再度転職して、現在は役員秘書をさせていただいております。

アパレル店員って、ほんとにキツい仕事なんですよね。店長クラスになると特に。

アパレルの中でも今回取り上げるのはアパレル店長の転職体験談です。

好きな服に関われて楽しそう、と思われがちですが、実際やってみると来る日も来る日もノルマノルマの毎日…

とても苦しくなったため、未経験でしたが不動産業界の経理事務へ転職しました。

アパレルショップの副店長から未経験で経理事務へ転職したわたしが、

  • アパレルショップの副店長の仕事でつらかったこと
  • アパレルショップの副店長をやめてかわったプライベートビフォーアフター
  • アパレル業界からの未経験で経理事務への転職成功のコツ

をお伝えします。

今のつらい気持ちのまま仕事を続けるとどうなるか、転職するとどんな人生が待っているか、あなたにも当てはまる部分があるはずです。

アパレルをやめたいと思ってるあなた、今の仕事ずっと続けてこの先楽しく生きられますか?

未経験業種でも、チャレンジすれば理想の仕事は叶います!

転職して自分を変えてみようかな…と思った時が転職活動をはじめるベストタイミング。

その気持ち、運命の職場がみつかる合図かもしれません。

相性のいい転職エージェントを確保するためにも、複数登録して連絡の早かった転職エージェントから会うのが吉。

複数の転職エージェントの中から一番貴女と相性のいい転職エージェントと理想の職場探しをはじめてくださいね。

リクルートエージェントの評判は悪い?しつこい?ブラック?口コミを徹底チェック

パソナキャリアの評判は悪い?しつこい?ブラック?女の転職に強いってホント?口コミを徹底チェック

マイナビエージェントの評判は悪い?しつこい?ブラック?女の転職の口コミを徹底チェック 

アパレル副店長をやめた理由 つらくて仕方がなかった

わたしが勤めていたのは一般受けする洋服ではなく、ちょっと個性的な洋服を扱うお店でした。

アパレル副店長でつらかったこと

個性的でデザインのきいた服を取り扱っていたためブランドには古くからの固定客が多くついていました。

私より古くからブランドを愛しているお客がおおいため、新人は接客につかせてもらえないこともしばしば。当時は自分より年上の固定客の方が多かったので、少し萎縮してしまうこともありました。

何年も働いてやっとお客様にも認めてもらえましたが、今度は売り上げノルマに常におわれることになり精神的に参っていきました。

特に副店長になってからは、本部からもダメ出しされることが増え、結果が全てと言われる毎日です。

売上として結果が出せなければ、どんなにお客に喜んでもらうために現場で頑張っても認めてもらえないと感じるようになりました。

頑張って売り上げノルマを達成したからといって、昇級やボーナスなどもなく、モチベーションを保つのに苦戦しました。

さらに売り上げが悪い時は自腹で洋服を購入することが多々ありました。

店頭で着てもいいのは在庫がある洋服だけなので、売れるたびに買い替えないといけないのが、金銭的にキツかったです。

1人暮らしをしていたので、毎月金欠でストレスになっていました。

アパレル副店長の仕事がつらすぎて私生活に悪影響が

立場上部下に愚痴をこぼすことができなかったため、お酒を飲む量や食べる量が格段に増えました。

仕事帰りは真っ直ぐ帰ることが辛くなってしまい、次の日が仕事でもお酒に手を出してしまいました。もちろん仕事自体に支障は出ない時間に帰りましたが、それを制限している自分にもイライラしていました。

目が痛くてもメガネができなかったり、足が痛くてもスニーカーが履けないのが辛かったです。

長時間コンタクトをしていたので目が傷ついてしまい、ものもらいになることも増えました。それでもメガネができないと言われ、眼帯で物が見にくい中接客していました。

常に立ちっぱなしなので、足がとても疲れるのですが、スニーカーやモカシンなどの楽な靴が履けなかったのでむくみが取れませんでした。魚の目ができたり爪が削れてしまったりと、ダメージはかなりありました。

夜遅くまで仕事をし、不規則な生活をしていたため、肌荒れがひどくなってしまいました。ニキビができると仕事上見栄えが良くないので、困っていました。

つらかったアパレル店長をやめて経理事務へ未経験転職!仕事をえらんだ決め手と生活の変化

わたしはアパレルから未経験の経理事務へ転職しました。

  1. 転職先を選んだ理由
  2. 転職成功で変わったプライベート

についてお話しします。

アパレル店員から経理事務を転職先にえらんだ理由

経理事務を選んだ理由は、ノルマがないこと、デスクワークであること、の2つです。

アパレルの真逆ですね(笑)

理由① ノルマのない仕事

アパレルショップをやめ、1度仕事をしない期間がありました。無職中に「やっぱりノルマのない仕事に就きたい」と強く思ったからです。

当時は25才だったので、若い今のうちに事務のスキルを身につけておけばいつかまた別業種に転職することになっても役に立つと考えたんですよね。

理由② 体に負担のないデスクワーク

立ち仕事が辛かったので、デスクワークで黙々と仕事をして、自分のペースで作業をするのに憧れがありました。全くの別業種なので、新しい世界に飛び込んでみたいという気持ちがあり、事務職を選びました。年を取ってからも、事務職なら需要があると思ったのも、1つの理由です。

転職成功でガラリとかわったプライベート

アパレルショップをやめて売り上げノルマがなくなったことで、日々のストレスからすっぱり解放されました。

暴飲暴食することが減り、体重も減らすことができました。

アパレルより自由な服装で目と足が生き返った

事務職なのでメガネをかけていても問題なく仕事ができる点もありがたかったです。目の疲れや痛みと戦う日々でしたが、目を休めることもできました。

足の痛みも、販売員時代は高いヒールを履き続けて辛かったのですが、事務職に転職したことで、ローヒールの靴で1日過ごすことができました。

さすがにスニーカーを履くことは許されませんが、ローヒールで椅子に座って仕事ができるという点だけでも、良かったと感じました。心なしか腰の痛みも軽減し、健康を取り戻したように思います。

整った生活リズム

販売員時代はシフト制ということもあり、ずっと不規則な生活でしたが、事務職では決まった時間に必ず出社します。

そのおかげで、生活リズムも整いました。朝の寝起きがとても良くなり、肌の調子が整い始めました。やはり生活リズムは健康に多大な影響を与えるのだと感じました。

つらいアパレル店員からの転職 成功のためのポイント

経理事務は未経験だったので、わたしはやめてから転職活動をしました。

理想の転職を成功させるための対策

経理の勉強をしたのはもちろんです。加えて理想の転職先をみつけるためにやった対策をお伝えします。

使えるサービスはフル活用

まずはハローワークが主催するセミナーに参加したり、窓口で相談に乗ってもらいました。やりたいこととできることの擦り合わせをそこで行い、念入りに準備を行いました。

また、同時に転職エージェントにもいくつか登録をしました。面談をしたり、転職エージェント主催のイベントに参加をし、転職に有利な情報収集を積極的に行いました。やはり事務職未経験ということで、不利な面はありましたが、いくつものサイトに登録したことで、面接の機会を頂くことに成功しました。

同時並行でたくさんの仕事をチェック 譲れない条件を絞った

1つの的に絞って転職活動を行うのもいいのですが、同時並行で行うのが個人的にはおすすめの方法です。

求人誌や転職サイトによって、紹介されている仕事が異なることがあるので、応募のチャンスをたくさん掴むことができるからです。

譲れない条件をまず3つほど書き出して、それに合うものはどんどん応募していきました。面接してみたら意外と良かったという場合もあるからです。

まずは面接の機会をたくさん作って、会社の雰囲気を見るのが良いと感じました。

面接できかれる女の質問の答え方

女の転職面談で、結婚をしていて子供がいないと必ず聞かれるのが妊娠予定です。

女性だからといって様々な考え方があるため、嫌な気持ちになる人もいますよね。でも経営者の視点で考えると気になるのは当然なので、なるべく明確に答えるようにしました。

「妊娠の予定はありません」「子供はいりません」と言うと、ウソっぽくて聞こえてしまい、逆に曖昧な印象を与えてしまうかもしれません。

「考えているのですが、まだ2年間は作りません」「産休を取って必ず復帰したいと思っています」などと、明確に仕事を続ける意志がある旨を伝えると合格しやすいです。

つらい仕事をやめるときの注意点

突然辞めてしまうのは皆に迷惑がかかりますし、貴女自身も困るのではないでしょうか。仕事を続けながら水面下で転職活動を行い、良い仕事があれば転職するという方法がベストです。

辞めるにしても引き継ぎのための日数があるため、入社日の行き違いがないようにすることが大事です。

まとめ

もし貴女が今、アパレルの店長クラスの仕事でつらくてつらくて転職を考えているのであれば、早めに転職した方がいいと思います。

アパレルショップの店長クラスの仕事は、精神的にも肉体的にもかなり疲労度は高いです。

年齢のことを考えると、若ければ若いだけ、転職するチャンスは増えます。

もしわたしのように未経験の業界にチャレンジしたいと考えているのであれば、思い立ったときに挑戦してみてください。

ノルマは本当に辛いので、純粋に買い物のお手伝いをしたくて販売員になった方はより苦しんでいるはずです。

本当にやりたいことと違うと感じたら、やめることも世のためです。

ABOUT ME
さちこ
さちこ
管理人のさちこです。28の時に給料ダウン&ブラック体質な職場に失敗転職。それから四苦八苦の上再度転職して、現在は役員秘書をさせていただいております。