疲れた時

独身アラサー女が仕事つらい、もうやめたいと思う時5選

The following two tabs change content below.
さちこ

さちこ

管理人のさちこです。28の時に給料ダウン&ブラック体質な職場に失敗転職。それから四苦八苦の上再度転職して、現在は役員秘書をさせていただいております。

いつも仕事やめたいわって思うけど、とくにそう思う時ないですか?

毎日たーのしー!充実ー!で過ごせているイケイケキラキラOLはこんなこと微塵も感じたことないんでしょうけど。

同じ職場で同じ仕事をしてるだけの日々で、ふと「あ、辞めたい」って強く思う時があるんですよ。

私はあります。

そんな職場であると仕事辞めたくなる時、をまとめました。あなたもあるよね?

やめたくなる時 理不尽、私だけ怒られた時

ミスってまあやっちゃうのは仕方ないし、やっちゃったらちゃんと謝るんですけど、「なんで私だけ…?」という時。

最悪なのは人のミスなのに「あなたサブなのに確認しなかったからあなたも悪い」みたいな展開になった時。

ミスした本人も「サブが気づかなかったんです」みたいな報告をあげて、それを上がそのまま認めるような時とかもう人間不信になります。

とくに年下の若い後輩は一言の注意で済んでるのに、私の時だけネチネチ長く小言を言われチーム内に事例共有として晒されたりするともうね、辞めたいケージ振り切ります。

「聞いてません」で許される人がいる一方で、聞いてませんが通用しない私。

立場の違いはあれど、キャラで聞いてません連発で乗り切る同僚をみてると、「なんで頑張ってるんだろ辞めたい」てなりますね。

やめたくなる時 年下が職場にいっぱいいることに気がついた時

入った時は若手扱いだったのが、気が付いたら年長組にカウントされてると気づいた時。

あれ年下がいっぱいいるぞ…?とふと気づいた時とかぞっとするんですよね。いつの間に…?みたいな。

上司も「昔はどうだった?」なんていう聞き方をしてくると、「え、そんなに昔からいないです私」と言いたくなるんですよね。

同時に自分が「昔からいる人」になってる事実に気が付いて愕然とする。

他にも年下いっぱい=古参になったと感じる時に「あ、やめよう」ってなりますね。

例えば

  • 肌がきれいではつらつとした後輩に「何年この職場にいるんですか?」と聞かる
  • 年齢区切りの若手向き社内研修の対象から外れる
  • 健康診断のメニューが変わる
  • 転勤可能かな?と人事に聞かれる(ずっといそうと思われてる)

こんな時ィ!

やめたくなる時 まったく給料が上がらないのに同僚は昇進した時

でも事務職の正社員だし、辞めずに頑張っていれば死なない程度に給料もらって平穏に暮らしていける…そう願って頑張っていたのに、ある日同僚だけ昇進の辞令がでた時。

それが年下だった時なんてもう崖から転落した気分ですよ。

とくに事務職なんて差がつきにくいじゃないですか、もう「え?私そんなにダメだった?」という気分でいっぱいになるんです。

けっこう頑張ったつもりなのになぁダメだった?我慢足りなかった?みたいな自己否定感マックスです。

で、また昇進するのが見ためも可愛くて結婚2〜3年め、とかだともう、生きててすいませんでしたって思う。

若くて結婚もしてて子育てを控えてる、社会一般が認める「ザ☆働く女性」がよかったんですよね。そういう人でも会社は登用してますってアピール必要だもんね。

若手女性登用の枠に入れなくてすいませんでした。辞めたい。

やめたくなる時 年下の後輩が結婚退職すると言った時

年下の後輩が入って二年くらいで「結婚するので辞めます☆」って言った時。

あー、はい。

2年で辞めて生活成り立つほどの基盤ととのえてすごいという驚嘆とともに訪れる虚無感たらないよ。

私何年いると思ってるの?何年もいるのにこの先の生活基盤不安しかないよ?

という自分のだめさと「若い子が結婚してやめる=私はまた残った」という図式が浮かんでね、辞めたい。

他の人が口々に「若いうちに結婚した方がいいよね。正解だよ!」「可愛いもんね。すぐ結婚すると思ってたよ」とか「大学から付き合ってた人?そういうのが理想だよね〜」とか言ってるの。

私に言われてるわけじゃないってわかってるんだけど、でも理想の人生歩めなくてすいませんでした。って思ってしまうんです。

そして必死に仕事を教えた私はなんだったの…という徒労感。人の顔写真を黒枠で囲んじゃダメって教えたの、無駄だったなって(実例です)

さらにこれが半年とか1年スパンで繰り返されるとね、もう、漏れるのもため息っていうかもうガス。

「マンション更新したくないので、地元に帰って今の彼と結婚準備します」っていう退職理由が一番力抜けた。

毒ガスがもれる。辞めたい。

やめたくなる。仕事に裁量がないし誰でもできる仕事してると気づいた時

事務職って上の指示に従うことが多いとは思うんですけど、裁量がなさすぎるとなんで私ここにいるの?っていう気持ちになります。

  • 必要な備品購入も決められない
  • 見積もり先も決められない
  • 仕事の進め方一切を決められている

ここまでくると束縛ですけど、細かいところまで全て上司に決められて何一つ自分で決めることができないと、私信用されてない?私じゃなくてもいいじゃない?って感じてしまうんですよ。

仕事のやりがい皆無。

さらに管理されてる感じがすごくするから、とても息苦しくて辞めたいってなる。

存在価値が感じられないってツラい。

やめたいMAX 仕事内容が産休・育休の人の穴埋めばかりになった時

女の職場あるあるです。

産休が相次いで、その穴埋めで独身が時間を削って仕事を回してることに気が付いた時。

あの人の人生のために私働いてんのかなってふと虚しくなるんですよ。

上司(男)は妊婦さんにとりわけ優しいし、育休の人は時短で仕事終わってなくてもスタコラ帰るし、残った仕事をしたり産休の人が職場に置いていった荷物を倉庫で管理してってやってると、独身の虚しさを感じるというか、とにかくなんで生きてるんだろう私は、って思うんです。

別に産休の人や育休の人が憎いってわけじゃなくて、単純に羨ましい。

私も自分の人生生きたい、って思ってものすごく仕事を辞めたくなります。

私も誰かに頼って生きて生きたい。

やめたくなる時 職場の話題が子育て・健康・年金ばかりの時

ランチの時とかふとした雑談の内容が、子育て・健康・年金の話題ばかりになった時も辞めたいなって思います。

職場で聞くこういう話ってリアルすぎるんです。

完全に未来図。

この会社の給料で子どもを持ったらこういう生活か、年金はこんな感じか、と、とにかく暗い方の生活感あふれまくった未来が見るから。

そして健康の話題。

腎臓とか肝臓とか尿酸値とかってフレーズが会話で出てくると、自分が一気に老け込んだような気がしてしまうのは私だけでしょうか。

健康を甘く見てるわけじゃないんですよ。違うんです。

職場が病院の待合室みたいで嫌になるんですよ。

もっと明るいところに行きたい、辞めたい。

やめたくなった時対処法1 仕事、嫌なら転職してみる

ネット見てると、私と同じように辞めたいと感じる女性は多いみたいです。

辞めたくなる理由を振り返ってみると、やっぱり結婚とか子育て、ライフスタイル系のことって外せないんですね。

やっぱり私も幸せになりたいって誰しも思うということのあらわれじゃないでしょうか。

そこで、いきなり婚活より、転職してキャリアアップしてみてはどうでしょう。

環境が変わると出会いもありますし、変化があるので生活にハリがでてきます。

転職なら恋も結婚もキャリアアップも叶う可能性がるんです。

仕事とプライベートの事情が入り組む女社会。

賢く生き抜くなら知っておくべき暗黙の了解、あなたは知ってますか?

無理なくするりと女社会を生き抜くために知っておくべきことはここからチェックしてくださいね。

▶︎女社会の暗黙 女ばかりの社会をさらりと生き抜く15のヒケツ

▶︎職場にいる嫌な女No. 1は〇〇!女社会でうんざりする女ランキング

ABOUT ME
さちこ
さちこ
管理人のさちこです。28の時に給料ダウン&ブラック体質な職場に失敗転職。それから四苦八苦の上再度転職して、現在は役員秘書をさせていただいております。